この記事の読了時間: 50

焼けぼっくいに火がつく 意味 使い方 例文 英語

 

焼けぼっくい
という言葉をご存知ですか?

普通に生活する上では
あまり使わない言葉ですね。

「ぼっくり」と聞くと「松ぼっくり」
をイメージする人も多いでしょう。

ところが、
実はこの言葉は「松ぼっくり」とは、
全く違う意味で使われているのです。

 

この記事では、
「焼けぼっくいに火がつく」の意味・語源・使い方
などを解説していきます。

では、さっそく確認していきましょう。

スポンサーリンク

焼けぼっくいに火がつくの意味

 

まずは、
基本的な意味です。

【焼(や)け木杭(ぼっくい)に火(ひ)が付(つ)く】

一度焼けた杭は火がつきやすいところから、以前に関係のあった者どうしが、再びもとの関係に戻ることのたとえ。主に男女関係についていう。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

焼けぼっくいに火がつく」とは、
以前に関係のあった者同士が、再び元の関係に戻ること
を言います。

 

例えば、
以下のような使い方です。

散々ケンカして別れたらしいけど、また一緒に行動してるよ。焼けぼっくいに火がつくとはこのことだね。

この場合は、簡単に言うと、
2人が再び仲良くなった
ということですね。

 

「焼けぼっくいに火がつく」は、このように
一度壊れた人間関係が再び修復するような時
に使うと考えてください。

別の言い方をすれば、
「お互いが別れた後に使う言葉」
と覚えてもよいでしょう。

多くは、男女の関係に使われることが多いです。

 

また、場合によっては、
焼けぼっくいには火がつきやすい
燃え杭には火がつきやすい」などと言うこともあります。

意味としては、
「以前に関係のあった者は、元の関係に戻りやすい
ということですね。

いずれにせよ、
お互いの男女が復縁する時に使う言葉
と認識してよいでしょう。

焼けぼっくいに火がつくの語源・由来

 

「焼けぼっくい」という言葉は、
漢字で「焼け木杭」と書きます。

木杭(ぼっくい)」は、元々は
棒杭(ぼうくい)」と書いていました。

ところが、時代と共にだんだんと
「ぼうくい」⇒「ぼっくい」と変化していったわけです。

 

では、「棒杭」とは何かというと
建物を作るときに地盤に打ち込む基礎のこと
を指します。

分かりにくいと言う人は、
単なる「棒切れ」と思っていただいてかまいません。

すわなち、「焼けぼうくい」とは、
焼けている時の棒切れのこと」を言うわけですね。

 

イメージ的には、
「焚(た)き火をしている時の木」
を想像すると分かりやすいでしょう。

キャンプなどで火をつける時に木の棒を燃やしますよね?

この時に、一度燃やした後の木は
再び火をつけた時に非常に燃えやすいです。

なぜなら、
元々の生木の状態から炭化するためですね。

 

つまり、
1回焼けた後のぼっくいは
非常に燃えやすいと言えます。

転じて、
一度火のついた男女は復縁しやすい
という意味で使われるようになったわけです。

 

注意すべきは、
「松ぼっくり」や「焼き栗」
と混同しないことですね。

あくまで、
「焼けた杭(木の棒)を表した言葉」
ということを頭に入れておきましょう。

スポンサーリンク

焼けぼっくいに火がつくの類語

焼けぼっくいに火がつく 類語

 

続いて、
「焼けぼっくいに火がつく」の「類語」です。

 

  • 仲直りする
  • 復縁する
  • 修復する
  • 和解する
  • ヨリを戻す
  • 改善する
  • 元の鞘(さや)に収まる
  • 再燃する
  • またくっつく

 

慣用句的な表現での
「類語」は少ない印象ですね。

しいてあげるならば、
「縒(よ)りを戻す」は
男女の復縁に際によく使われる言葉です。

 

一般的な言い方だと、
仲直りする・復縁する」などが
一番分かりやすいのではないでしょうか。

 

ちなみに、
四字熟語では「虚心坦懐」も
類語と呼べるでしょう。

「虚心坦懐」の意味は、
以下の記事を参照してください。

>>虚心坦懐の意味とは?由来や使い方・英語も解説

焼けぼっくいに火がつくの英語

 

続いて、
「英語訳」です。

「焼けぼっくいに火がつく」は、
英語だと次のように言います。

 

Wood half-burned is easily kindled.

 

直訳すると、
「半焼けした木は、簡単に燃やされる」
となります。

「kindle」は「火をつける・燃やす」
などの意味と考えてください。

 

また、別の言い方だと

The old love blazed anew between them.
(古い愛が、彼らの間で再び燃え盛る)

などと言ってもよいでしょう。

スポンサーリンク

焼けぼっくいに火がつくの使い方・例文

 

では、具体的な使い方を
実際の例文で確認しておきましょう。

 

  1. 久しぶりの再会で、焼けぼっくいに火がつくように仲良くなった。
  2. 同窓会で会って以来、焼けぼっくいに火がついて結婚したみたいだよ。
  3. 焼けぼっくいに火がつくように、夫婦はよりを戻していった。
  4. かなりもめていたけど、再び仲良くし出した。焼けぼっくいには火がつくものだね。
  5. 焼けぼっくいに火がつくじゃないけど、最近縁を切った友人が恋しくなってきたよ。
  6. あんなに喧嘩したのにまた一緒に行動?焼けぼっくいに火がつくとはこのことだね。

 

用例としては、やはり
男女が関係を戻す時に使うことが多いですね。

特に、恋人や夫婦などの復縁時には
使いやすい言葉です。

 

ただし、この言葉は
必ずしも良い意味で使うとは限りません。

「腐れ縁」という言葉があるように、
人間関係にも「悪い縁」が当然あります。

もしも、
悪い縁を復活させてしまえば、
お互いにとって当然害を生みますよね?

 

したがって、
関係を戻すことがお互いにとってどうか?
ということも考える必要があります。

もしもこの言葉を使う時は、
「縁が良いものかどうか」についても考えるようにしましょう。

まとめ

 

いかがでしたか? 

 

内容を簡単にまとめると

焼けぼっくいに火がつく」=以前に関係のあった者同士が、再び元の関係に戻ること。

語源・由来」=焼けた棒杭(ぼうくい)は、燃えやすいため。

類語」=仲直りする・復縁するなど。

ということでした。

 

ポイントは、
「生木よりも炭木の方が燃えやすい」
ということですね。

このように覚えれば、
「一度火のついた男女は復縁しやすい」
と理解できるのではないでしょうか?

今回は以上です!

スポンサーリンク