この記事の読了時間: 449

 袖の下の意味とは 使い方 由来 類語

 

袖の下」という慣用句があります。

よく言われるのが、
袖の下を贈る」「袖の下を渡す」などの表現ですね。

初めて聞いただけだと、
なかなかイメージがつかない言葉かと思います。

今回は、
「袖の下」の意味や由来について分かりやすく解説しました。

さっそく、確認していきましょう。

スポンサーリンク

袖の下の意味

 

まずは、この言葉の意味です。

【袖の下(そでのした)】

人目につかないように袖の下から贈る物。内密に贈る品物や金銭。そでした。わいろ。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

袖(そで)の下」とは、
人目につかないように贈る品物や金銭のこと」を言います。

 

例えば、以下のような使い方です。

彼はプロデューサーにえらく気に入られてるね。まさか、袖の下を渡してないだろうね?

この場合は、
「彼がこっそり品物や金銭をあげているかもしれない」
ということですね。

 

具体的には、

  • 「おみやげをこっそり渡す」
  • 「お菓子をこっそり渡す」
  • 「金品その物を裏で与える」

といった行為です。

 

このように、
相手に対してそっと品物(金銭)を渡すような時
「袖の下」を使うと考えてください。

多くは、目上の人へこびを売ったり
ごまをすったりするような場面で使います。

なので、逆の言い方をすれば、
「目下の人には使わない言葉」
と思っていただいても構いません。

袖の下の由来

 

「袖の下」の由来は諸説ありますが、
着物の袖の下」という説が有力です。

「着物」では、両腕を覆う下の部分を「袖(そで)」と呼びます。

場所的には、
「二の腕の下のあたり」ですね。

 

私たちが普段着るYシャツなども、
「そでをまくる」などと言いますよね?

衣服では、
二の腕を覆う部分を「そで」と言うのです。

 

話を戻しまして、
「着物の下」にはちょっとした品物なら
隠せるくらいのスペースがあります。

そのため、
昔の役人が「賄賂(わいろ)」を隠して渡す時に
大変都合のいい場所だった
のです。

このことから、
袖の下」=「内密に贈る品物や金銭
を表す言葉になったと言われています。

 

現代では、隠し物を渡す時は、
バッグやポケットに隠すのが普通でしょう。

しかし、
当時は「着物の下に隠す」のが一般的だったわけですね。

スポンサーリンク

袖の下の類語

袖の下 類語

続いて、「袖の下」の
「類語」を紹介します。

【賄賂(わいろ)】

不正な目的で贈る金品。

【まいない】

神への捧げ物や人に贈る金品。

※「やや古い言い方」

【裏金(うらがね)】

取引が上手く行くように、裏で支払うお金。

【鼻薬(はなぐすり)】

ちょっとした賄賂 (わいろ) 。

※「鼻の病気に使う薬」ではない。

4つ類語を紹介しましたが、いずれも共通しているのは、
裏でひっそりと渡す金品」という意味ですね。

この中でも特に、
賄賂」と「裏金」は使われやすいので、
覚えておくとよいでしょう。

どちらも、政治家や役人などが、
こっそりお金をもらうような時に使います。

イメージ的には、
「やらしいお金」と言った感じですね。

 

ちなみに、
最後の「鼻薬」は江戸時代にできた言葉で
お菓子」という意味です。

鼻を鳴らして泣く子供をなだめるお菓子だったため、
「鼻薬」と名付けられました。

袖の下の英語

 

続いて、「英語訳」です。

「袖の下」は、
「英語」だと次のように言います。

 

money under the table

 

直訳すると、
「机の下のお金」という意味です。

 

欧米人には、
「着物を着る」という文化がありません。

代わりに、
「机の下」という見えない場所で、
相手へ金品を受け渡すわけですね。

 

ちなみに、「賄賂」は
英語だと「bribe」と言います。

例文だと、以下のような言い方です。

She admitted she had taken bribes.
(彼女は賄賂を受け取っていたことを認めた。)

簡易的な表現ならば、こちらを使ってもよいですね。

スポンサーリンク

袖の下の使い方・例文

 

では、最後に「袖の下」の使い方を
例文で確認しておきましょう。

 

  1. 袖の下で送ることで、恩恵を受けていた役人が逮捕されたようだ。
  2. 今でも、袖の下を公然と要求する政治家はいるだろう。
  3. 袖の下を渡すことで、隠密に事を進めることができたね。
  4. 関所を通るために、門番に袖の下を握らせよう。
  5. 袖の下を通すことにより、裏口入学を許可されたようだ。
  6. 政治家と官僚は、お互いが袖の下を贈るズブズブの関係だ。
  7. 手術当日に、医師にこっそりと袖の下を贈った。

 

「袖の下」は、
原則として悪い意味で使うと考えてください。

いつの時代も、政治家や役人は
賄賂をもらって逮捕されてきました。

現在でも、それを題材にした
ニュースが頻繁に報道されていますよね。

なので、この言葉は
ネガティブな使い方をするのです。

 

また、最後の例文も解説しておくと、
この場合は医者と患者(家族)との間で「袖の下」が使われています。

昔から「医者にお金を渡すと、いい治療が受けられる」
という風習があったようです。

真偽については不明ですが、
「お金を渡すことにより、少しでもうまく手術を成功させてほしい」
という患者側の願いだと思われます。

もちろん、医者によっても、
「受け取る人」と「受け取らない人」がいるそうですね。

 

いずれにせよ、「袖の下」は
あまりクリーンな意味では使わない言葉です。

もしもこの言葉を使う時は、
しっかりと場面に適したシーンを選ぶようにしましょう。

関連:>>無い袖は振れないの意味は?語源や使い方・類語を解説

まとめ

 

以上、今回の内容をまとめると、

袖の下」=人目につかないように贈る、品物や金銭。

由来」=着物の下(そで)は、金品をうまく隠せることから。

類語」=「賄賂・まいない・裏金・鼻薬」など。

「英語」=「money under the table」「bribe」

となります。

 

「袖の下」は、普段着物を着ない人からすると、
あまり実感のわかない言葉かもしれません。

ですが、一つの慣用句として
勉強になったのではないでしょうか?

 

スポンサーリンク