この記事の読了目安: 448

本年 今年 違い 使い分け ビジネス 年賀状

 

本年」と「今年」には、
明確な違いがあるのでしょうか?

本年も宜しくお願い致します。」

今年も末永くお願い致します。」

どちらも年賀状や仕事のメールなどで
よくみる表記だと思います。

さらに、後ろに「度」がついて、
本年度」と言う場合もあるようです。

今回はこれらの言葉の使い分けについて詳しく解説しました。

さっそく、確認していきましょう。

スポンサーリンク

本年と今年の意味

 

まず、それぞれの意味を調べると、
次のように書かれています。

【本年(ほんねん)】

ことし。当年。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

【今年(ことし)】

現在を含んでいる年。この年。こんねん。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

上記のように、「本年」と「今年」は、
同じような意味として載っています。

どちらも、
「その年の1月1日~12月31日までの間
という意味が共通していますね。

したがって、
「辞書としての意味はほぼ変わらない」ということになります。

ただし、日本語というのは複雑な言語なため、
一般的には使い分けがされているようです。

「辞書に書かれていることが全てではない」ということですね。

では、一体どう使い分ければよいのか詳しく見ていきましょう。

本年と今年の使い分け

本年 今年 使い分け

 

結論から言いますと、

本年」⇒丁寧でかしこまった場面で使う。

今年」⇒格式張らずに接する場面で使う。

と考えてください。

 

「丁寧でかしこまった」とは、
具体的にどのような場面でしょうか?

例えば、以下のようなケースです。

  • 会社の上司に年賀状を送る。
  • 目上の人に年賀状を送る。
  • 取引先の人に年賀状を送る。

このような場合は、上司や目上の人・相手先を敬い、
丁寧に接しなければいけません。

特にビジネスにおける取引先などは、礼儀やマナーが大事です。

よって、
この場合は「本年」を使うわけです。

 

一方で、「格式張らずに接する場面」とは
以下のようなケースです。

  • 学生がクラスの同級生に年賀状を送る。
  • 社会人が親しい友人に年賀状を送る。

言い換えれば、
個人的な付き合いをしている相手」ということですね。

プライベートの友人は、相手を敬うというよりも、
親しみやすさを感じさせることの方が大事です。

したがって、
この場合は「今年」を使うわけです。

 

まとめると、

本年」=上司や目上、取引先などに使う。

今年」=学生同士・友達相手などに使う。

となります。

 

もちろん、
学生や友達同士で「本年」を使っても決して間違いではありません。

「年賀状」というのは、
言い回しが失礼にならないように気をつけるものなので、
相手を敬う分には特に問題ないです。

ただし、逆の場合は
失礼になるので注意が必要です。

上司や目上の人に対しては、
必ず「本年」を使うようにしましょう。

スポンサーリンク

本年度と今年度の違い

本年度 今年度 違い

 

「本年」と「今年」に似た言葉で、
本年度」と「今年度」があります。

これら4つはどんな違いがあるのでしょうか?

 

簡単に言うと、「期間」が違います。

 

「本年」と「今年」は、
その年の1月1日~12月31日を指します。

一方で、「本年度」と「今年度」は、
その年の4月1日~翌年の3月31日を指すのです。

 

「年度」というのは、元々
国や企業が仕事を区切る期間として設定しました。

そのため、国の予算などは
4月1日から翌年の3月31日で区切っているのです。

考えて見れば、学校や大学の年度というのも
4月1日から新学期が始まりますよね。

その理由は年度で区切っているからです。

 

ここで気を付けることは、
1月1日~3月31日の3か月の間に「本年度」という言葉が登場した場合です。

この場合は、
前年のことを指しているので注意が必要です。

つまり、2018年2月1日に「本年度」と書いたら、
2017年4月1日~2018年3月30日のことを指すということですね。

そのため、年賀状などには
決して「本年度」と書いてはいけません。

もしも「本年度も宜しくお願い致します」と書いたら、
「その年の3月31日までお願いします」というよく分からない内容になってしまいます。

「本年度」や「今年度」は年賀状ではなく、
「企業の決算報告などに使う言葉」と覚えておきましょう。

関連:>>表記と標記の違いとは?意味や使い分けを解説

 

なお、「本年度」と「今年度」には
意味自体の差はほとんどありません。

どちらかというと「本年度」の方が改まった場面で使いますが、
「今年度」も決算報告など同様の場面で使われています。

よって、後ろに度が付いた場合は、
特に違いや使い分けを気にする必要はないと言えるでしょう。

スポンサーリンク

使い方・例文

 

では最後に、それぞれの使い方を
例文で確認しておきます。

 

【本年の使い方】

  1. 本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。
  2. 本年は、〇〇大統領の記念すべき10周年の年です。
  3. 本年も、社員一同、より一層の努力をする所存です。
  4. おかげさまで、本年度の総入場者数は10万人を超えました。
  5. 本年から、正式な大会を開催する予定でございます。

 

【今年の使い方】

  1. 今年もどうぞよろしくお願い致します。
  2. 去年は参議院の選挙、今年は衆議院の選挙があった。
  3. 今年度の決算が出そろったので、会社が発表した。
  4. 今年は全国各地で猛暑日を記録している。

 

補足すると、「去年」と「昨年」も
正式には使い分ける言葉です。

この場合は、「去年」よりも
昨年」の方が丁寧な表現になります。

よって、目上の人に年賀状を書くときなどは、
昨年は大変お世話になりました」と書くのが常識です。

正⇒「昨年は大変お世話になりました」

誤⇒「去年は大変お世話になりました」

関連:>>慎むと謹むの違いとは?意味や使い分けを解説

まとめ

 

以上、今回の内容をまとめると、

本年」⇒丁寧でかしこまった場面で使う。(上司や目上の人など)

今年」⇒格式張らずに接する場面で使う。(友人同士など)

本年度・今年度」=その年の4月1日~翌年の3月31日までの間。

ということでした。

年末年始はこれらの言葉がよく使われます。

ぜひしっかりと使い分けをできるようにしておきましょう。

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

国語力アップ.com管理人

大学卒業後、国語の講師・添削員として就職。その後、WEBライターとして独立し、現在は主に言葉の意味について記事を執筆中。 【保有資格】⇒漢字検定1級・英語検定準1級・日本語能力検定1級など。

最新記事 by 国語力アップ.com管理人 (全て見る)