この記事の読了時間: 545

舌先三寸 意味 短文 語源 類語

 

舌先三寸」という四字熟語をご存知ですか?

使い方としては、
舌先三寸口八丁」などと言いますね。

「口先」という言葉は聞いたことがありますが、
「舌先」が何を指しているのか分かりにくいかと思います。

そこで今回は、
「舌先三寸」の意味や語源・短文などを簡単に解説しました。

さっそく、確認していきましょう。

スポンサーリンク

舌先三寸の意味・読み方

 

まずは、基本的な意味と読み方です。

【舌先三寸(したさきさんずん)】

口先だけの巧みな弁舌。うわべだけのうまい言葉で、心や中身が備わっていないこと。

出典:新明解四字熟語辞典(三省堂)

舌先三寸」は「したさきさんずん」と読みます。

よくある読み間違えとして
「したさきさんすん」があります。

正しくは「さんん」ですので気をつけましょう。

 

意味としては、
口先だけが上手いこと・うわべだけの上手い言葉のこと」などを言います。

例えば、以下のような使い方です。

実家の母が高額なツボを買わされたみたいだ。舌先三寸で丸め込まれたらしいよ。

この場合は、
「販売員の巧みな話術によって、ツボを買ってしまった」ということですね。

「舌先三寸」はこのように、
良くない意味として使う四字熟語だと考えてください。

具体的には、ズル賢い人にだまされたり
話が上手い人に言いくるめられたり
といったことですね。

イメージ的には
舌先三寸な人」=「詐欺師」「ペテン師
などと考えると分かりやすいでしょう。

 

補足すると、「舌先三寸」は略して
舌三寸」と言うこともあります。

できればこのことも覚えておくとよいですね。

舌先三寸の語源・由来

 

次に、この言葉の語源を確認していきます。

 

まず「舌先」というのは、文字通り
舌の先っぽのこと」です。

そして、「三寸」とは
約9センチの長さ」を意味します。

日本古来からある「尺貫法」という測り方だと、
一寸(いっすん)」=「約3センチ」という定義があります。

なので、
三寸」とは「約9センチほどの長さ」を意味するわけです。

 

つまり、「舌先三寸」を直訳すると
「約9センチの小さな舌」ということになります。

ここから、「小さな舌」⇒「中身や内容が伴わない
⇒「口先だけうまいことを言う」という意味に変わっていったと言われているのです。

 

ちなみに、
人間の舌の長さは約7センチが平均です。

したがって、厳密に言うならば、
9センチの舌は小さいサイズには該当しません。

 

ではなぜこの四字熟語が広まったかというと、
」は昔から小さなものの例えとして使われていたから
だと言われています。

例えば、
「一寸先は闇」「一寸の虫にも五分の魂」など
「寸」が入った言葉は他にもありますよね?

これと同様に、
「舌先三寸」も「三寸」という言葉が一人歩きし、
いつのまにか小さな舌を例えるようになったわけです。

スポンサーリンク

口先三寸・胸三寸との違い

 

ところで、「口先三寸」と似た言葉で
「口先三寸」と「胸三寸」があります。

まず「口先三寸」ですが、結論から言いますと
口先三寸」という言葉は存在しません

 

文化庁が発表したデータによると、
正しい方の「舌先三寸」を選択した人が23.3
間違った方の「口先三寸」を選択した人が56.7%だそうです。

単純計算だと、日本人の2人に1人以上も
間違えていることになりますね。

「口先」という言葉自体は、
「舌先」よりも比較的よく使われています。

そのため、多くの人が混同しているのでしょう。

 

仮に「口先三寸」だと、
「口の先が約9センチ」という
よく分からない意味になってしまいます。

なので、いずれにせよ
完全に間違った言葉だと思ってください。

 

また、「胸三寸(むねさんずん)」ですが、
こちらは正式に存在することわざ(慣用句)です。

「胸三寸」とは、
胸の中・心の中の考え」という意味です。

使い方としては、
「胸三寸に納める」のように言いますね。

主に自分の考えを心の中に秘めるような時に使います。

 

ちなみに、
「胸先三寸」という言葉も存在しません。

これは、
「舌先三寸」と「胸三寸」が混ざって使われた誤用ですね。

間違って使わないようにしましょう。

舌先三寸の類語・対義語

舌先三寸 類語

 

続いて、「舌先三寸」の類語を紹介します。

【冗舌(じょうぜつ)】

口数が多いこと。おしゃべり。

【巧言(こうげん)】

巧みな言葉。口先が上手いこと。

【口八丁(くちはっちょう)】

口先を巧みに使いこなすこと。

【口達者(くちたっしゃ)】

口が上手い人。よくしゃべる人。

【口巧者(くちごうしゃ)】

口先が上手い人。また、その様子。

【二枚舌(にまいじた)】

矛盾したことを平気で言うこと。うそをつくこと。

いずれの言葉も
口がうまい・口先が達者
などの意味が共通していますね。

3つ目の「口八丁」については簡単に補足をしておきましょう。

「八丁」とは、「八つの道具を巧みに使いこなすこと」を意味します。

このことから、「口八丁」=「口が達者」という意味になったと言われています。

現在では、「舌先三寸口八丁」などのように
両者を合わせて使うことも多いです。

 

では逆に「対義語」は何があるかと言うと、
訥弁(とつべん)」です。

「訥弁」とは、
「なめらかでないしゃべり方」という意味です。

こちらは主に、
口下手な人に対して使う言葉だと思ってください。

舌先三寸の英語訳

 

続いて、「英語訳」です。

「口先三寸」は「英語」だと次のように言います。

 

glib tongue

 

「glib」は「うわべだけの」
「tongue」は「舌」という意味です。

両者を合わせることで、
「glib tongue」=「口達者・口が軽い」
という意味になるわけです。

 

例文だと、以下のような言い方です。

She has a glib tongue.(彼女は口先三寸である)

That entertainer has got a glib tongue.(あの芸人は口先三寸である。)

スポンサーリンク

舌先三寸の使い方・例文

 

では、最後に「舌先三寸」の使い方を
例文で確認しておきましょう。

 

  1. 彼は舌先三寸で詐欺師のような男だ。
  2. 舌先三寸の巧みな話術にだまされてしまった。
  3. 営業マンの舌先三寸の言葉に丸め込まれたね。
  4. 舌先三寸でごまかせるほど、相手はバカではないよ。
  5. 舌先三寸の言葉に惑わされず、自分で判断しよう。
  6. 彼女の発言は舌先三寸で有名なので、信用できない。

 

用例としては、
ビジネスから日常生活まで幅広く使われていますね。

世の中には、
「話が上手い人・弁が巧みな人」が必ずいます。

誰しも一度は
「話のうまさにだまされた!」という経験はあるかと思います。

「舌先三寸」とは、そのような
相手にだまされたりする時に使う言葉だと考えて下さい。

関連:>>牛飲馬食の意味とは?使い方や例文・語源を解説

まとめ

 

以上、内容を簡単にまとめると、

口先三寸」=口先だけが上手いこと。うわべだけの上手い言葉のこと。

語源」=「三寸ほどの小さな舌」は、中身や内容が伴わないため。

類語」=「冗舌・巧言・口達者・口巧者・二枚舌」など。

誤用」=「口先三寸・胸先三寸

ということでした。

 

なかなか面白い語源だったかと思います。

間違いやすい似た言葉もあるので、
しっかりと頭の中で整理しておきたいですね。

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

国語力アップ.com管理人

大学卒業後、国語の講師・添削員として就職。その後、WEBライターとして独立し、現在は主に言葉の意味について記事を執筆中。 【保有資格】⇒漢字検定1級・英語検定準1級・日本語能力検定1級など。

最新記事 by 国語力アップ.com管理人 (全て見る)