この記事の読了時間: 459

 三寒四温の意味 使い方 例文 時期 季語

 

手紙や挨拶文によく使う言葉があります。

 

一般的には、

三寒四温の季節」

三寒四温のこの頃」

などと言いますね。

俳句の季語などにも登場するので、
一度は目にしたことがあるかもしれません。

なんとなく、「春の天気」というイメージがする言葉。

今回は、そんな「三寒四温」
について詳しく解説しました。

スポンサーリンク

三寒四温の意味

 

まずは、
基本的な意味です。

【三寒四温(さんかんしおん)】

冬季に寒い日が三日ほど続くと、その後四日間ぐらいは暖かいということ。また、気候がだんだん暖かくなる意にも用いる。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

三寒四温」とは、
寒い日が三日続いた後に、四日ほど暖かくなること
を言います。

 

元々この言葉は、
中国北東部と朝鮮半島北部の真冬の気候
が由来です。

これらの地域では、
シベリア高気圧の影響で
寒い日と暖かい日が交互に繰り返されます。

 

そして、
「寒」と「暖」を繰り返すことにより
だんだんと暖かくなるのが通例です。

ここから、
気候がだんだん暖かくなる」という意味で
日本の気候にも使われるようになったわけですね。

 

日本では、
実際に三寒四温の気候になるのは
2月~3月頃が多いです。

私たちが、
「少し暖かくなってきたな~」
と感じるイメージ通りですよね?

 

ただし、
本来の正式な使い方としては
1月に使うべきと主張する人もいます。

なぜなら、本場の中国では
1月にこの言葉を季語として使っていたからです。

 

ところが、最近では
気象予報士なども2月や3月に
「三寒四温」を使うことが増えてきました。

言葉というのは、
多くの人が間違った使い方をすると
それが正解になることがあります。

 

時代が変化すると、
言葉の意味合いも変わっていきますからね。

「三寒四温」もその典型と言えるでしょう。

スポンサーリンク

三寒四温の使い方

 

では、「三寒四温」は
どのように使えばよいのでしょうか?

 

すでに説明した通り、元々は
「冬に使う言葉」ということでしたね。

しかし、実際には
日本の冬に「三寒四温」の
現象が起きることはほぼありません。

気象庁の観測結果でも、
「三寒四温が冬に現れるのは、多くても年に1回」
だそうです。

 

したがって、用例としては
2月~3月頃に使うのが一番現実的でしょう。

 

例えば、
以下のような使い方です。

立春も過ぎ、三寒四温の今日この頃でございます。皆さまは、いかかお過ごしでしょうか?

「立春(りっしゅん)」とは、
2月4日頃のことですね。

暦の上では、
「立春」が寒さのピークと言われています。

言いかえれば、
「もうこれ以上寒くならない日」ということです。

 

すなわち、
立春」+「三寒四温」を合わせることにより、
「もう春は近いんだな~」という風情を感じさせられるわけですね。

もちろん、3月頃に
この言葉を使っても決して間違いではありません。

あくまで、「気候が春めいてくる様子
を伝える時に使う言葉と考えてください。

スポンサーリンク

三寒四温の類語

三寒四温 類語

 

続いて、「三寒四温」の
「類語」も確認しておきましょう。

【四温日和(しおんびより)】

冬の季節に暖かい日がつづく天気のこと。

【一陽来復(いちようらいふく)】

冬が去り春がくること。

「一陽」は「冬から春になる兆し」

「来復」は「再びやってくること」を言います。

【小草生月(おぐさおいづき)】

春に小さな草花が芽を出す様子。

【寒暖(かんだん)】

寒いことと暖かいこと。

時候の挨拶としてよく使われます。

【寒暑(かんしょ)】

寒いことと暑いこと。

こちらも挨拶文などに使われます。

意味的には、
「寒暖がきた後、暖かくなる」
ということでしたね。

季節の変化を表す言葉は、そこまでありません。

よって、
「類語」自体は比較的少ないと言えるでしょう。

三寒四温の英語

 

続いて、英語訳です。

「三寒四温」は、
「英語」だと次のように言います。

 

cold for three days and then warm for four days

 

直訳すると、
「3日間寒くて、その後の4日間は暖かい」
ということですね。

また、
「交互に変わる」という意味では、
「alternate」を使うこともできます。

 

alternating warm and cold days

 

「三寒四温」を使う時は、
相手に詳細な気候を伝えなければいけません。

そのため、どちらにせよ
文が少し長くなってしまいますね。

スポンサーリンク

三寒四温の例文

 

では、最後に「三寒四温」の
例文を確認しておきましょう。

 

  1. 三寒四温の候、ますますご発展のこととお慶び申し上げます。
  2. 三寒四温の季節ですが、いかがお過ごしでしょうか?
  3. 三寒四温となりだいぶ暖かくなりましたが、お元気でしょうか?
  4. 昨日までの寒さが嘘のようですね。まさに、三寒四温を感じます。
  5. 三寒四温の今日この頃、皆様はいかがお過ごしのことでしょうか?
  6. 今年は三寒四温が遠く感じますね。春の訪れまで体調には十分気をつけてください。

 

用例としては、
相手の健康に言及するような時
使うことが多いですね。

特に、手紙や挨拶文などでは
冒頭に時候を入れて相手を気遣う書き方が重視されます。

そのため、
「三寒四温」は冬から春への変わり目に、
「体調を気遣う」という意味で使われやすいのです。

関連:>>三々五々の意味とは?使い方や例文・類語も解説

まとめ

 

いかがでしたか? 

 

内容を簡単にまとめると

三寒四温」=寒い日が三日続いた後に、四日ほど暖かくなること。

時期」=本来は冬(1月)に使うのが正しいが、2月~3月に使われることが多い。

使い方」⇒「気候が春めいてくる様子を伝える時」に使う。

類語」=「四温日和・一陽来復・小草生月・寒暖・寒暑」など。

英語」=「cold for three days and then warm for four days」

ということでしたね。

 

元々の中国の季節と実際の日本ではズレが生じています。

もしも、1月に「三寒四温」と書いても
全く暖かくなければ違和感を感じますよね?

したがって、ある程度割り切って
三寒四温」=「暖かくなり始めた春先に使う言葉」
と覚えておけば問題ないでしょう。

スポンサーリンク