この記事の読了時間: 548

白砂青松 意味 使い方 例文 英語

 

あなたは、
松島、三保松原、天橋立などを訪れたことがありますか?

これらの場所は、
白い砂浜と青い松林が続く美しい景勝地となっています。

このような海の光景を表す時にぴったりの四字熟語が「白砂青松」です。

今回は、日本の美しい風景を例えた言葉について、
意味や使い方を解説していきます。

それでは、確認していきましょう。

スポンサーリンク

白砂青松の読み方・意味

 

はじめに、読み方と基本的な意味です。

【白砂青松(はくしゃせいしょう/はくさせいしょう)】

白い砂浜と青い松林。美しい海岸の風景をいう。

出典:三省堂 大辞林

読み方は、「白砂」を「はくしゃ」と「はくさ」と読む2通りがあります。

両方とも正しい表現なので、どちらを使っても問題ありません。

 

白砂青松」とは、
白い砂浜と青々とした松林が続いている美しい海岸の景色」という意味です。

 

白砂青松は、日本各地にある
白い砂浜」と「青い松林がある海岸」のことを表しています。

1987年には、日本の松の緑を守る会が「白砂青松100選」を選定しました。

宮城県の松島、石川県の千里浜・安部屋海、静岡県の三保松原、京都府の天橋立、福岡県の海の中道など、39の都道府県で100か所の景勝地が登録されています。

特に松島と天橋立は「日本三景」にも入っています。

 

このように、美しい自然の風景の中でも特に
白い砂浜と青い松林の景色を「白砂青松」と言うわけです。

白砂青松の語源・由来

 

次に、「白砂青松」の語源と由来です。

ここでは、前半の「白砂」と後半の「青松」に分けて確認しましょう。

 

白砂」は「白い砂」と書くので、
文字通り「白い砂浜」を意味します。

浜辺が白い砂で覆われていることを表す言葉です。

 

一方で、「青松」は「青い松」と書くので、
「青い松林」を意味する言葉です。

ここで言う松の木は主にクロマツを指していて、
海岸沿いに青々と生い茂っている松林を表しています。

 

まとめると、

白砂青松」=海岸で見られる白い砂浜と青い松林が続いている風景。

となります。

 

元々この言葉の由来はかなり古く、
平安時代の書物「土佐日記」の中にはもう既に記されていたそうです。

以下、引用文です。

松の色は青く、磯の波は雪のごとくに白く

 

そして、江戸時代になると
防風林、防砂林として砂浜に松を植える「植林」が徐々に増えていきました。

その結果、
自然に生育していった松、人工的に植えられた松を含め、
このような景色が広がっていったわけです。

 

現在では、
海岸線の開発や道路の敷設工事などにより、
松林の景色は減少の一途を辿っています。

しかしながら、
有名な景勝地などでは、その景観を保つために
国の政策などで保護するようにしています。

そのため、今もなお
この四字熟語は普通に使われているということです。

スポンサーリンク

白砂青松の類語

白砂青松 類語 対義語

続いて、「白砂青松」の類語です。

【花鳥風月(かちょうふうげつ)】

美しい自然の風景。

「花鳥」とは、絵画の題材にされる自然の風物としての花・鳥を意味します。

「風月」とは、自然の風景として代表される風・月の意味です。

【風光明媚(ふうこうめいび)】

自然の景色が美しいこと。

「風光」は「自然の眺め」、「明媚」は「美しく清らかな様子」を意味します。

【山紫水明(さんしすいめい)】

山や川の景色が美しいこと。

「山紫」は「日光で山が紫色に映えること」、「水明」は「川の水が澄みきって流れている」という意味です。

【山容水態(さんようすいたい)】

山や川の美しい景色。

「容」と「態」は、どちらも「様子・姿」を意味します。

ここでは、4つの類語を紹介しました。

「白砂青松」も含めて、どの四字熟語も、
「目にした自然の美しい光景」を表すときに使います。

 

ただし、少しずつニュアンスが違うので、
見た物の対象によって使い分ける必要があります。

海岸の風景を言うときは「白砂青松」、
山や川の景色を言うときは「山紫水明」や「山容水態」、
自然全体を表すときは「風光明媚」を使うようにしてください。

白砂青松の英語

 

続いて、「白砂青松」の英語です。

白砂青松を英語で表現すると、次のようになります。

 

white sand and green pines(白砂と青松)」

sandy beach dotted with pine trees(松林が点在する砂浜)」

 

「白砂」は、「white sand」と書いて「白い砂」の意味にするか、
「sandy beach」と書いて「砂浜」の意味にするかのどちらかです。

「松」は「pine」なので、「green pines」と書いて「青い松」にするか、
「pine trees」と書いて「松の木」にすることで表すことができます。

 

英文での使い方は、次の通りです。

I visited coastline of white sand and green pines last Sunday.(私は先週の日曜日に白砂青松の海岸線を訪れました。)

The pinery of Miho is beautiful stretch of sandy beach dotted with pine trees.(三保松原は白砂青松の美しい地です。)

 

基本的には、「of」の後に白砂青松を表す単語、前に場所を表す単語を置いて使います。

「~ of white sand and green pines」や「~ of sandy beach dotted with pine trees」と表現することで、「白砂青松の~」とできますね。

主語やofの前に具体的な場所を書くことによって、
どんな白砂青松の地かが英文で分かるようになります。

スポンサーリンク

白砂青松の使い方・例文

 

最後に、「白砂青松」の使い方を例文で紹介します。

 

  1. 千里浜・安部屋海は、車で走ることができる白砂青松の景勝地です。
  2. 三保松原は、駿河湾を望む美しい白砂青松の砂浜が広がっています。
  3. 海の中道は「うみなか」と呼ばれ、白砂青松の地として人気を集めている。
  4. ここから先は、何キロメートルも白砂青松の海岸が続いている最高の場所です。
  5. 白砂青松の美しい海水浴場で遊べるなんて、こんな素敵なことは他にありません。
  6. 千葉県の九十九里浜は、日本の白砂青松100選と日本の渚100選に選ばれている。

 

ここまで解説してきたように、
「白砂青松」は白い砂浜や青い松林の風景を表す言葉です。

とても良いイメージの言葉なので、
ほとんどの場合ポジティブな使い方をします。

特に、見とれてしまうような美しい光景を目にしたときに使いますね。

 

また、用例としては、
白砂青松の砂浜」や「白砂青松の海岸」などの言い回しが多いです。

これは文字通り、
「砂浜」と「海岸」を含んだ四字熟語だからだと考えてください。

関連:>>山紫水明の意味や使い方は?語源や類義語も解説

まとめ

 

では、今回のまとめです。

 

簡単におさらいすると、

白砂青松」=白い砂浜と青い松林。美しい海岸の風景をいう。

語源」=海岸で見られる白い砂浜と青い松林が続いている風景。

類語」=「花鳥風月・風光明媚・山紫水明・山容水態」

英語」=「white sand and green pines」「sandy beach dotted with pine trees」

ということでした。

 

「白砂青松」は、景色の美しさを表す時に使います。

白い砂浜と青い松林を将来に残すことができれば、
今後もこの言葉は使われ続けることでしょう。

スポンサーリンク