この記事の読了時間: 541

悦に入る 読み方 意味 使い方 例文

 

悦に入る」という言葉があります。

この慣用句の「読み方」や「由来」が気になる人が多いようですね。

また、似たような言葉で「悦に浸る」も目にしますが、
「入る」と「浸る」との違いも気になる所です。

 

今回は、多くの人が知っていそうで知らない
「悦に入る」について詳しく解説しました。

さっそく、確認していきましょう。

スポンサーリンク

悦に入るの読み方と意味

 

まずは読み方ですが、
悦に入る」は「えつにいる」と読みます。

よく間違われる読み方として、
えつにはいる」がありますので気をつけて下さい。

「はいる」ではなく、「いる」と読むようにしましょう。

 

そして、意味です。

【悦に入る(えつにいる)】

事がうまく運び、満足して喜ぶ。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

悦に入る」とは、
物事がうまくいき、満足して喜ぶこと」を言います。

この場合の「喜ぶ」とは、
誰かにほめられた時の喜びではなく、
自分で何かを達成したことによる喜びだと思ってください。

つまり、
「自己満足」や「自己完結」といったイメージですね。

 

例えば、コックさんであれば、
自分が作った料理の味がおいしければ満足するはずです。

また、大工さんであれば、
自分が作った家の完成度が良ければ、喜びを感じるでしょう。

このように、「悦に入る」とは、
自分自身が達成した喜びに対して使う表現なのです。

悦に入るの語源・由来

 

次に、「悦に入る」の語源を確認していきましょう。

 

まず、「」という字に注目してみると、
「悦」の左側は「りっしんべん」と言い、「」を表す象形文字です。

そして、右側の上の部分は「」を、
右側の下の部分は「」を表しています。

 

すなわち、「悦」という字は
人が口で祈(いの)ることによって、心の不安が消えて喜ぶ
という意味を持っているのです。

 

一方で、「悦に入る」の「入る」は、
文字通り「どこかに入る」という意味です。

これは、普段から使われているように、
「家の中に入る」「水の中に入る」などと同じイメージですね。

 

以上、まとめると、
悦に入る」=「心の不安が消えて、中に入るように喜ぶこと」となります。

 

つまり、「悦に入る」は
外側へ喜びを発散させるのではなく、
心の中で喜びをかみしめる様な場合に用いられるのです。

よく誰にも分からないように、
嬉しそうにニヤニヤしている人を見かけますが、
「悦に入る」はまさにそのようなイメージだと思ってください。

 

場合によっては、周りがその人の喜びに気づかないことすらある。

それが、「悦に入る」という表現なのです。

スポンサーリンク

悦に浸るは誤用?

 

ところで、「悦に入る」をネットで検索すると、
悦に浸(ひた)る」という言葉も出てきます。

結論から言いますと、「悦に浸る」は誤用です。

このような言葉は存在しませんので、
間違っても使わないようにしてください。

 

では、なぜ「悦に浸る」という表現をよく目にするのでしょうか?

その理由は、
「喜びに浸る」と混同している人が多いからだと思われます。

「喜びに浸る」は、実際に使われている正しい慣用句です。

そのため、両者をごっちゃにしているわけですね。

 

すでに説明したように、
「悦」は「心の不安が消えて、喜ぶ」という意味なので、
心の内側へとベクトルが向いていく言葉です。

「浸る」だと、外側に向いてしまうので、
こちらは使わないようにしましょう。

悦に入るの類語

悦に入る 類語

 

続いて、「悦に入る」の類語を紹介します。

【ほくそ笑む】

思い通りになったことに満足し、一人ひそかに笑う。

【自己満足する】

自分の心の中だけで満足する。

【満悦(まんえつ)する】

満足して喜ぶ

「ご満悦」という言葉があるように、
心が満ちるほど喜ばしいときに使われます。

【喜悦(きえつ)】

心から喜ぶこと。

「心の中で喜ぶ」という点が、
「悦に入る」と共通しています。

【勝ち誇る】

勝負に勝って満足する。

「満足する」という意味が、
「悦に入る」と共通しています。

以上が、「類語」となります。

この中でもよく使われるのが、
ほくそえむ」ですね。

「ほくそえむ」も同じように、
「一人ひそかに喜ぶ様子」を意味します。

誰にも悟られないように、
「ふん・・やったぜ。」「よし・・・やった。」
のようにひそかに喜ぶ様子がまさに「悦に入る」と同じですね。

悦に入るの英語

 

続いて、英語訳です。

「悦に入る」、は英語だと次のように言います。

 

to be pleased with oneself

 

直訳すると、
「自分自身の中で喜ぶ」という意味になります。

また、少し難しい単語だと「gloat」なども使えます。

「gloat」とは、「ほくそえむ」という意味の動詞です。

こちらも同じように「悦に入る」の英語表現として使えます。

 

では、以下にそれぞれの例文を紹介しておきましょう。

She seems to be satisfied with herself.(彼女は一人、悦に入っているように見える。)

He gloated over his rival’s failure.(彼はライバルの失敗に対し、ひそかにほくそえんだ。)

スポンサーリンク

悦に入るの使い方・例文

 

最後に、「悦に入る」の使い方を
実際の例文で紹介しておきます。

 

  1. 納得のいくプラモデルが完成したため、一人悦に入った。
  2. 彼は自分の仕事ぶりに満足したのか、悦に入っていた。
  3. 今日は終始いい流れであったため、対局中にもかかわらず、一人悦に入ってしまった。
  4. プロ野球の開幕戦に勝っただけで、「今年は優勝できる」と悦に入るのはあまりに早すぎる。
  5. 彼女は自撮り写真をうまくとれたため、悦に入った表情をしている。
  6. よほどよい出来だったのか、その料理人は一人悦に入っていた。
  7. 彼女はみんなに対して愛想がいいが、そんな彼女に対して彼はニタニタと悦に入った表情をしていた。

 

「悦に入る」は、
喜んだり満足したりするときに使われる慣用句です。

したがって、
基本的にはポジティブな場面で使うことが多いと考えて下さい。

この言葉が使われたときは、その人にとって
何かしらハッピーな出来事があったと考えて問題ありません。

 

ただし、一人よがりな自己満足であったり、
勘違いした喜びを強調したりするような場合は、
ネガティブな場面で使います。

例えば、最後の7の例文です。

この場合は、みんなに愛想のいい彼女に対して
一人よがりな自己満足をしている彼を
皮肉った文章となっています。

「悦に入る」は、このように、
皮肉をこめて使われる場合もあると覚えておきましょう。

関連:>>堂に入るの意味とは?使い方や例文・語源を解説

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

 

今回の内容をまとめると、

悦に入る」=物事がうまくいき、満足して喜ぶこと。

語源」=「心の不安が消えて、中に入るように喜ぶこと」から。

誤用」⇒「悦に浸る

類語」=「ほくそえむ・自己満足する・満悦する・勝ち誇る」など。

英語」=「to be pleased with oneself」「gloat」

ということでしたね。

 

「悦に入る」はよく使われるだけに、誤用も多い慣用句です。

この記事をきっかけに、
ぜひ正しい使い方をして頂ければと思います。

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

国語力アップ.com管理人

大学卒業後、国語の講師・添削員として就職。その後、WEBライターとして独立し、現在は主に言葉の意味について記事を執筆中。 【保有資格】⇒漢字検定1級・英語検定準1級・日本語能力検定1級など。

最新記事 by 国語力アップ.com管理人 (全て見る)