この記事の所要時間: 547

和魂洋才の意味 使い方 英語 類語

 

和魂洋才」という四字熟語があります。

漢字だけを見ると「洋」があるので、
「海外」が関係してそうですね。

実はこの言葉には、
日本の時代背景が色濃く含まれていたのです。

 

この記事では、
和魂洋才」の意味・由来・使い方・類語
などを解説していきたいと思います。

さっそく、確認していきましょう。

スポンサーリンク

和魂洋才の意味

 

まずは、
基本的な意味です。

【和魂洋才(わこんようさい)】

心には日本人としての大和魂をもち、西洋の学問を活用すること。日本の精神と西洋の進んだ学問を兼ね備えること。

出典: 学研 四字辞典熟語

和魂洋才」とは、
日本の精神を持ちつつも、西洋の優れた部分を取り入れること
を言います。

 

例えば、
以下のような使い方です。

寿司職人が海外で活躍するには、和魂洋才が必要だ。

当然のことですが、
日本の寿司職人はすばらしい技術を持っています。

しかし、海外でも活躍するには
西洋の知識や技術も取り入れなければいけません。

 

簡単なものだと、

  • 魚の種類
  • 保存の仕方
  • 現地の気候

など西洋に合わせたものを勉強する必要がありますよね?

 

そこで、
心は日本人でありながら、知識は西洋から取り入れる
という意味で「和魂洋才」と言うわけです。

このように、「和魂洋才」は、
日本人が西洋のノウハウを取り入れるような時
に使う言葉だと思ってください。

 

言葉の意味を補足すると、

和魂」は「大

洋才」は「西能」と書きます。

すわなち、
「大和魂でありながら、西洋の才能を取り入れること」
を表した言葉ということですね。

ここから、
「日本固有の精神で、西洋の知識を取り入れる」
という意味になるわけです。

和魂洋才の由来

 

「和魂洋才」は、
明治時代に西欧の文化が入ってきた時に
生まれた言葉です。

 

当時は、
江戸時代の鎖国が終わった後の時代でした。

それまでの日本は、西洋の知識は一切使わず、
独自の精神で文化を発達させてきました。

 

ところが、ペリー来航により
日本は開国を余儀なくされます。

その結果、西洋の知識や技術を
受け入れざるを得ない状況になったのです。

 

つまり、元々の由来としては、

日本側が積極的に西洋を取り入れたのではなく、
やむをえず西洋文化を取り入れた」わけですね。

 

もしも西洋の言い分を聞かなかった場合、
最悪戦争になっていた可能性もあります。

しかしながら、
「西洋の全てを受け入れる」ということは、
日本側のプライドも許さないでしょう。

そこで、「心だけは日本人を保つ」
という意味でこの言葉を使っていたのです。

 

厳しい言い方をすると、
一種の負け惜しみから生まれた言葉
なのかもしれませんね。

 

ちなみに、
「和魂洋才」のモデルになった四字熟語が
和魂漢才(わこんかんさい)」と言われています。

 

「和魂漢才」とは、
日本の精神を持ちつつも、中国の学問を取り入れること」です。

こちらは、
10世紀頃の平安時代に生まれた言葉ですね。

 

当時の学者である菅原道真は、
「大和を大事にしつつも、中国の学問を取り入れるべき」と主張しました。

そして、
実際にこの四字熟語が世に広まっていたからこそ、
明治時代に「和魂洋才」が誕生したのです。

スポンサーリンク

和魂洋才の類語

和魂洋才 類語

 

続いて、「和魂洋才」の
「類語」を確認しておきましょう。

【和洋折衷(わようせっちゅう)】

日本風と西洋風をうまく取り合わせること。

「折衷」とは、
「程よく調和させること」を意味します。

【脱亜入欧(だつあにゅうおう)】

欧米諸国の文化を採り入れ、近代化を進めたこと。

※明治維新以降の日本の風潮を指した言葉。

【神仏習合(しんぶつしゅうごう)】

日本古来の神と外来宗教の仏教を合わせたもの。

「神」は「神道(しんとう)」

「仏」は「仏教(ぶっきょう)」を意味します。

【換骨奪胎(かんこつだったい)】

先人の詩や文章を借用し、独自の作品にすること。

「換骨」は「骨を換(か)える」

「奪胎」は「子宮(胎児の宿る場所)を奪う」という意味です。

この中では、
「和洋折衷」が一番近い意味と言えますね。

 

「和魂洋才」を例えるのは難しいですが、
身近なものだと「あんぱん」が
イメージしやすいのではないでしょうか?

 

「あんぱん」は、日本のあんこを
西洋由来のパンで包んだものです。

つまり、
「見た目は西欧だけど、中身は大和魂」
ということですね。

 

実は、食べ物以外にも
衣服や建物・インテリアなど
西洋の技術を取り入れたものは多くあります。

むしろ、現代では
「日本の技術のみ」という文化は
逆に珍しいと言えるでしょう。

和魂洋才の英語

 

続いて、英語訳です。

「和魂洋才」は、
「英語」だと次のように言います。

 

Japanese spirit with Western learning

 

一つずつ説明すると、

「spirit」=「魂・心」

「Western」=「西洋の」

「learning」=「知識・技術」

という意味です。

前置詞「with」は、ここでは
「~を合わせて・含んで」などの訳と考えてください。

 

例文だと、
以下のような感じですね。

In the Meiji period, “Japanese spirit with Western learning” was born.
(明治時代に、和魂洋才が生まれた。)

 

海外では、西洋と日本が混合した文化は
あまりなじみがありません。

なので、英語で表現するときは、
両者の時代背景も説明しておくとよいですね。

スポンサーリンク

和魂洋才の使い方・例文

 

では、「和魂洋才」の使い方を
例文で確認しておきましょう。

 

  1. 明治時代を象徴する言葉が、和魂洋才である。
  2. 近代国家の成立は、和魂洋才があったからこそだ。
  3. 鎖国解禁により、日本は和魂洋才の思想を享受した。
  4. クリスマスやハロウィンは、和魂洋才の考えが元にある。
  5. 近代になり、日本は和魂洋才の精神で経済を発展させた。
  6. 和魂洋才を大事にして、日本人としての自尊心を守る。

 

すでに説明した通り、「和魂洋才」は、
「明治以降の日本の精神が強く含まれた言葉」
ということでしたね。

したがって、本来の使い方としては、
「日本人としての精神を堅持するような場面」
で使うのが適切と言えます。

ただし、実際には必ずしも
このような使い方をするとは限りません。

 

多くの場合、「和魂洋才」は、
日本の精神と西洋の知識を調和させる
というポジティブな意味で使います。

なので、現在では
「和と洋を混合させる」という和洋折衷に近い意味
として覚えておくのがよいでしょう。

関連記事:>>近代とはいつからいつまで?現代との違いも解説

まとめ

 

いかがでしたか? 

 

内容を簡単にまとめると

和魂洋才」=日本の精神を持ちつつも、西洋の優れた部分を取り入れること。

由来」=「大和魂」と「西洋の才能」を合わせるため。「和魂漢才」が元。

類語」=「和洋折衷・脱亜入欧・神仏習合」など。

ということでしたね。

 

「和魂洋才」は、一見すると
簡単な四字熟語と思われたかもしれません。

しかし、
実は日本と西洋の複雑な歴史の中で
生まれた言葉だったわけですね。

では、今回は以上です!

スポンサーリンク