この記事の所要時間: 526

立て板に水 意味とは 使い方 由来 英語

 

立て板に水」という
ことわざをご存知ですか?

一般的には、
立て板に水を流す」「立て板に水のごとく
などと言いますね。

「焼け石に水」とはよく言いますが、
「立て板」という言葉はなかなか聞かないでしょう。

どんな由来なのかも気になる所です。

 

この記事では、
「立て板に水」の意味・使い方・類語
などを解説していきます。

では、さっそく確認していきましょう。

スポンサーリンク

立て板に水の意味

 

まずは、
基本的な意味です。

【立て板に水(たていたにみず)】

よどみなく、すらすらと話すことのたとえ。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

立て板に水」とは、
よどみなく、すらすら話す様子
という意味です。

 

例えば、
以下のように使います。

彼は立て板に水を流すように話すね。思わず、聞き入っちゃったよ。

この場合は、簡単に言うと
彼のトークが上手」ということですね。

具体的には、

  • すらすらと色々な単語が出てくる
  • 途切れることなく流暢に話す
  • よどみなく、早口にしゃべる

といった様子です。

 

このように、「立て板に水」は
弁舌が巧みで、すらすらと話す人に対して使う言葉
と考えてください。

イメージ的には、
「頭の回転が早い人」
を想像すると分かりやすいでしょう。

 

ここで一点だけ気をつけることがあります。

それは、
「立て板に水」は「おしゃべりでうるさい人
という意味では使わないということです。

意味だけを見ると、
「うるさいおばちゃん」のようなイメージを
持つ人も多いかもしれません。

 

しかし、「立て板に水」は
相手に対して有益な情報を与える時に使います。

よって、
「あくまで褒め言葉として使う言葉」
と覚えておきましょう。

立て板に水の由来

 

「立て板」という言葉は、
文字通り「立てられた板」を表します。

そこに「水」が加わるということは、
板から水が流れてくる様子」を表します。

 

板に水をかけると、水は重力によって
きれいに流れ落ちていきますよね?

転じて、
人がよどみなく話す様子」を
表すようになったと言われています。

 

考えてみれば、
「水」という物質は
常に流れていく性質を持っています。

自然界だと、
「川」などが分かりやすいでしょう。

「立て板に水」は、そのような
流れ出す水の性質を表した言葉だったわけですね。

 

ちなみに、
手ごたえがない・張り合いがない
という意味で使うのも誤用です。

一見すると、
「板に水を流すこと」は、
意味のない行為にも見えますよね?

確かに、洗い物でもしない限り
無意味な行為にも見えます。

 

しかし、このことわざは
単に水が流れ落ちる現象を表しただけです。

「人が水を流す行為を指した言葉ではない」
ということは頭に入れておいてください。

スポンサーリンク

立て板に水の類語

立て板に水 類語 言い換え 反対語

 

「立て板に水」という言葉は、
どんな言い換えができるでしょうか?

以下の「類語」を見て
確認しておきましょう。

【竹に油を塗る(たけにあぶらをぬる)】

弁舌の達者なことの例え。

※竹に油を塗るとよくすべることから。

【懸河の弁(けんがのべん)】

とどこおりなく弁舌を振るうこと。

「懸河」とは、
「勢いよく流れる川のこと」を指します。

【一瀉千里(いっしゃせんり)】

文章や弁舌などが巧みでよどみのないこと。

「瀉」は「水がそそぐこと」

あふれ出た水が、すごい勢いで千里を流れることから。

共通しているのは、
弁舌が巧み・達者」という意味ですね。

 

一般的な言葉だと、
口達者・雄弁・話し上手」などが
分かりやすいのではないでしょうか?

「話がうまい」という意味であれば、
基本的に類語と呼べますね。

 

逆に、「対義語」としては
横板に雨垂(よこいたにあまだれ)
が挙げられます。

「横板に雨垂」とは、
詰まりながらしゃべる様子」という意味です。

 

横にした板に雨しずくが落ちても、
なかなか流れていきませんよね?

転じて、
「つかえながら物事を話す」
という意味になったと言われています。

主に「口下手な人」に対して
使うことわざだと思ってください。

関連記事:>>舌先三寸の意味とは?短文や語源・類語も解説

立て板に水の英語

 

続いて、英語訳です。

「立て板に水」は
「英語」だと次のように言います。

 

Your tongue runs nineteen to the dozen.
(十二語で済むことを、十九語で話す)

To speak nine words at once.」(一度に九語しゃべる)

 

「nineteen to the dozen」は、
「絶え間なくしゃべる」という意味です。

本来は12語くらいを話す時間内に、
19語を話すのはかなりの早口ですよね?

よって、
「弁舌が巧み」という意味になるのです。

 

また、「at once」は
「一度に・すぐに」という意味です。

こちらも、
物事の素早さを表す熟語ですね。

 

ちなみに、簡易的な表現だと
以下のような言い方もできます。

He speaks fast and fluently.
(彼は早く流暢に話す。)

He talks a mile a minute.
(彼は早口にしゃべる。)

スポンサーリンク

立て板に水の使い方・例文

 

では、「立て板に水」の使い方を
例文で確認しておきましょう。

 

  1. 立て板に水を流すように流暢な解説だったよ。すばらしい。
  2. 弁論部の人たちはみんなすごかったね。まさに立て板に水だったよ。
  3. 立て板に水」といった調子で、すらすらと演説を開始した。
  4. 立て板に水のごとく次々と言葉出てくるのはうらやましいよ。
  5. 今後の将来について、立て板に水を流すように語り始めた。
  6. さすが何度も講演会に出てるだけあるね。立て板に水のようだったよ。

 

用例としては、
日常生活からビジネスまで
幅広く使われていますね。

すでに説明した通り、「立て板に水」は、
ほめ言葉として使うことがほとんどです。

 

特に、ビジネスでは
演説やスピーチ・講演会など
人が話をする場面は多々あるでしょう。

そんな時に、
「流暢に話す・弁が立つ人」には、
好印象を抱くことが多いですよね?

したがって、
このことわざは基本的に
良い意味で使うわけです。

まとめ

 

いかがでしたか? 

 

内容を簡単にまとめると

立て板に水」=よどみなく、すらすら話すこと。

由来」=立てた板から、水がきれいに流れ落ちる様子から。

類語」=「竹に油を塗る・懸河の弁・一瀉千里」など。

ということでした。

 

いつの時代も、
話しがうまい人は必ず存在します。

あなたの身の回りにも、
頭の回転が早くてほれぼれするような人はいますよね?

ところが、
どんな言葉で表現すればいいのか
分からない場合もあるでしょう。

そんな時は、「立て板に水
を使ってみてはどうでしょうか?

今回は以上です!

スポンサーリンク