この記事の読了時間: 530

舌先三寸 意味 短文 語源 類語

 

世の中には、
「話が上手い人・弁が巧みな人」
というのがいますよね?

誰しも一度は
「話のうまさにだまされた!」
という経験はあるかと思います。

舌先三寸」とは、そのような
相手をだましたりする時に使う言葉です。

 

一体どのような意味なのでしょうか?

さっそく、確認していきましょう。

スポンサーリンク

舌先三寸の意味

 

まずは、
基本的な意味です。

【舌先三寸(したさきさんずん)】

口先だけの巧みな弁舌。うわべだけのうまい言葉で、心や中身が備わっていないこと。

出典:新明解四字熟語辞典(三省堂)

舌先三寸」は
したさきさんずん」と読みます。

よくある読み間違えとして
したさきさん」がありますので気をつけましょう。

 

意味としては、
口先だけが上手いこと・うわべだけの上手い言葉のこと
を言います。

 

例えば、
以下のような使い方です。

ウチの母が、高額なツボを買わされたみたいだ。舌先三寸で丸め込まれたらしいよ。

この場合は、
「販売員の巧みな話術によって、ツボを買ってしまった」
ということですね。

 

「舌先三寸」は、
「多くの場合悪い意味で使う」と考えてください。

具体的には、
ズル賢い人にだまされたり
話が上手い人に言いくるめられたり

といったケースですね。

 

したがって、イメージ的には
舌先三寸な人」=「詐欺師」「ペテン師
などと考えると分かりやすいでしょう。

舌先三寸の語源

 

「舌先三寸」の語源は、
どこからきているのでしょうか?

 

「舌先」というのは、文字通り
舌の先っぽのこと」です。

そして、「三寸」とは
長さのこと」を意味します。

 

日本古来からある「尺貫法」という測り方だと、
一寸(いっすん)」=「約3センチ
という定義があります。

つまり、
三寸」とは「約9センチほどの長さ
を意味するわけです。

 

なので、「舌先三寸」を直訳すると
「約9センチの小さな舌」ということになります。

ここから、「小さな舌」⇒「中身や内容が伴わない
⇒「口先だけうまいことを言う
という意味に変わったわけですね。

 

ちなみに、
人間の舌の長さは約7センチが平均です。

したがって、厳密に言うならば、
9センチの舌は小さいサイズには該当しません。

 

ではなぜこの四字熟語が広まったかというと、
」は昔から小さなものの例えとして使われていたから
だと言われています。

例えば、
「一寸先は闇」「一寸の虫にも五分の魂」など
「寸」が入った言葉は他にもありますよね?

これと同様に、
「舌先三寸」も「三寸」という言葉が一人歩きし、
いつのまにか小さな舌を例えるようになったわけですね。

スポンサーリンク

口先三寸・胸三寸との違い

 

「舌先三寸」と間違えやすい言葉として
口先三寸」があります。

結論から言うと、
このような言葉は存在しません。

 

文化庁が発表したデータによると、

正しい方の「舌先三寸」を選択した人が23.3
間違った方の「口先三寸」を選択した人が56.7%だそうです。

 

単純計算だと、
日本人の2人に1人以上も
間違えていることになりますね。

「口先」という言葉自体は、
「舌先」よりも比較的よく使われています。

そのため、
多くの人が混同しているわけですね。

 

仮に「口先三寸」だと、
「口の先が約9センチ」という
よく分からない意味になってしまいます。

なので、いずれにせよ
完全に間違った言葉だと思って頂いて構いません。

 

また、「胸三寸(むねさんずん)」とは、
胸の中・心の中の考え」という意味です。

使い方としては、
「胸三寸に納める」のように言いますね。

主に自分の考えを心の中に秘めるような時に使います。

 

ちなみに、
「胸先三寸」という言葉も存在しません。

これは、
「舌先三寸」と「胸三寸」が
混ざって使われた誤用ですね。

間違って使わないようにしましょう。

舌先三寸の類語

舌先三寸 類語

 

続いて、「類語」です。

「舌先三寸」の
「類語」は以下の通りです。

【冗舌(じょうぜつ)】

口数が多いこと。おしゃべり。

【巧言(こうげん)】

巧みな言葉。口先が上手いこと。

【舌三寸(したさんずん)】

⇒「舌先三寸」と同じ意味。

【口達者(くちたっしゃ)】

口が上手い人。よくしゃべる人。

【口巧者(くちごうしゃ)】

口先が上手い人。また、その様子。

【二枚舌(にまいじた)】

矛盾したことを平気で言うこと。うそをつくこと。

いずれの言葉も
口がうまい・口先が達者
などの意味が共通していますね。

弁舌のうまさを表した言葉であれば、
基本的に類語と呼べるでしょう。

 

逆に、対義語としては
訥弁(とつべん)」が挙げられます。

「訥弁」とは、
「なめらかでないしゃべり方」という意味です。

こちらは、
口下手な人に対して使う言葉だと思ってください。

舌先三寸の英語

 

続いて、
「英語訳」です。

「口先三寸」は、
「英語」だと次のように言います。

 

glib tongue

 

「glib」は「うわべだけの」
「tongue」は「舌」という意味です。

転じて、
「glib tongue」=「口達者・口が軽い」
という意味になるわけです。

 

例文だと、
以下のような感じです。

She has a glib tongue.(彼女は口先三寸である)

That entertainer has got a glib tongue.
(あの芸人は口先三寸である。)

スポンサーリンク

舌先三寸の使い方・例文

 

では、「舌先三寸」の使い方を
例文で確認しておきましょう。

 

  1. 彼は舌先三寸で詐欺師のような男だ。
  2. 舌先三寸の巧みな話術にだまされてしまった。
  3. 営業マンの舌先三寸の言葉に丸め込まれる。
  4. 舌先三寸でごまかせるほど、相手はバカではない。
  5. 舌先三寸の言葉に惑わされず、自分で判断しよう。
  6. 彼女の発言は舌先三寸で有名なので、信用できない。

 

用例としては、
ビジネスから日常生活まで
幅広く使われていますね。

 

「舌先三寸」は、
古来から伝えられている四字熟語です。

言いかえれば、昔も今も
言葉だけが上手い人は一定数存在する
ということですね。

昔の人から受け継がれた言葉には、
大事なメッセージが残っています。

したがって、「舌先三寸」はこの先の時代も
ずっと使われていく四字熟語だと言えるでしょう。

まとめ

 

いかがでしたか?

 

内容を簡単にまとめると、

口先三寸」=口先だけが上手いこと。うわべだけの上手い言葉のこと。

語源」=「三寸ほどの小さな舌」は、中身や内容が伴わないため。

類語」=「冗舌・巧言・口達者・口巧者・二枚舌」など。

誤用」=「口先三寸・胸先三寸

ということでした。

 

なかなか面白い語源だったかと思います。

間違いやすい似た言葉もあるので、
しっかりと頭の中で整理しておきたいですね。

では、今回は以上です!

スポンサーリンク