この記事の読了目安: 43

ミロのヴィーナス 要約 あらすじ 教科書 テスト問題 解説

 

高校国語・現代文の教科書で『ミロのヴィーナス』という評論文を学びます。ただ、実際に本文を読むと筆者の主張が分かりにくいと感じる人も多いと思われます。

そこで今回は、『ミロのヴィーナス』のあらすじや要約、テスト対策なども含めなるべくわかりやすく解説しました。

スポンサーリンク

『ミロのヴィーナス』のあらすじ

 

あらすじ

ミロのヴィーナスが魅惑的であるためには、両腕を失っていなければならなかった。そこには、制作者の知らない美術作品の運命が協力しているように思われる。彼女は19世紀のメロス島で発見された時、自分の美しさのためにその両腕を無意識的に隠してきたのだ。それは、特殊から普遍への跳躍であり、部分的な具象の放棄による全体性への肉薄と言える。ミロのヴィーナスの失われた両腕は、生命の多様な可能性の夢をたたえて無数の美しい腕を暗示する心象的な表現である。

ぼくにとって、ミロのヴィーナスの失われた両腕の復元案は全て滑稽なものである。全ての復元のための試みは正当だが、その試みで表現の次元そのものが変わってしまう。どんなにすばらしいものであろうと、復元は夢をはらんだ無から限定された有への変化なのだ。もし真の原形が発見されたとしても、ぼくはそれを芸術の名において否認したい。

なぜ、失われたものが両腕でなければならないのか?それは、手は人間存在において象徴的な意味を持つものであるからだ。手が世界や他人や自己との交渉の手段であるからこそ、失われることにより逆に、考えうるさまざまな手への想像を広げるという、不思議なアイロニーを呈示するのである。

ポイント

  • ミロのヴィーナスが魅惑的である理由について、筆者がどう述べているかを読み取る。
  • 両腕を失ったことにより、ミロのヴィーナスは完全な美になり得たという筆者の発見と感動を読み取る。
スポンサーリンク

『ミロのヴィーナス』の要約

 

要約ミロのヴィーナスの魅力は、両腕を失っていることにある。手というのは人間にとって世界や他人、自己との関係を媒介するもので、人間存在における象徴的な意味を持っている。つまり、手が失われていることによりミロのヴィーナスは見る人間に神秘的な雰囲気、いわば生命の多様な可能性の夢を暗示しているのである。よって、もしも真の原形が発見されたとしても、失われていること以上の美しさを生み出すことはできないのである。(199文字)
要約のポイント

筆者の主張を一言で言うなら、「両腕が失われているからこそ、ミロのヴィーナスは美しい」というものです。通常であれば、両腕がある完全な状態の方が、ヴィーナスは美しいと考えがちです。

ところが、もしも両腕がある状態だと「左手はりんごを持っている」「人柱像に支えられている」「盾を持っている」などのように限定されたイメージになってしまいます。

この事を、筆者は恐ろしくむなしい気持ちに襲われると言っています。このような限定された有というのは、どんなに素晴らしくても、失われていること以上の美しさを生み出すことはできません。

一方で、手が失われている状態である無というのは、ある捉え難い神秘的な雰囲気、いわば生命の多様な可能性の夢があると言っています。つまり、両腕がないことにより逆に多様なあり方を見る者に連想させることができるということです。

スポンサーリンク

『ミロのヴィーナス』のテスト対策問題

 

問題1

次の文の下線部における漢字または読み方を答えなさい。

①彼女のまなざしはミワク的である。

②埋蔵金がハックツされる。

③持っている権利を放棄する。

④部屋が明るいフンイキになる。

滑稽な仕草で人を笑わせる。

⑥彼はコンワクの表情を見せた。

⑦風景がセンペンバンカする。

⑧結果を厳粛に受けとめる。

⑨未来をニナう人材である。

⑩清澄な調べをカナでる

解答①魅惑 ②発掘 ③ほうき ④雰囲気 ⑤こっけい ⑥困惑 ⑦千変万化 ⑧げんしゅく ⑨担う ⑩奏でる
問題2

次の表現はどのようなことを言っているか?

①部分的な具象の放棄による、ある全体性への偶然の肉薄。

②表現における量の変化ではなくて、質の変化である。

③手というものの、人間存在における象徴的な意味。

スポンサーリンク

解答例

①⇒ミロのヴィーナスが両腕という部分的な具象を失うことで、心象的な表現として普遍的な全体性に迫っていること。

②⇒復元案は、失われた両腕がもとの形に復元されるという量的な変化ではなく、おびただしい夢をはらんでいた美の質そのものが限定されてしまうということ。

③⇒手が世界や他人や自己との千変万化する交渉の手段であり、関係を媒介するものであり、原則的な方式そのものであること。

問題3「ほかならぬその欠落によって、逆に、可能なあらゆる手への夢を奏でるのである。」とはどういうことか?
解答例肉体の他の部分ではなく、人間存在における象徴的な意味を持っている両腕が失われているからこそ、そこにおびただしい夢をはらむことが可能になったということ。

まとめ

 

以上、本記事では『ミロのヴィーナス』の要約やあらすじ、テスト対策などについて解説しました。繰り返し読み直して、復習して頂ければと思います。なお、本文に出てくる重要語句については以下の記事でまとめています。

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

国語力アップ.com管理人

大学卒業後、国語の講師・添削員として就職。その後、WEBライターとして独立し、現在は主に言葉の意味について記事を執筆中。 【保有資格】⇒漢字検定1級・英語検定準1級・日本語能力検定1級など。