この記事の読了時間: 513

未来永劫 意味とは 使い方 例文 英語

 

未来永劫」という四字熟語があります。

一般的には、

未来永劫に続く」

未来永劫に発展する」

などと言いますね。

音楽が好きな人は、歌詞の中で、
一度は聞いたことがあるかもしれません。

 

この記事では、
未来永劫」の意味・使い方・由来・類義語
などを詳しく解説していきたいと思います。

では、さっそく確認していきましょう。

スポンサーリンク

未来永劫の意味

 

まずは、
基本的な意味です。

【未来永劫(みらいえいごう)】

これから先、無限に長い年月にわたること。みらいようごう。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

未来永劫」は、
みらいえいごう」と読みます。

ごくまれに、「みらいようごう」と読むこともありますが、
多くは「えいごう」と読む言葉だと思ってください。

 

意味としては、
無限に続く長い年月のこと」を言います。

 

例えば、
以下のような使い方です。

彼らの友情が、未来永劫続くことを祈っています。

この場合は、
「彼らの友情が一生続くことを祈る」
ということですね。

 

このように、
いつまでも果てしなく続く時間に対して
「未来永劫」を使うと考えてください。

 

文法的な補足を入れておくと、

「未来永劫」は、
名詞と副詞の両方で使える言葉です。

名詞として使う時は、
「永久」「永遠」「一生」などに
言い換えるとしっくりきますね。

一方で、副詞的に使う時は、
「永久に」「永遠に」などと
言い換えれば分かりやすいでしょう。

未来永劫は仏教由来?

 

「未来永劫」という言葉は、
どこから来たのでしょうか?

 

まず、「未来」という言葉は
先のこと」や「将来」を表します。

これは普段から使われているので大丈夫ですね。

 

そして、
永劫」の方は仏教用語です。

仏教では、「」という字に
とてつもないほどの長い期間
という意味があります。

 

さらに、「永」という字は元々
「一生」という意味がありました。

ここから、
先の時間がとてつもなく長いこと
を表す四字熟語が生まれたわけです。

 

ちなみに、なぜ
「劫」が長い期間を表すと言うと、
古代インドの逸話があるからですね。

簡単にあらすじを紹介しておくと、
以下のようになります。

昔々、非常に大きな岩山がありました。

岩山には、鶴(つる)が近づいてきて
羽で岩を払い落としていきます。

「鶴」は、日々岩を落とし続けました。

気がつくと、
1000年、また1000年と月日が過ぎていきます。

そして、完全に岩山がなくなるまでは
何億年もかかったそうです。

この期間のことを、人々は「」と名付けました。

つまり、
「岩山が完全になくなるまでの時間」を
「劫」と呼んでいたわけですね。

 

「鶴は千年、亀は万年」
ということわざもあるように、

昔から鶴は「時間を表す生き物」と
してよく使われていました。

その鶴を使うことにより、
「人間が想像もつかないほどの長さ」
を表現していたわけですね。

スポンサーリンク

未来永劫の類語・対義語

未来永劫 類義語 対義語

 

続いて、「未来永劫」の
「類語」を確認しておきましょう。

【未来永永(みらいえいえい)】

長い年月にわたるさま。いつまでも。

【未来永久(みらいえいきゅう)】

長い年月にわたるさま。いつまでも。

【万劫末代(まんごうまつだい)】

長い長い後の世。

【子々孫々(ししそんそん)】

子孫の続く限り。代々。

【来来世世(らいらいせせ)】

生まれ変わった後の長い未来のこと。

共通しているのは、
長い年月」という意味ですね。

 

仏教では「輪廻転生」と言い、
「死んだ後もまた生まれ変わる」
という考え方があります。

したがって、
「死んだ後の世界まで続く」という意味で
「来来世世」も類語となるわけですね。

 

逆に、対義語としては
以下の2つが挙げられます。

【電光石化(でんこうせっか)】

非常に短い時間の例え。(動きがすばやい意味も)

「電光」は「稲妻の光」

「石化」は「石を打った時に出る火」を表します。

【造次顛沛(ぞうじてんぱい)】

わずかな時間。

「造次」は「わずかの間」

「顛沛」は「逆さにひっくり返ること」を意味します。

両者とも、
短い期間」を表す四字熟語ですね。

こちらは主に、
「行動や振る舞いなどに対して使う言葉」
と考えてください。

未来永劫の英語

 

続いて、英語訳です。

「未来永劫」は、
「英語」だと次のように言います。

 

forever(永久に・永遠に)」

eternity(永久・永遠)」

infinity(無限)」

timeless(時間を超越した)」

 

色々な言い方がありますが、
「forever」が最も一般的ですね。

ただし、「forever」は
副詞のみでしか使えません。

なので、名詞として使う時は
「eternity」を使うとよいでしょう。

 

例文だと、
以下のような言い方です。

I am forever grateful to her.
(彼女には未来永劫感謝しています。)

He understood  the idea of eternity.
(彼は未来永劫という概念を理解した。)

スポンサーリンク

未来永劫の使い方・例文

 

では、「未来永劫」の使い方を
例文で確認しておきましょう。

 

  1. 会社が未来永劫に続くように努力していきます。
  2. 未来永劫にわたって、師匠の技術を伝えていきたいです。
  3. 未来永劫に発展する未来を描き、ポジティブに考える。
  4. あの仕事を再び引き受けることは、未来永劫ないだろう。
  5. 未来永劫、生き続ける生物など存在しない。
  6. 彼らと仲良くなることなど、未来永劫ないでしょう。

 

「未来永劫」は、
「良い意味でも悪い意味でも使える言葉」
と考えてください。

 

良い意味の場合は、
「後世に残したい何か」を伝えるような時に使います。

逆に、悪い意味の場合は
人間関係などの「悪い縁」に対して使いますね。

 

いずれにせよ、「未来永劫」は
この先の一生を強調する言葉
として使うわけですね。

参考:>>永久と永遠の違いとは?意味や使い分けも

まとめ

 

いかがでしたか?

 

内容を簡単にまとめると

未来永劫」=無限に続く長い年月のこと。

由来」=仏教用語。「とてつもなく長い期間」を表す「」から。

類語」=「未来永永・万劫末代・来来世世」など。

ということでしたね。

 

「未来永劫」は、
自分の人生や他人の縁など
様々な対象に使える言葉です。

気軽に使えるわけではありませんが、
今後の教養として覚えておくとよいでしょう。

では、今回は以上です!

スポンサーリンク