この記事の読了時間: 513

笑止千万 意味 語源 使い方 類語

 

笑止千万」という言葉を
聞いたことがありますか?

 

一言で「笑い」と言っても、
色々な種類がありますよね。

「大笑い」「苦笑い」「愛想笑い」

「笑止千万」とは、そのような
人の笑いを表した四字熟語です。

 

この記事では、
「笑止千万」の意味・語源・類語・使い方
などを紹介していきます。

では、さっそく見ていきましょう。

スポンサーリンク

笑止千万の意味

 

「笑止千万」
の意味を調べると、
次のように書かれています。

【笑止千万(しょうしせんばん)】

非常にばかばかしいこと。きわめておかしいこと。また、そのさま。

②いかにも気の毒なさま。

出典:三省堂 大辞林

笑止千万」は、
しょうしせんばん」と読みます。

 

よくある読み間違いとして、

  • 「しょうしせんまん」
  • 「しょうしせんぱん」

などがあります。

正しくは、
「しょうしせんん」ですので、
間違えないようにしましょう。

 

続いて、「意味」です。

笑止千万」とは、
非常にばかばかしいこと」を言います。

 

例えば、
以下のような使い方です。

学校一頭の悪い君が、弁護士を目指す?笑止千万な話だね。

「笑止千万」は、
相手のばかばかしい行動を
大笑いするような時に使います。

マンガで例えるなら、
「のび太君が東大を目指す」
といった感じですね。

 

逆に言えば、
相手がとんでもないバカげた行動をしない限り
使わない言葉だと思ってください。

 

また、辞書の説明だと

笑止千万」=「気の毒なさま」

という意味も書かれています。

 

ただし、
この意味で使うことは現在ほとんどありません。

ですので、
あえて覚える必要はないと言えるでしょう。

笑止千万の語源

 

「笑止千万」の
「語源」も確認しておきましょう。

 

「笑止千万」は、
「笑止」と「千万」が合わさってできた言葉です。

 

笑止」は「いがまらない」と書くので、
おかしいこと」を意味します。

ただし、この言葉は
昔からずっとあったわけではありません。

 

「笑止」は、元々
勝事(しょうし)」から来た「当て字」と言われています。

「当て字」とは、
本来の意味を無視して作った漢字が、一般的に広まったもの
だと思ってください。

つまり、
本来は「勝事」の方が使われていたわけですね。

 

元々「勝事」は、
めったに見られないほど素晴らしい
という意味でした。

人間は、あまりにすばらしいシーンを目にすると、
逆に笑いが出てしまうことがありますよね?

ここから、だんだんと
勝事」⇒「笑止」になっていったと言われています。

 

すなわち、
現在では分かりやすくするために
「笑止」にしているわけですね。

 

一方で、「千万」は元々
数が極めて多い」という意味でした。

これは、
数字の「千」や「万」があるので、
イメージしやすいですね。

転じて、
物事の程度がはなはだしいこと
を表す言葉となったわけです。

 

整理すると、

笑止」+「千万」=「めったに見られないほど素晴らしい」+「程度がはなはだしい

となります。

ここから現在の、
「非常にばかばかしい様子」
という意味につながるわけですね。

スポンサーリンク

笑止千万の類語

笑止千万 類語

 

続いて、
「笑止千万」の「類語」です。

【噴飯物(ふんぱんもの)】

おかしくてたまらないこと。

「食べかけの飯を噴き出すほどおかしい」
という意味です。

【失笑噴飯(しっしょうふんぱん)】

おかしくて、噴き出し笑うこと。

「失笑」は「思わず笑ってしまうこと」

「噴飯」は「食べかけの飯を吹き出すこと」を言います。

【片腹痛い(かたはらいたい)】

おかしくてたまらないこと。

無謀な挑戦をする人を、
バカにするような場合に使います。

【チャンチャラおかしい】

笑いたくなるほど、ばかばかしいこと。

「ちゃる」=「ふざける」が語源と言われています。

基本的には、
おかしくてたまらない様子」であれば、
「類語」となりますね。

一般的な語だと、
ばかばかしい・くだらない」などが
分かりやすいのではないでしょうか?

 

また、慣用句では
へそで茶をわかす」も「類語」と言えますね。

 

「へそで茶をわかす」については、
以下の記事で詳しく解説しています。

>>へそで茶をわかすとは?意味や語源・例文も解説

 

こちらも面白い語源なので、ぜひ確認してみてください。

笑止千万の英語

 

続いて、「英語訳」です。

 

「笑止千万」は、
英語だと次のように言います。

 

highly ridiculous

 

「highly」は「非常に・とても」

「ridiculous」は、
「ばかげた・ばかばかしい」などの意味です。

 

例文だと、
以下のような言い方ですね。

His story was highly ridiculous.(彼の話は、笑止千万だった)

 

英語では「笑い」に対して、
「laugh」や「smile」などを使うのが一般的です。

ただし、
「笑止千万」の場合は普通の笑いではなく、
とんでもなくバカげた笑いということでした。

ですので、
前に「higly」をつけた表現となるわけですね。

スポンサーリンク

 

笑止千万の使い方・例文

 

では、「笑止千万」の使い方を
例文で確認しておきましょう。

 

  1. 運動オンチな君が、アスリートを目指すなんて笑止千万だよ。
  2. 食いしん坊で有名なあなたが断食?笑止千万だね。
  3. 何の経験もない彼が社長を目指すなんて笑止千万だわ。
  4. UFOと会話しただって?バカバカしい、笑止千万だね。
  5. 君たちは本当にくだらないことでケンカしているね。笑止千万だ。
  6. 笑止千万とはまさにこのことだ。呆れるね。

 

「笑止千万」は、
相手を馬鹿にしたり軽蔑したりする時に
使うことがほとんどです。

ですので、
使う相手には十分注意する必要があります。

あくまで、
くだけた場面やおちゃらけた場面で使う言葉
と認識しておきましょう。

まとめ

 

いかがでしたか?

 

内容を簡単にまとめると、

笑止千万(しょうしせんばん)」=非常にばかばかしいこと。

語源」=「勝事(めったに見られないほど素晴らしい)」+「程度がはなはだしい」

類語」=「噴飯物・失笑噴飯・片腹痛い」など。

ということでした。

 

「笑止千万」は、実際には日常生活で
あまり使わない言葉かもしれません。

しかしながら、
「このような言葉もある」という
一つの勉強になったのではないでしょうか?

では、今回は以上です!

スポンサーリンク