この記事の読了時間: 526

頭隠して尻隠さずの意味とは 使い方 例文 語源

 

頭隠して尻隠さず

誰もが一度は聞いたことがあることわざですよね。

ただ、この「頭」と「尻」というのは、
何を意味しているのか考えたことはあるでしょうか?

人間なのか、それとも他の違う動物を指しているのか?

今回は多くの人が知っていそうで知らない
「頭隠して尻隠さず」について詳しく解説しました。

さっそく、確認していきましょう。

スポンサーリンク

頭隠して尻隠さずの意味

 

まずは、意味からです。

【頭隠して尻隠さず(あたまかくしてしりかくさず)】

悪事や欠点の一部を隠して、全部を隠したつもりでいる愚かさをあざけっていう。

出典:三省堂 大辞林

頭隠して尻隠さず」とは、
悪事や欠点の一部を隠して、全部を隠した気でいる様子」を表します。

 

例えば、
以下のように使います。

お菓子を隠れて食べたみたいだけど、食べかすがついているよ。頭隠して尻隠さずとはこのことだね。

この場合は要するに、
「お菓子を盗み食いしたことがバレバレだった」ということですね。

「頭隠して尻隠さず」は、このように
悪い出来事がバレてしまったような場合に使うと考えて下さい。

 

ポイントは、
本人は隠したつもりでいる」という点ですね。

このことわざは、
「周りからは気づかれているけども、本人は気づいていない」
という状況を表します。

なので、多くの場合
否定的な意味として使うのです。

頭隠して尻隠さずの語源・由来

 

ところで、このことわざは、
どの動物が元になってできたのでしょうか?

実は、「頭隠して尻隠さず」は、
キジ」という鳥の行動が由来です。

以下に、簡単な逸話を紹介しておきます。

ある時、狩人に追いかけれていたキジは、
草むらの中に身をひそめていた。

キジ「この草むらの中なら大丈夫だろう・・・」

ところが、いざ隠れる時には
頭を草に突っ込んだだけで尾っぽは丸見えであった

しかし、
キジはそのことに全く気づかず、隠れた気になっていた。

結果的に、尾が突き出ていたキジは
いとも簡単に狩人に捕らえれてしまったのである。

とまあ、こんな話です。

つまりこの話が元になり、
現在のことわざができたわけですね。

 

私たちの日常生活でも、このような現象はよくあるでしょう。

例えば、
かくれんぼ」をした時には
鬼から必死に隠れますよね。

でも、「頭」だけを隠しても「尻」が見えていては
すぐに鬼に見つかってしまいます。

同様に、物事は隠すところは
しっかりと全て隠さないといけないのです。

もちろん、悪いことまで隠してはいけませんがね。

スポンサーリンク

頭隠して尻隠さずの類語

頭隠して尻隠さず  類語

 

続いて、「頭隠して尻隠さず」の
「類語」も確認しておきましょう。

【雉の隠れ(きじのかくれ)】

キジが草の中に頭だけを隠し、尾が出ているのに気付かないこと。

【団子隠そうより跡隠せ(だんごかくそうよりあとかくせ)】

物事はつい見逃しそうな所から、思いがけず露見する。

隠れて団子を食べた時は、残った団子を隠すよりも
食べた跡を隠すべきことから。

【身を蔵し影を露わす(みをかくしかげをあらわす)】

欠点の一部は隠せるが、すべてを隠すことはできない。

体を隠したつもりでも、影は見えてしまうことから。

【柿を盗んで核を隠さず(かきをぬすんでかくをかくさず)】

悪事を働いた後に、証拠を隠しきれずにバレること。

柿を盗んで食べておきながら、
肝心の種(核)を隠さないことから。

以上、4つのことわざを紹介しました。

共通しているのは、「物事の全てを隠せない」という点ですね。

 

また、似たような言い方だと
頭隠して尾を出す」「頭隠して尻を出す」などもあります。

これらのことわざは、
「頭隠して尻隠さず」の同義語だと考えて下さい。

一般的な言い方だと、
バレる・露見する」などの言葉が
分かりやすいのではないでしょうか?

頭隠して尻隠さずの英語

 

続いて、英語訳です。

「頭隠して尻隠さず」は、
「英語」だと次のように言います。

 

The foolish ostrich buries his head in the sand and thinks he is not seen.

「foolish」は「愚かな」「ostrich」は「ダチョウ」
「buries」は「bury(~を埋める)」の複数形、そして、「sand」は「砂」を意味します。

 

以上のことから、

愚かなダチョウが頭を砂に入れ、見つからないと思っている

という訳になります。

 

日本のことわざの場合、由来となったのはキジでした。

しかし、
英語の場合はキジではなくダチョウで表します。

どちらも「鳥」という共通点はありますが、
この場合はたまたま鳥だったと考えるのが妥当でしょう。

 

また、その他の言い方としては、
次のような表現もできます。

Protect yourself at all points.
(あなた自身の全てを守りなさい。)

裏を返せば、
「(全てを守れていないので)守れ!」
ということですね。

スポンサーリンク

頭隠して尻隠さずの使い方・例文

 

では、最後に「頭隠して尻隠さず」
の例文を紹介しておきます。

 

  1. 食い逃げした客の免許証が残っていた。まさに頭隠して尻隠さずだね。
  2. 頭隠して尻隠さず」では困ります。詰めを甘くしないように。
  3. 彼らは否定しているけど、証拠がある。頭隠して尻隠さずだ。
  4. 頭隠して尻隠さず。口裏を合わせただけじゃ、ごまかせなかったね。
  5. 口にアイスがついているのに食べていないだと?頭隠して尻隠さずだよ。
  6. やっぱり企業内の悪事が暴かれた。頭隠して尻隠さずですよ。

 

用例としては、
日常生活から堅い場面まで幅広く使われています。

ただ、いずれの場合も基本は
否定的な意味で使うと考えてください。

具体的に言うと、

「隠した気でいる人の愚かさをバカにする」

「視野が狭い人の不器用さを指摘する」

「その場しのぎの浅はかさに幻滅する」

といった感じです。

 

「何かの秘密がバレる」ということは、どんな状況でも起こり得ます。

しかし、「頭隠して尻隠さず」の「尻」は、
本来隠さなければいけない大事な箇所です。

したがって、周りから指摘されないように
ちゃんと隠さなければいけないのです。

関連:>>頭をもたげるの意味とは?語源や例文・類語を解説

まとめ

 

以上、今回の内容をまとめると

頭隠して尻隠さず」=悪事や欠点の一部を隠して、全部を隠した気でいる様子。

由来」=キジが草むらに隠れる時に、頭を突っ込んだだけで尾は丸見えだったため。

類語」=「雉の隠れ・団子隠そうより跡隠せ・身を蔵し影を露わす・柿を盗んで核を隠さず」など。

英語」=「The foolish ostrich buries his head in the sand and thinks he is not seen.」

ということでした。

 

言葉の意味だけを読み取ると、
「自分はそんなミスはしない!」と思うでしょう。

しかし、人生何が起こるか分かりません。

今後の予防策のために、このことわざを
一つの教訓としてみてはどうでしょうか?

スポンサーリンク