この記事の読了時間: 54

勤しむの意味とは 使い方 例文 類語

 

勤しむ」という言葉を
聞いたことがありますか?

一般的には、
「勉学に勤しむ」「研究に勤しむ
などと言いますね。

漢字だけを見ると、
「努力」や「奮闘」といった
イメージではないでしょうか。

実はこの言葉は、
仕事をする場面でよく使われるのです。

 

この記事では、
「勤しむ」の意味・使い方・類語・英語
などを解説していきたいと思います。

では、さっそく確認していきましょう。

スポンサーリンク

勤しむの意味

 

まずは、
基本的な意味と読み方です。

「勤しむ」を辞書で引くと、
次のように書かれています。

【勤(いそ)しむ】

熱心につとめ励む。精を出す。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

勤しむ」は、
いそしむ」と読みます。

意味としては、
熱心につとめ励むこと・精を出すこと
などを言います。

 

一つずつ説明すると、

つとめ励(はげ)む」とは、
仕事に一生懸命になる」という意味です。

そして、「精を出す」とは、
一生懸命物事をすること・コツコツ物事を行うこと
だと思ってください。

 

つまり、
「勤しむ」には「熱心・一生懸命」だけでなく
コツコツ何かをする」という意味も
含まれているわけですね。

 

ただし、一般的には
前者の意味で使うことが多いです。

例えば、
以下のような使い方です。

東大合格へ向けて、毎日勉学に勤しんでいます。

この場合は、
「毎日熱心に受験勉強をしている」
ということですね。

このように、
何か一つの物事に集中して取り組むよう場合に
「勤しむ」を使うわけです。

勤しむの語源

 

「勤しむ」の「」という字は、
普段から使われています。

例えば、
「勤労」「勤続」「出勤」
などの熟語です。

 

これらの言葉から想像すると、
「勤」という字は「仕事」に
関係する意味を持つことが分かるでしょう。

現在でも、「勤(つと)める」
という言葉があるくらいですからね。

 

元々、「勤」という字は、
左側が「柱状に固めた土」という象形文字でした。

要するに、
「粘土(ねんど)」のことですね。

 

そして、
右側が「人の力強い腕」を表していました。

ちゃんとした粘土を作るには、
それなりに一生懸命仕事をしないといけません。

 

転じて、
熱心さ」を表す「」が生まれたと言われています。

つまり、本来の語源としては、
何か仕事をするときに使う漢字
だったわけですね。

ここから派生して、現在では仕事に限らず
趣味や勉学・ちょっとした作業などにも使われているのです。

スポンサーリンク

勤しむの類語

勤しむ 類語

続いて、
「勤しむ」の「類語」を
確認しておきましょう。

 

  • 努力する
  • 頑張る
  • 励む
  • 努める
  • 力を注ぐ
  • 尽力する
  • 精進する
  • 敢闘する
  • 汗を流す
  • 怠らない

 

いずれの言葉も、
物事に熱心に取り組んだり
懸命に挑んだりといった内容ですね。

一般的な言い方だと、
努力する・頑張る」などの語が
分かりやすいのではないでしょうか?

 

「勤しむ」には、
「熱心さ」という意味が根本にあります。

したがって、
その人の誠実な様子を伝える時に
使いやすいわけですね。

 

ちなみに、
「四字熟語」では以下の2つも
「類語」と呼べるでしょう。

>>奮励努力の意味とは?使い方や例文・類語も解説

>>粉骨砕身の意味とは?使い方や由来・類語も解説

 

どちらよく使われる言葉なので、
ぜひ押さえておきたいですね。

勤しむの英語

 

続いて、英語訳です。

「勤しむ」は、
英語だと次のように言います。

 

work diligently

work assiduously

 

それぞれの意味を説明すると、

「diligently」=「熱心に・コツコツと」

「assiduously」=「精を出して・せっせと」

となります。

これに「働く」を意味する
「work」が前につくわけですね。

 

例文だと、
次のような言い方です。

He worked diligently on the senior thesis.
(彼は卒業論文に勤しんだ。)

The teacher worked assiduously to help him.
(先生は彼を助けるために勤しんだ。)

 

また、簡易的な表現だと
次のような言い方もできますね。

「strive(努力する・骨を折る)」

「endeavor(努力する)」

スポンサーリンク

勤しむの使い方・例文

 

では、「勤しむ」の使い方を
実際の例文で確認しておきましょう。

 

  1. 最近の彼は、本業以外に講演活動にも勤しんでいる。
  2. 彼女は夕方からお菓子作りに勤しむ予定です。
  3. 一流企業に入るために、今は就職活動に勤しんでいます。
  4. 勉学に勤しむことで、悔いのない結果を残したいです。
  5. 中学から高校まで6年間サッカーに勤しんでいました。
  6. 経済学だけでなく、哲学の研究にも勤しむ
  7. AI開発に勤しむグループと打ち合わせをしましょう。

 

実際の用例としては、
ビジネスで使うことが多い
と考えてください。

ビジネスでは、自分の状況を伝える時に
丁寧な表現をする方が好まれます。

特に、相手を敬わなければいけない
場面ではなおさらそうでしょう。

 

そんな時に、
「がんばります」「努力します」では
何だか心もとないですよね。

そこで、
「研究に勤しむ」「活動に勤しむ」など
具体的な対象の後に「勤しむ」をつけるわけです。

すると、相手に対して丁寧に
「一生懸命さ」を伝えられるわけですね。

 

ちなみに、
「勉学」の後につける言葉は注意が必要です。

この場合は、
勉学を学ぶ」とは言いません。

一種の重複表現と呼ばれるものですね。

 

正しくは、
勉学に勤しむ」「勉学に励む
といった言い方になります。

これはよくある間違えなので気をつけましょう。

まとめ

 

いかがでしたか? 

 

内容を簡単にまとめると

勤(いそ)しむ」=熱心につとめ励むこと・精を出すこと。

類語」=努力する・頑張る・励むなど。

使い方」=ビジネスを中心に「熱心さ・一生懸命さ」を伝える時に使う。

ということでしたね。

 

何かに真剣に取り組むことは、
とても大事なことです。

しかし、
どんな言い方をすれば適切か
迷うこともあるでしょう。

そんな時は、「勤しむ」という言葉を使い、
相手に丁寧さを伝えてみてはどうでしょうか?

今回は以上です!

スポンサーリンク