この記事の読了目安: 527

初志貫徹 意味 例文 使い方 類語 英語

 

座右の銘やスローガンとして使われる四字熟語があります。

一般的には、「初志貫徹を貫く」
初志貫徹する」などと言いますね。

最近では、受験の目標やスピーチの言葉としても使われているようです。

このように、普段からよく聞く「初志貫徹」ですが、
一体どのように使えばよいのでしょうか?

さっそく、確認していきましょう。

スポンサーリンク

初志貫徹の意味・読み方

 

まずは、基本的な意味と読みです。

【初志貫徹(しょしかんてつ)】

初めに心に決めた志を最後まで貫き通すこと。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

初志貫徹(しょしかんてつ)」とは、
最初に心に決めた志を貫き通すこと」を言います。

 

例えば、次のように使います。

司法試験にやっと受かることができた。見事に初志貫徹を果たしたよ。

この場合はつまり、
「司法試験の合格という最初の目標を貫き通した」
ということですね。

具体的には、

  • 当初の気持ちを忘れずに努力した
  • 毎日コツコツと地道に頑張った
  • 最後まで勉学に没頭して励んだ

といったことです。

このように、困難や苦労にめげず、
初めに思い立った願望をやり通すこと

「初志貫徹」と言うわけです。

イメージ的には、
「困難に負けない人」「自分を信じぬく人」
などを考えると分かりやすいでしょう。

 

補足すると、
「初志」を「初思」や「初心」などと書くのは誤りです。

間違える人が多いので気をつけてください。

初志貫徹の語源・由来

 

「初志貫徹」は、
「初志」と「貫徹」が合わさってできた言葉です。

まず「初志」は「めの」と書くので、
最初に決めた目標のこと」を指します。

そして、「貫徹」は「くことを底する」と書くので、
考えを変えずに保ち続けること」を意味します。

 

以上の事から、「初志貫徹」の本来の意味は
最初に決めた目標を変えずに、保ち続けること」だと言えます。

ここから現在の
「当初の志を貫き通す」
という意味になるわけですね。

私たち人間は、色々なタイプがいます。

  • 「根性がなく、あきらめやすい人」
  • 「飽きやすく、途中で投げ出してしまう人」

しかし「初志貫徹」というのはあくまで、
「最初の目標をあきらめずに継続する人」を指すわけですね。

スポンサーリンク

初志貫徹の類語

初志貫徹 類語

 

続いて、「初志貫徹」の「類語」を紹介します。

【首尾一貫(しゅびいっかん)】

考え方や方針が変わらず、筋が通っていること。

「首尾」は「首から尾っぽ」、
すなわち「最初から最後のこと」を指します。

【意志貫徹(いしかんてつ)】

自分の志を貫き通すこと。

「意志」とは、
「目標や計画に対する精神のこと」を意味します。

【終始一貫(しゅうしいっかん)】

最初から最後までずっと変わらないこと。

「一貫」とは、
「一つの方法を貫くこと」だと思ってください。

【鉄心石腸(てっしんせきちょう)】

困難に負けない堅固な精神のこと。

「鉄心」は「鉄のような心」

「石腸」は「石のような内臓」を指します。

共通しているのは、
志や考え方を貫く」ということですね。

「初志貫徹」には、
その人の「メンタルの強さ」のような意味も含まれています。

したがって、
「困難に負けない」といった意味では、
百折不撓(ひゃくせつふとう)」も「類語」と呼べるでしょう。

「百折不撓」とは、
何回失敗しても、志をまげないこと」という意味です。

初志貫徹の対義語

 

逆に、「対義語」としては、
以下の4つが挙げられます。

【臨機応変(りんきおうへん)】

その場の状況に応じて、自由自在に変えていくこと。

【融通無碍(ゆうずうむげ)】

何にもとらわれず、自由であること。

【君子豹変(くんしひょうへん)】

賢い人は、過ちに気づいた時にすぐ考えや方針を改めること。

【朝令暮改(ちょうれいぼかい)】

命令や方針がすぐに変わってしまうこと。

前半3つは、基本的に良い意味で使いますが、
最後の「朝令暮改」だけは悪い意味で使います。

朝令暮改」とは、簡単に言うと、
考え方をコロコロ変える」という意味です。

に出した命を、夕れにはめること」から、
このような意味になりました。

主に、「信念や節操がない人」に対して使われます。

初志貫徹の英語訳

 

続いて、英語訳です。

「初志貫徹」は、
「英語」だと次のように言います。

 

carrying out original intention

achieve one’s original objectives

 

「carry out」は「実行する」

「achieve」は「何かを成し遂げる・達成する」などの意味です。

 

また、 「original」は
「最初の」という意味ですね。

これに、
「intention(考え)」や「objective(目的)」をつけると
「最初の志」という意味になります。

 

例文だと、それぞれ次のような言い方です。

He is carrying out original intention.(彼は初志貫徹を果たしている。)

She achieved her original objectives.(彼女は初志貫徹を果たした。)

スポンサーリンク

初志貫徹の使い方・例文

 

では、最後に「初志貫徹」の使い方を
例文で確認しておきましょう。

 

  1. 初志貫徹を守り、プロ野球選手を目指すことにした。
  2. 今年の目標として、習字に「初志貫徹」と書く。
  3. 初志貫徹の思いを忘れずに、勉学に励むつもりです。
  4. 初志貫徹を果たしたので、今の僕の地位があると言えます。
  5. 書き初めの四字熟語は、「初志貫徹」に決めました。
  6. 何事も初志貫徹する人なので、彼は信頼されている。

 

用例としては、
「新年の目標」などに使われることが多いですね。

特に、書き初めなどでは
今年一年の「目標」や「願望」を決めます。

なので、
「決めた目標を最後まで変えない」
という意味でこの言葉を使いやすいわけです。

 

また、冒頭でも説明した通り、
受験や資格試験などの勉学に対しても使えます。

例えば、難関大学の受験や難しい資格のチャレンジ
などをする場合ですね。

ただし、「初志貫徹」は
あくまでその人の大きな志を示すものです。

したがって、
あまり小さな目標などには使わないようにしましょう。

関連:>>百折不撓の意味とは?使い方や由来・英語も解説

関連:>>朝令暮改と朝三暮四の違いとは?由来や類語も解説

まとめ

 

以上、今回の内容をまとめると、

初志貫徹」=最初に心に決めた志を貫き通すこと。

語源」=めのき、底することから。

類語」=「首尾一貫・意志貫徹・終始一貫・鉄心石腸」など。

英語」=「carrying out original intention」「achieve one’s original objectives」

ということでした。

 

人は誰しも目標を定めて行動します。

ビジネスやスポーツの世界では特にそうでしょう。

そんな時は、当初の気持ちを貫いて
「初志貫徹」を意識してみてはどうでしょうか?

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

国語力アップ.com管理人

大学卒業後、国語の講師・添削員として就職。その後、WEBライターとして独立し、現在は主に言葉の意味について記事を執筆中。 【保有資格】⇒漢字検定1級・英語検定準1級・日本語能力検定1級など。

最新記事 by 国語力アップ.com管理人 (全て見る)