この記事の読了時間: 519

鳩が豆鉄砲を食ったよう 意味は 使い方 類語 由来

 

鳩が豆鉄砲を食ったよう
という言葉を聞いたことがありますか?

 

鳩は平和の象徴と言われていますね。

それに普段からよく見かける身近な鳥でもあります。

でも、実際に
鳩が豆鉄砲を食った場面に出くわしたことがある人は
なかなかいないと思います。

そこで今回は、
このことわざについて詳しく解説しました。

さっそく、確認していきましょう。

スポンサーリンク

鳩が豆鉄砲を食ったようの意味

 

まずは、
基本的な意味です。

【鳩が豆鉄砲を食ったよう(はとがまめでっぽうをくったよう)】

突然のことに驚いて目を丸くするさま。あっけにとられるさま。

出典:三省堂 大辞林

鳩が豆鉄砲を食ったよう」とは、
突然のことにびっくりして、あっけにとられる様子」を言います。

例えば、以下のような使い方です。

突然の誕生日サプライズに、彼はまるで鳩が豆鉄砲を食ったようだった。

この場合は、
「彼が想定外の出来事を受けて、驚いている様子」
ということですね。

誰かのサプライズに驚いて、
あっけにとられる人というのは見たことがあるかと思います。

その時の表情を思い出してもらえれば、
分かりやすいのではないでしょうか?

 

ちなみに、
このことわざでの「食う」とは
食べる」という意味ではありません。

受ける・こうむる」という意味です。

誤解しやすいので気を付けて下さい。

鳩が豆鉄砲を食ったようの由来

 

次に、由来を確認していきましょう。

 

このことわざは、
豆鉄砲で撃たれた鳩が、あっけにとられる様子
からできたものです。

 

「鉄砲」と聞くと、何だか怖い感じがしますよね?

「まして鳩を撃つなんて・・・」
と思う方もいるかもしれません。

ですが、ご安心ください。

 

豆鉄砲」というのは、本物の鉄砲のことではありません。

弾ではなく、鳩の大好物である豆を入れて撃つ竹のおもちゃです。

そのため、鳩が豆鉄砲で撃たれても
実際にはそこまで大きな衝撃はないと考えてください。

 

とはいえ、撃たれた鳩は
突然の出来事にびっくりしますよね。

そして、目の前には大好物である豆が転がっています。

どうしていいかわからずに、
目を丸くする鳩の顔が目に浮かびませんか?

 

このことから、
あっけにとられる様子・キョトンとする様子
を意味することわざが生まれたのです。

何の前触れもなく、思いがけないことが起きると、
状況がつかめず戸惑うのは鳩も私たちも同じですね。

スポンサーリンク

鳩が豆鉄砲を食ったようの類語

鳩が豆鉄砲を食ったよう 類語

 

続いて、
「鳩が豆鉄砲を食ったよう」の
「類語」をご紹介します。

【面食らう(めんくらう)】

どうしていいかわからず、思い迷う様子。

【寝耳に水(ねみみにみず)】

不意の出来事に驚く様子。

【目が点になる(めがてんになる)】

あきれ返り驚いた表情になること。

【二の句が継げない(にのくがつげない)】

驚いて、次に言うべき言葉が出てこない。

全部で4つ紹介しました。

突然の出来事への驚き」それから、「何を言うべきか、どう行動すべきかがわからない

という意味の語が「類語」となりますね。

 

ことわざや慣用句には、
「驚き」をあらわすものが数多くあります。

その中でも、あわてふためく様子より、
思考や動きが止まってしまうイメージのものが
「類語」だと考えてください。

 

なお、「鳩に豆鉄砲」「豆が鳩鉄砲を食ったよう
などの言い方をする場合もあります。

前者は正しい使い方なので、
全く同じ意味だと思って頂いて構いません。

 

一方で、後者の「豆が鳩鉄砲を食ったよう」は、
「鳩」と「豆」を入れ替えた造語(誤用)です。

一種の言葉遊びのようなものですね。

こちらは正しい使い方ではないなので注意してください。

鳩が豆鉄砲を食ったようの英語

 

続いて、英語訳です。

「鳩が豆鉄砲を食ったよう」は、
「英語」だと次のように言います。

 

blank look(ぽかんとした顔)」

dumbfound(ものが言えないほどびっくりさせる)」

 

「blank」は、顔などに対して
「ぽかんとした・無表情の」という意味、

そして、「look」には「顔つき・容貌」
といった意味があります。

 

例文だと、
以下のような言い方です。

He gave her a blank look.(彼は彼女にぽかんとした顔をした。)

She is dumbfounded.(彼女は呆然としている。)

 

「dumbfound」は、「びっくりさせる」という意味の動詞ですが、
「びっくりさせられる」と受け身で使うときは「dumbfounded」という形容詞になります。

 

ちなみに、

like a duck in thunder」(雷が鳴っているときのあひるのよう)

という表現もあります。

動物や状況は違えど、似たような例えが英語にもあるのですね。

スポンサーリンク

鳩が豆鉄砲を食ったようの使い方・例文

 

では最後に、「鳩が豆鉄砲を食ったよう」
の使い方を例文で確認しましょう。

 

  1. 結婚の報告を聞いて、両親は鳩が豆鉄砲を食ったような顔をした。
  2. 突然の訪問に、彼は鳩が豆鉄砲を食ったような表情になった。
  3. まるで鳩が豆鉄砲を食ったような様子でこちらを見てきたね。
  4. サプライズをした時、彼女は鳩が豆鉄砲を食ったような顔をしていたよ。
  5. そんなに驚くなんて、鳩に豆鉄砲とはまさにあなたのことですね。
  6. 鳩が豆鉄砲を食ったように、キョトンとしているけどどうしたんだい?

 

このように、
「何かに驚いたり、あっけにとられている人」に対して使います。

例文を見てみると、
使える場面は身近によくありそうですね。

しかし、使うときには注意も必要です。

 

このことわざは、
「鳩にいたずらをして驚かせたこと」からできたものでした。

そのため、
「驚いた相手をからかったり面白がる」という意味も多少含まれています。

したがって、
自分と同格の人もしくは目下の人に対して使うのが適切
と言えるのです。

逆に言えば、
目上の人に対しては使わない言葉だと思ってください。

「失礼な人だな」と思われないように、
使う相手にはくれぐれも気をつけるようにしましょう。

まとめ

 

では、今回のまとめです。

 

鳩が豆鉄砲を食ったよう」=突然のことに驚いて、あっけにとられるさま。

由来」=突然豆鉄砲で撃たれた鳩が、どうしていいかわからず目を丸くしたことから。

類語」=「面食らう・寝耳に水・目が点になる・二の句が継げない」など。

英語」=「blank look」「dumbfound」

 

冒頭で
「鳩が豆鉄砲を食う場面に出くわしたことがある人はなかなかいない」
と言いました。

しかし、意味や使い方を見ていくと
意外にも私たちの日常に近い言葉でしたね。

相手と場面に注意しながら、
ぜひ今後の生活で使ってみてはいかかでしょうか?

スポンサーリンク