この記事の読了目安: 615

檸檬 解説 教科書 わかりやすく 簡単に 学習の手引き

 

小説『檸檬』は、梶井基次郎による文学作品です。高校現代文の教科書にも採用されています。

ただ、本文を読むとその内容が分かりにくいと感じる人も多いと思われます。そこで今回は、『檸檬』のあらすじや学習の手引き、テスト対策などを簡単に解説しました。

『檸檬』のあらすじ

 

本作は、主人公「私」の心理の動きを、具体的な場面の展開に応じて、三つの段落に分けることができます。

あらすじ

①病気や借金からくる「えたいの知れない不吉な魂」に心を抑えつけられていた「私」は、以前好きであった音楽や詩にも我慢できず、いたたまれない思いで街を浮浪していた。その頃の「私」が強くひかれたものは「みすぼらしくて美しい」ものだった。風景にしても壊れかかった街だとか、よそよそしい表通りよりも裏通りが好きだった。そんな道を歩きながら、そこが現実の京都の街ではなく、どこか違う場所に来ている錯覚を起こし、その非現実の世界に遊ぶのを楽しんだ。また、「私」は花火やびいどろのおはじき、南京玉も好きになった。それらは自然に「私」の心を慰めてくれるのだった。生活がむしばまれる以前の「私」は、「丸善」と、そこにある品物が好きだった。しかし今や「丸善」も「私」には「重くるしい場所」となり、全てが「借金取りの亡霊」のように見えるのだった。

②友達の下宿を転々として暮らしていた「私」は、ある日、追いたてられるような気持ちで街へさまよい出た。そして最後に、かねてから好きだった果物屋で足を止めた。そこは果物屋固有の美しさを感じさせる店であり、夜の光景も美しく、「私」を興がらせる所だった。その日、「私」はその店で一顆の檸檬を買った。檸檬を手にした瞬間から、「私の心を抑えつけていた不吉な魂」が緩んできて、「私」は幸福感に満たされた。檸檬の冷たさは熱のある身には快く、その匂いは「私」の身内に元気を目覚めさせた。「私」は興奮に弾んで歩いた。「私」には檸檬が「全ての善いもの全ての美しいもの」の象徴であると思われた。

③檸檬のおかげで幸福感に満たされていた「私」は、平常避けていた「丸善」に入ってみたが、たちまち幸福感は失われ、憂鬱になってしまった。以前好きだった画本にさえも、心はひきつけられなかった。檸檬の存在を思い出した「私」は、画本を積み上げた上にそれを置くことを思いついた。上に据えつけられた檸檬は、さまざまな色彩をその中に吸収し、冴えかえっていた。不意に、「第二のアイディア」が起こった。「私」は檸檬をそのままにして、「丸善」が出ることを思いつき、実行した。爆弾に見立てた檸檬によって、「気づまりな丸善」が大爆発することを熱心に想像しながら、「私」は京極の街を下がっていった。

『檸檬』の本文解説

 

【本作の主題】⇒えたいのしれない不吉な魂に支配されている「私」の鬱屈した現実を、檸檬を爆弾に見立てること、つまり錯覚という想像力を用いることにより変革しようとした魂の試み。

主人公である私は、「みすぼらしくて美しいもの」の一つとして発見した「檸檬」を「爆弾」に見立てます。そして、今は自分の神経を逆なでするばかりの存在になった「気詰まりな丸善」を爆破する想像を通して、私と私を取り巻く現実の変革を願うことになります。

それはつまり、日常的価値観の転倒であり、自らを圧迫する現実に対する魂の反逆とも言えます。こうした精神の鋭さが、作者の感受性豊かなみずみずしい表現と相まって、優れた青春小説となっています。

作者梶井基次郎[1901年~1932年]大阪府生まれ。小説家。1926年末より結核療養のため伊豆の湯ヶ島温泉に滞在し、一年あまりを過ごす。その後、大阪に帰り病床にあって創作を続けた。1931年5月に創作集『檸檬』を刊行したが、翌年逝去。短命だったため、作品数も少なく短編のみだが、後の作家たちに大きな影響を与えた。

『檸檬』のテスト対策問題

 

問題0

次の傍線部の仮名を漢字に直しなさい。

ショウソウに駆られる。

サッカクを起こす。

キョウラク的な生活。

クウキョな気分。

コクメイに調べる。

ゲンソウにふける。

⑦体がスイジャクする。

解答①焦燥 ②錯覚 ③享楽 ④空虚 ⑤克明 ⑥幻想 ⑦衰弱
問題1「それからそれへ想像の絵の具を塗りつけてゆく。」とは、どうすることか?
解答例今見ている街の風景に自分の想像を次から次へと重ね、頭の中で思い通りの街のイメージを作り上げていくこと。
問題2「あるいは不審なことが、逆説的な本当であった。」とはどういうことか?
解答例たった一個の檸檬を握っただけで、しつこかった憂鬱が紛らされるなどということは、普通はありえない不思議なことだが、その常識的ではないことこそが、かえって私にとっては紛れもない事実であったということ。
問題3「思いあがった諧謔心からそんなばかげたことを考えてみたり-」とあるが、なぜ「思いあがった諧謔心」だというのか?
解答例一個の果実の「重さ」に「全ての善いもの全ての美しいもの」が「換算」されていると見立てるのは、「諧謔心」=「ユーモア」には違いないが、そこまで言うのはさすがに尊大な態度だと自覚したため。
補足「檸檬」という果実に、すべてが含まれているという考えは、常識的ではない突飛な考えであり、それをここでは「諧謔=ユーモア」と言っていることになる。
問題4「変にくすぐったい気持ち」とは、どういう気持ちか?
解答例奇妙でひそかなたくらみに、わくわくするような気持ち。
問題5

「その頃(240・9)」の「私」の心境について、次の問いに答えなさい。

①「私の心を終始抑えつけていた。」ものは何か?

② ①が生じた原因は何か?また、それは「私」にどのような感情をもたらしたか?

③「私」が「強くひきつけられた」ものは何か?

④ ③の具体例およびそれらの特徴はどのようなものか?

解答例

①えたいの知れない不吉な魂。

②「原因」⇒毎日酒を飲み続けたことなどによる宿酔に似た気分、肺尖カタルや神経衰弱、借金など。「感情」⇒焦燥、嫌悪、憂鬱など。

③みすぼらしくて美しいもの。

④「壊れかかった街」、「裏通り」、「花火」、「おはじき」、「南京玉」など。それらの特徴は、錯覚と現実との二重写しの中に現実の私自身を見失うのを楽しませるもの、幼児のあまい記憶をよみがえらせるもの、安価であってもぜいたくであるもの、美しいもの-といって無気力な私の触覚にむしろこびてくるもの、などである。

問題6「私」はなぜ「檸檬」が気に入ったのか?
解答例いつも熱で体が熱い「私」には、檸檬の身内にしみとおってゆく冷たさや香りが快く、しつこかった憂鬱を紛らせてくれるように感じて幸福だった。また、その重さが全ての善いもの、全ての美しいものを重量に換算してきた重さだと考えるとやはり幸福だったから。
問題7

「私」にとって「丸善」はどのような場所であったか?次の三つの時期に即して答えなさい。

①「その頃」以前

②「その頃」

③「檸檬」を手に入れてから。

解答例

①ぜいたくな輸入雑貨の類いに存分に触れ、ときには購入するというぜいたくが楽しめる好きな場所。

②そこに存する書籍、学生、勘定台はみな借金取りの亡霊のように見え、できるだけ平常は避けるべき重苦しい場所。

③檸檬がもたらしてくれた幸福のせいで、やすやすと入れるように思えたが、いざ入ってみると幸福な感情はだんだん逃げていき、「その頃」のいつものように憂鬱が立てこめてきた場所。

問題8「私」はなぜ「丸善」で、「城壁の頂に恐る恐る檸檬を据えつけた。」のか。
解答例雑然と積み重ねられた本の上に「檸檬」を置くことで、「私」を魅了した果物店のような美しさが生まれるのではないかと思ったから。
問題9「第二のアイディア」とは、どのようなことか?また、「私」はなぜそれを実行したのか?
解答例画本の上に檸檬を置いたまま店を出ること。「私」という奇怪な悪漢が仕掛けた、檸檬という恐ろしい爆弾によって、丸善の大爆発という、想像を追求したかったから。

まとめ

 

以上、今回は『檸檬』について解説しました。ぜひ定期テストなどの対策として頂ければと思います。なお、本文中の重要語句については以下の記事でまとめています。

The following two tabs change content below.

国語力アップ.com管理人

大学卒業後、国語の講師・添削員として就職。その後、WEBライターとして独立し、現在は主に言葉の意味について記事を執筆中。 【保有資格】⇒漢字検定1級・英語検定準1級・宅地建物取引士など。

最新記事 by 国語力アップ.com管理人 (全て見る)