この記事の読了目安: 437

猫は後悔するか 要約 テスト 意味調べノート 漢字 学習の手引き 授業

 

『猫は後悔するか』は、現代文の教科書で学ぶ評論です。ただ、本文を読むとその内容や筆者の主張などが分かりにくい部分もあります。

そこで今回は、『猫は後悔するか』のあらすじや要約、学習の手引きなどを含め簡単に解説しました。

『猫は後悔するか』のあらすじ

 

本文は、大きく分けて4つの段落から構成されています。ここでは、各段落ごとのあらすじを簡単に紹介していきます。

あらすじ

①人間はあれこれと後悔する。では猫はどうか。いや猫にかぎらない。人間以外の動物は、後悔をするのだろうか。後悔するということは、事実に反する思いを含んでいる。ウィトゲンシュタインは、可能な事実の総体を「論理空間」と呼ぶ。現実の世界というのは、論理空間の中のごく一部分にすぎない。実際に起こっていることを取り巻いて、現実化しなかった可能性が広大に開けているのである。

②論理空間を開くには、世界が対象と概念に分節化されていなければならない。逆に、世界が分節化されているためには論理空間が成立していなければならない。これはどちらが先というものではなく、厳密に同時なのである。

③論理空間の成立のためには、それゆえまた分節化された世界の成立のためには、われわれは分節化された言葉をもっていなければならない。可能性とは、言語が表現するものとしてのみ、成り立ちうる。それ以外に可能性の生存場所はない。

④論理空間・分節化された世界・分節化された言語、これらはすべて厳密に同時に成立する。それゆえ、言語をもっていない動物は、可能性の了解(=論理空間)をもたず、分節化された世界にも生きていないことになる。かくして、猫は後悔しない。人間だけが後悔する。

『猫は後悔するか』の要約解説

 
要約論理空間を開くには、世界が対象と概念に分節化されている必要があり、世界が分節化されているためには論理空間が成立している必要がある。論理空間の成立と分節化された世界の成立には、分節化された言語をもっていなければならない。論理空間・分節化された世界・分節化された言語は同時に成立するため、言語をもっていない動物は分節化された世界にも生きていない。したがって、人間以外の動物は後悔せず人間だけが後悔する。(199文字)
読解のポイント

  • 文章の構成、そして論理展開をしっかりと捉える。
  • 「猫(人間以外の動物)は後悔するか」という問題提起、論理展開、結論を捉える。
  • 3つのキーワード(論理空間・分節化された世界・分節化された言語)を具体例に即しながら理解し、結論に至るまでの思考の道筋を捉える。

『猫は後悔するか』の意味調べノート

 

【人間以外の~だろうか】⇒この文章の問題提起となっている。

【可能な事実の総体】⇒起こりうる事実のすべて。

【能力的に実現不可能であっても、思考不可能ではない】⇒現実の能力としては実現は不可能でも、あり得た可能性を思考することは論理的には矛盾しないということ。

【矛盾】⇒つじつまが合わないこと。

【抽象画の世界】⇒分節化されていて構成要素を取り出すことのできる世界の対極にある、対象の輪郭と意味が失われた世界。

【概念】⇒一般に、物事の概括的な意味内容のこと。ここでは、物事の性質と物事同士の関係が合わさり生まれた意味を「概念」と呼んでいる。

【未分節】⇒分けられていないこと。

【反事実的な可能性】⇒今ある事実ではなく、これから起こりうる事実のこと。

【イデア】⇒観念。理念。

『猫は後悔するか』のテスト対策問題

 

問題0

次の傍線部の仮名を漢字に直しなさい。

①人の心をトラえる言葉。

②対象のリンカクを描く。

③政治と行政がユチャクする。

④家電製品がコワれる。

⑤過去をコウカイしない。

解答①捉 ②輪郭 ③癒着 ④壊 ⑤後悔
問題1「論理空間」とはどのようなものか?
解答例現実に起こった事実と現実には起こらなかったけれど起こりえたという事実、可能性のこと。
問題2「分節化」とはどのようなことか?
解答例事実を、性質と対象と動作というような構成要素で取り出すこと。
問題3「この現実を元手に、論理空間の了解が形成される」とあるが、どういうことか?
解答例与えられているのは現実の事実のみだが、現実世界が分節化されていることにより、様々な可能性=論理空間が了解されるということ。
問題4「論理空間を開くには、世界が対象と概念に分節化されていなければならないのである」とあるが、その理由を説明せよ。
解答例論理空間は、分節化された「対象=事物」と「概念=性質と関係」の自在なる組み合わせの可能性により開かれているため。
問題5「逆に、世界が分節化されているためには論理空間が成立していなければならないのである」とあるが、その理由を本文中の例を用いて説明せよ。
解答例「対象=事物」と「概念=性質と関係」の自在なる組み合わせの可能性(=論理空間)が成立する前提では、机の上のパソコン、パソコンの置き場所、机の色、机と床、床と建物、建物と地面、宇宙全体などのように、様々な関係性、可能性に分節化されるため。
問題6「『世界は分節化されているが、分節化された言語はもっていない』と仮定してみよう」とあるが、そのように仮定することで、筆者はどのようなことを主張したいのか?筆者の考えをまとめよ。
解答例可能性は、言語が表現するものとしてのみ、成り立ちうるものであるということ。
補足言語がなければ、いっさいは現物となり、反事実的な可能性を開くには言語が必要だということ。
問題7

なぜ「猫は後悔しない」のか?次の言葉を用いてまとめよ。

・論理空間

・分節化された世界

・分節化された言語

解答例論理空間・分節化された世界・分節化された言語は、すべて同時に成立する。そのため、言語を持っていない動物、すなわち猫は可能性の了解を持たず、分節化された世界にも生きていないため。

まとめ

 

以上、今回は『猫は後悔するか』について解説しました。言語について論じた文章は、入試においても出題されやすいです。ぜひ正しい読解ができるようになって頂ければと思います。

The following two tabs change content below.

国語力アップ.com管理人

大学卒業後、国語の講師・添削員として就職。その後、WEBライターとして独立し、現在は主に言葉の意味について記事を執筆中。 【保有資格】⇒漢字検定1級・英語検定準1級・宅地建物取引士など。

最新記事 by 国語力アップ.com管理人 (全て見る)