この記事の読了時間: 58

万里一空 意味とは 使い方 例文 語源 英語

 

ビジネスやスポーツによく使われる言葉があります。

万里一空の精神」

万里一空の心境」

一般的には、このように言いますね。

 

実は「万里一空」を「座右の銘」と
している有名人は意外と多いのです。

スポーツ選手だと、元ジャイアンツの
桑田真澄さんなどが有名ですね。

 

この記事では、
万里一空」の意味・使い方・語源・類語
などを解説していきたいと思います。

では、さっそく見ていきましょう。

スポンサーリンク

万里一空の意味

 

まずは、
基本的な意味です。

【万里一空(ばんりいっくう)】

どこまでも同じ一つの目標を見据え、たゆまず努力を続けるという心構え。

出典:実用日本語表現辞典

万里一空」とは、
目標を見失わずに、たゆまず努力を続ける心
という意味です。

 

例えば、
以下のように使います。

万里一空の精神で、東大合格を目指す覚悟です。

この場合は、
「東大合格」という目標を見失わず、何が何でも努力し続ける。
ということですね。

 

具体的には、

  • 1日12時間以上勉強する
  • ゲームなどの娯楽を断つ
  • 他の大学には目もくれない

といったイメージです。

 

普通に考えれば、
並大抵の人ではこのような努力はできませんよね?

なぜなら、
受験勉強を継続するには
様々な誘惑があるからです。

 

しかし、
「万里一空の精神」と言った場合、
目標に対してまっすぐに突き進みます。

そして、
困難に出会ったととしても
決してあきらめません。

だからこそ、
ビジネスやスポーツ・政治などでも
使っている人が多いわけですね。

 

一般的には、「万里一空」は
人生の目標や目的を宣言するような場合
によく使います。

したがって、
「自分の決意を表明する」という意味で
この言葉を使うのが適切と言えるでしょう。

万里一空の語源

 

「万里一空」は、
「万里」と「一空」が
合わさってできた言葉です。

 

まず、「万里」とは
世界」という意味だと思ってください。

 

古代中国において、「里」は
約300歩ほどの距離を表す単位として使われていました。

ここから、
万里」⇒「途方もない距離」⇒「大きく広がる世界
という意味に派生していったわけです。

 

そして、
一空」とは「一つ空の下」を意味します。

これは文字通りなので分かりやすいでしょう。

 

つまり、「万里一空」は
世界の全ては一つ空の下にある」という
「大きな見方」を表しているわけですね。

 

では、この言葉はいつから登場したかというと、

宮本武蔵の『五輪書(ごりんのしょ)
が最初だと言われています。

 

「五輪書」の一節に、
次のような記述があります。

「山水三千世界を万里一空に入れ、満天地ともまとめる」

簡単に訳すと、

「世界はどこまで行っても同じ空の一つであり、
全てのものは同じ世界にある。」

となります。

 

ものすごく広大な考え方ですね。

このように、世界を大きくとらえることができれば、
冷静な気持ちで物事にのぞめるでしょう。

 

つまり、「万里一空」の元々の使い方は、
動揺せずに冷静に考える」という
心の持ち様を表していたわけですね。

ここから転じて、
一つの目標を見失わずに努力する
という現在の意味で使うようになったのです。

スポンサーリンク

万里一空の類語

万里一空 類語

 

続いて、「万里一空」の
「類語」を確認しておきましょう。

【雲外蒼天(うんがいそうてん)】

努力して試練を乗り越えれば、きれいな青空が望めること。

「雲」を「人生の障害」

「青空」を「目標」に例えた四字熟語。

【勇往邁進(ゆうおうまいしん)】

目的・目標に向かって、ひたすら努力すること。

「勇往」は「勇気を出して、行く」

「邁進」は「元気よく、前進する」という意味。

【一路邁進(いちろまいしん)】

目的を達成するために、ひたすら進むこと。

「一路」とは、「一つの道」という意味。

【一心不乱(いっしんふらん)】

一つの事に心を集中して、打ち込むさま。

共通しているのは、
目的や目標に対して努力する
ということですね。

 

四字熟語以外だと、
懸命に・一途に・ひたすらに
などが分かりやすいのではないでしょうか?

「何かに対して突き進む様子」であれば、
基本的に「類語」と呼べますね。

万里一空の英語

 

続いて、「英語訳」です。

「万里一空」は、
「英語」だと次のように言います。

 

exist under the sky

 

直訳すると、
「一つ空の下に存在する」
ということですね。

 

例文だと、
以下のようになります。

「The world is exist under the sky.」
(世界は一つ空の下に存在する)

 

また、以下のような表現も使えます。

 

promote towards one goal

 

「promote」には、
「促進する・努める」などの意味があります。

ここから、
「一つの目標に向かって努力する」
という意味になるわけです。

スポンサーリンク

万里一空の使い方・例文

 

では、「万里一空」の使い方を
例文で確認しておきましょう。

 

  1. 万里一空の精神で、日々努力していくつもりです。
  2. 万里一空の心境で、毎日勉強を続けます。
  3. 彼女は座右の銘として、万里一空をかかげている。
  4. 万里一空の精神を持ち、御社で頑張るつもりです。
  5. 彼は、万里一空の境地とはほど遠い意志の弱さだ。
  6. 今年の抱負として、万里一空を掲げました。

 

「万里一空」は、
その人の決意を表明した言葉です。

なので、受験やビジネスなど
何かに挑戦するような場面としては
最適な四字熟語と言えるでしょう。

また、新年の抱負などを発表する時にも
使える言葉ですね。

 

ちなみに、後ろにつく言葉は
「万里一空の精神」「万里一空の境地
などが多いです。

※「境地(きょうち)」とは、
「ある段階に達した時の心の状態」だと思ってください。

まとめ

 

いかがでしたか?

 

内容を簡単にまとめると、

万里一空」=目標を見失わずに、たゆまず努力を続ける心。

由来」=「世界の全ては一つ空の下にある」という大きな見方から。

類語」=「雲外蒼天・勇往邁進・一路邁進」など。

ということでした。

 

長い人生で、目標を定めることは
たくさんあると思います。

そんな時は、「万里一空」の精神で
挑んでみてはいかがでしょうか?

では、今回は以上です!

スポンサーリンク