この記事の読了時間: 538

無知蒙昧 意味 使い方 類語 対義語

 

無知蒙昧」という四字熟語を
聞いたことがありますか?

 

「無知」はともかく、
「蒙昧」という言葉はなかなか聞かないですね。

実際に、
「蒙昧」の意味が分からなくて
この言葉の由来を調べるという人は多いようです。

 

そこで今回は、
無知蒙昧」の意味・使い方・類語などを
詳しく解説しました。

さっそく、確認していきましょう。

スポンサーリンク

無知蒙昧の意味

 

まずは、
基本的な意味です。

【無知蒙昧(むちもうまい)】

知恵や学問がなく、愚かなさま。

出典:三省堂 新明解四字熟語辞典

無知蒙昧」とは、
知識や学問がなく、愚かな様子のこと」を言います。

 

例えば、
以下のような使い方です。

あいつは全く話の意味が分かっていないようだ。彼のような無知蒙昧な人がいると、議論が先に進まないよ。

大切な会議の場に、
議題についての知識を持っていない人がいたとします。

その人は何を話し合うべきかが分からないため、
議論にならないですよね?

周りの人からすると、
「あいつのせいで、時間がかかる!」
とイライラしてしまうでしょう。

 

このように、「無知蒙昧」は
知識や知恵がなく、物事が理解できない人のこと
を表すわけですね。

 

ちなみに、
「知」を「智」、「蒙」を「曚」
と書くこともあります。

意味自体は、
どちらを使っても全く同じと考えてください。

無知蒙昧の語源

 

次に、「無知蒙昧」の語源を確認しておきましょう。

 

無知」は「識がい」と書くので、
文字通り「知識がない様子」を意味します。

転じて、現在では
何も知らない人のこと」を指すことが多いです。

 

そして、「蒙昧」ですが、

」は、「豕(豚やイノシシ)」が「草」などで覆われる様子。

」は、「日(太陽)」が「未(伸びてきた若い枝)」に遮られている様子。

からできた漢字です。

よって、
蒙昧」=「暗い」というのが
本来の意味になります。

 

「暗い」というのは、言い換えると
「何も見えない様子」を意味しますよね?

ここから、
蒙昧」=「道理が理解できない愚かなこと
というネガティブな意味になるわけです。

 

整理すると、

無知」+「蒙昧」=「知識がない」+「道理が理解できない」

という2つが合わさった言葉となります。

比較しても分かるように、
結局は両者とも同じような意味の言葉
ということですね。

スポンサーリンク

無知蒙昧の類語

無知蒙昧 類語 対義語

続いて、
「無知蒙昧」の「類語」です。

【無知無学(むちむがく)】

知識も学問もないこと。

「無学」は「学問や知識がないこと」という意味です。

【不学無術(ふがくむじゅつ)】

学問も技術もないこと。

「無術」は、
「技術がないこと」「何も芸がないこと」などを意味します。

【無知愚昧(むちぐまい)】

知恵や学問がなく、愚かで物事の道理がわからないこと。

逆さにして、「愚昧無知」と言う時もあります。

【無知無能(むちむのう)】

知識や能力がないこと。

「無能」は、
「能力や才能がないこと」「役に立たないこと」という意味です。

全部で4つご紹介しました。

この中では、
無知愚昧」がほぼ同じ意味になりますね。

よって、
「無知蒙昧」と「無知愚昧」は
同義語」と言っていいでしょう。

その他の類語も、基本的には
「知識や学問がない様子」を表す言葉だと思ってください。

無知蒙昧の対義語

 

逆に、「対義語」としては
次の2つが挙げられます。

【博学多才(はくがくたさい)】

多くの知識を持ち、さまざまな才能に恵まれていること。

「博学」は、「広い分野の学問に通じていること」

「多才」は、「いろいろな方面に才能を持っていること」

という意味です。

【博覧強記(はくらんきょうき)】

幅広く物事を知っており、それをよく覚えていること。

「博覧」は、「広く本を読んだり見聞きしたりして、物事をよく知っていること」

「強記」は、「記憶力がすぐれている」という意味です。

共通するのは、
「幅広い分野を学んでいて、知識が豊富」
ということですね。

対義語の場合は、
人を褒めるときに使う言葉となります。

反対の言葉をイメージしておくと、
「無知蒙昧」の意味も忘れにくいのではないでしょうか?

無知蒙昧の英語

 

続いて、
「英語訳」です。

「無知蒙昧」は、
「英語」だと次のように言います。

 

unenlightened(無知な)」

uneducated(無教養な)」

ignorant(無学の)」

 

これらは、すべて「形容詞」です。

なので、
「〇〇は無知蒙昧である」
と言いたいときはbe動詞と一緒に使います。

 

例文だと、
以下のような言い方ですね。

He is unenlightened about golf.
(彼はゴルフに関しては無知です。)

She is utterly uneducated.
(彼女は、無知蒙昧です。)

He is ignorant of the world.
(彼は世間について無知です。)

※2つ目の例文に
「utterly」という副詞がありますが、
これは「まったく」という意味です。

スポンサーリンク

無知蒙昧の使い方・例文

 

最後に、「無知蒙昧」の使い方を
例文で確認しておきましょう。

 

  1. 私は、自分が無知蒙昧であることを実感した。
  2. 政治については無知蒙昧な私ですが、この政策がよくないことくらいは分かります。
  3. 先生が専門的な話をして下さったが、無知蒙昧であるためただ聞いているだけだった。
  4. もっと幅広い分野の本を読まなければ、無知蒙昧な人間のままになってしまう。
  5. 弟はいつまでたっても子供で、世の中のことに無知蒙昧なので困る。
  6. あなたは何も理解していない。無知蒙昧にもほどがあるよ。

 

「無知愚昧」は、
「知識がなく、物事が分からない人」を指す言葉です。

したがって、
基本的には悪い意味で使う」と考えてください。

 

また、使う対象ですが特に決まっていません。

自分自身を指すこともありますし、
例文のように「弟」や「彼」に対して使うこともあります。

いずれにせよ、相手が無知であれば
あらゆる対象に使うことができると考えてよいでしょう。

 

ただし、使い方によっては
相手との関係が悪くなってしまうことも十分考えられます。

なので、現実的には
「自分の知識が足りないと感じたとき」
に使う程度にするのが無難ですね。

もしもこの言葉を自分以外に使う時は、
「相手から嫌われてもいい」という覚悟で使うようにしてください。

関連:>>知識と知恵の違いとは?見識の意味も解説

まとめ

 

では、今回のまとめです。

 

無知蒙昧」=「知識や学問がなく、愚かな様子。

語源」=「知識がない様子」+「道理が理解できない様子

類語」=「無知無学・不学無術・無知愚昧・無知無能」など

英語」=「unenlightened」「uneducated」「ignorant」

 

人は誰しも、無知の状態で生まれてきます。

ですが、何も知らない状態から知識を吸収することで
「初めて人として成長できる」と言えるのではないでしょうか?

そういう意味では、「無知蒙昧」は
人生における「学びの大切さ」を教えてくれる
四字熟語なのかもしれませんね。

スポンサーリンク