この記事の読了時間: 458

支度 仕度 違い 意味 使い分け

 

「したく」という言葉は2つの漢字が使われています。

「出張の支度をする」「夕食の仕度をする」

ビジネスでもよく使われるので、気になるかと思います。

この2つには一体どんな違いがあるのでしょうか。

また、どう使い分ければよいのでしょうか。

さっそく、確認していきましょう。

スポンサーリンク

支度・仕度の意味

 

まずは、基本的な意味からです。

「したく」の意味を調べると
次のように書かれています。

【支度/仕度(したく)】

予定されている物事を実行するのに必要なものをそろえること。準備。用意。

外出するために身なりを整えること。身じたく。

③食事をすること。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

上記のように、
支度」と「仕度」は
一つの項目として載っています。

つまり、
辞書としての意味はほぼ変わらないということになります。

ただし、辞書の原則として
左側(先頭)の漢字を優先的に使う」というルールがあります。

この場合だと、「支度」の方です。

したがって、まずは
支度の方がよく使われる言葉」ということは頭に入れておいてください。

 

主な意味としては、次の2つを押さえておきましょう。

1つ目は、
準備や用意をする」という意味です。

【例】

  • 出張のしたくをする。
  • 食事のしたくをする。

この場合は、
事前に何かを行うような時に使います。

 

そして2つ目は、
身なりを整える」という意味です。

【例】

  • じたくをする
  • じたくをする。

この場合は、
外出前の準備をするような時に使います。

特に「服装や持ち物などをそろえる」という意味で使います。

「支度」と「仕度」は、どちらも
この2つの意味で使われることがほとんどです。

では、大まかな意味が分かった所で、
両者の違いを詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク

支度と仕度の違い

 

すでに説明した通り、
両者の意味自体に違いはありません。

では、何が違うかというと、
漢字の種類」が異なります。

まず、「支度」は「漢語」です。

「漢語」とは、
中国で生まれた漢字本来の言葉」を意味します。

 

一方で、
仕度」の方は「当て字」です。

「当て字」とは、
漢字本来の意味を無視して作った字が、一般的に広まったもの」です。

別の言い方をすれば、
「日本で生まれた独自の言葉」と言ってもよいでしょう。

つまり、漢字本来の歴史から言えば
支度の方が正式な漢字」ということになります。

 

元々、「支度」という字は
「支」も「度」も「計る・見積もる」という意味を持っていました。

ここから転じて、
「予定を立てる・準備をする・身じたく」などの意味になったのです。

対して、
「仕度」の方は「仕事」や「仕舞」などの「仕」と同じ漢字です。

ここから、仕事の準備や用意を簡略化するために
「支度」が生まれたと言われています。

 

身近な言葉でもこのような例は多くあるでしょう。

例えば、スポーツをする時の「しあい」は元々は「仕合」と書いていましたが、現在では「試合」と書きます。

「しあい」は、本来は「〇〇しあう」から来た言葉で、
「試」という字は当て字の一種なのです。

意外かもしれませんが、
「試合」ではなく「仕合」が正式な漢字だったわけですね。

 

このように考察すると、なぜ辞書だと
支度→仕度」の順で書かれていたかが理解できたのではないでしょうか。

全ての辞書で、
「仕度→支度」の順で掲げられたものは一つもありません。

その理由は、「仕度」が当て字だからです。

スポンサーリンク

支度と仕度の使い分け

 

支度 仕度 違い 使い分け

 

以上の事から考えると、
両者の使い分けは「原則として支度の方を使う」ということが分かるかと思います。

まず、新聞やテレビなどのメディアは
支度」を使うことで統一
しています。

逆の言い方だと
仕度の方は一切使わない」ということです。

これは、すでに説明した通り、
「支度」の方が正式な漢字だからと言えるでしょう。

 

メディアというのは、漢字の混同を嫌います。

そのため、
まぎらわしい漢字がある場合は一つに統一するのです。

一般的には、他の業界もメディアに合わせて
「支度」を使う傾向にあります。

一例を挙げると、
役所などの公文書でも「支度」で統一しているようです。

 

また、ビジネスシーンでも
支度」を使うことが多いですね。

特に、メールや書類などでは礼儀やマナーが求められます。

もしも、相手に送る言葉がコロコロ変わっていては企業の信頼にも関わります。

そのため、相手に混乱や誤解を与えないためにも
「支度」で統一して使っているわけです。

 

なお、「仕度」の方を
100%否定・排除する必要はありません。

あくまで、
内閣や国語辞典などが「支度」を推奨しているという話です。

普段の文章や手紙すなわち私文書に関しましては、
どちらを使っても問題ないと考えてください。

使い方・例文

 

では、最後に「したく」の使い方を
例文で確認しておきましょう。

 

  1. 14時には取引先に向かうので、それまでに支度をしておこう。
  2. 旅支度は面倒ですが、本日中に終わらせてくださいね。
  3. 持っていく書類をそろえて、早く支度しましょう。
  4. 出張の支度に追われて、朝から忙しい状況です。
  5. 支度がよろしければ、そろそろ御案内をいたしましょう。
  6. 出かけるから、早く身支度をしておくように。
  7. 夕食の支度をして、洗濯も取り込まないといけない。

 

用例としては、日常生活からビジネスまで幅広く使われています。

「前もって備える」ということは、
全ての行動をするための基本です。

そのため、「したく」は使いやすい言葉だと言えます。

ところで、「したく」は
準備」や「用意」などの言葉で言い換えることもできます。

全くの同義語ではないですが、近い意味を持った言葉です。

したがって、
もしもどちらを使うか迷った場合は、
これらの言葉で代用しても構いません。

関連:>>調整と調節の違いとは?意味や使い分けを解説

関連:>>迎えると向かえるの違いとは?意味や使い分けを解説

まとめ

 

以上、内容を簡単にまとめると

支度・仕度」=①準備や用意をする。身なりを整える。

【両者の違い】⇒「支度」は漢語なのに対し、「仕度」は当て字

【使い分け】原則として、「支度」を使う。

ということでした。

 

日常生活ではどちらも使うことができます。

ただし、ビジネスや公文書などでは
必ず「支度」を使うようにしましょう。

では、今回は以上です。

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

国語力アップ.com管理人

大学卒業後、国語の講師・添削員として就職。その後、WEBライターとして独立し、現在は主に言葉の意味について記事を執筆中。 【保有資格】⇒漢字検定1級・英語検定準1級・日本語能力検定1級など。

最新記事 by 国語力アップ.com管理人 (全て見る)