この記事の読了時間: 435

添付 貼付 違い 読み方 メール

 

添付」と「貼付

この2つの言葉は、
会社の書類やメールを作成するときによく目にすると思います。

「メールに添付してください。」

「写真を貼付してください。」

どちらも似たようなイメージですが、
一体どう使い分ければいいのでしょうか?

さっそく、確認していきましょう。

スポンサーリンク

添付の意味・読み方

 

まず、「添付」の意味を調べると
次のように書かれています。

【添付(てんぷ)】

書類などに、付け添えること。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

添付てんぷ)」とは、
書類などに付け添(そ)えること」を意味します。

つけそえる」とは、
つけ加える・補足する」などの意味だと思ってください。

つまり、それだけじゃ足りない時に何かを付け加えるようなこと
添付」と言うわけですね。

 

主な使い方としては、以下の通りです。

「提出する書類に、免許証のコピーを添付する。」

この場合、
提出すべき書類が何枚かあることが想定されます。

例えば、5枚なら5枚といった形です。

しかし、この5枚だけでは足りなく、
免許証のコピーも提出する必要があると分かりました。

その場合に、「免許証のコピーも付け足す
という意味で「添付する」と言うわけです。

 

一般的には、「添付」の方法としては、
提出書類と補足資料をクリップなどで止めて
まとめて出すことが多いようですね。

また、書類だけでなく、
「メールに添付する」という言い方もします。

この場合は、メール本文とは別に、
画像ファイルとして書類を付け加える」という意味だと考えてください。

要するに、別の独立したデータとして
相手に補足資料を送るということです。

貼付の意味・読み方

 

続いて、「貼付」の意味です。

【貼付(ちょうふ)】

はりつけること。

《慣用読みで「てんぷ」とも》

出典:デジタル大辞泉(小学館)

貼付」は、「ちょうふ」と読みます。

上の説明だと「てんぷ」とも書かれていますが、
この読み方は「慣用読み」と呼ばれるものです。

「慣用読み」とは、
元々は間違った読み方が皆が使う内に
なぜか定着した読み方のことです。

したがって、本来の読み方としては、
ちょうふ」が正しい
ということになります。

そのため、
「貼付」は「ちょうふ」と読むようにしましょう。

 

意味としては、「貼り付けること」を表します。

例えば、以下のような使い方です。

「履歴書に写真を貼付する。」

社会人の方なら、誰しも履歴書に自分の写真を貼った経験があるかと思います。

「糊(のり)」などを使って
一生懸命ずれないようにして貼り付けたでしょう。

このように、何かをペタっと貼り付けること
貼付」と言うのです。

スポンサーリンク

添付と貼付の違い

添付 貼付 違い

 

ここまでの内容を整理すると、

添付」=書類などに付け加えること。補足すること。

貼付」=貼り付けること。

ということでした。

 

両者の違いを簡単に言うと、

添付」は「付け加えること

貼付」は「貼り付けること

だと言えるでしょう。

一言で、
補足か貼り付けか」と覚えても構いません。

 

まず、「添付」の方は、
付け加えたり補足したりする行為全般を指します。

したがって、対象となるものは、書類やデータなど
補足できるあらゆるものが対象となります。

一方で、「貼付」の方は、
「貼り付ける」という行為です。

よって、こちらは書類や切手・写真など
ペタっと貼り付けられるものが対象となるのです。

 

このように比較すると、
両者は似ているようで全く違う意味の言葉
ということが分かるかと思います。

気を付けないといけないのは、「貼付」の読み方です。

「貼付」のことを、「添付」と同じ読みの「てんぷ」
と読む人も少なからずいます。

これが両者をごっちゃにしてしまう原因の一つかと思われます。

 

正しくは、「添付」⇒「てんぷ」「貼付」⇒「ちょうふ」です。

間違って読む人がいても、惑わされないようにしましょう。

スポンサーリンク

使い方・例文

 

では、最後にそれぞれの使い方を
例文で紹介しておきます。

 

【添付の使い方】

  1. 完成した見積書をメールに添付して送る。
  2. 会社の経費申請書に領収書を添付して提出する。
  3. 本に添付されていたハガキで応募をする。
  4. 添付ファイルは容量が大きすぎると相手に送れない。
  5. 現地までの道が分かるように書類に地図を添付しておく。

 

【貼付の使い方】

  1. 大学の入学願書に自分の写真を貼付する。
  2. 切手を貼付し忘れたため、自分の元に戻ってきた。
  3. 車のボンネットに初心者マークを貼付する。
  4. 受験票の指定された場所に、証明写真を貼付する。
  5. 忘れないように機械にシールを貼付しておいた。

 

「添付」と「貼付」は、
どちらもビジネスで使われます。

なので、両者を混同しないように
適切に使い分ける必要があります。

もしもどちらを使うか迷った場合は、
それぞれの「類語」と「英語訳」を思い出すとよいです。

 

添付」の「類語・英語訳」は、次の通りです。

【類語】「補足」「付加」「付録」

【英語】⇒「plus(プラス)」「attachment(アタッチメント)」

 

一方で、「貼付」の「類語・英語訳」は次の通りです。

【類語】「接着」「糊付け」

【英語】⇒「paste(ペースト)」「stick (スティック)」

このように、様々な点から比較しておけば
両者の違いをイメージしやすいでしょう。

関連:>>別紙と別添の違いとは?添付の意味や使い分けも解説

まとめ

 

以上、内容を簡単にまとめると、

添付(てんぷ)」=書類などに付け加えること。補足すること。

貼付(ちょうふ)」=貼り付けること。

「貼付」は「てんぷ」とも読める漢字だが、本来の読みとしては「ちょうふ」が正しい。

ということでした。

どちらも社会人としてよく使う言葉です。

この記事をきっかけに両者を正しく覚えて頂ければと思います。

では、今回は以上です。

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

国語力アップ.com管理人

大学卒業後、国語の講師・添削員として就職。その後、WEBライターとして独立し、現在は主に言葉の意味について記事を執筆中。 【保有資格】⇒漢字検定1級・英語検定準1級・日本語能力検定1級など。

最新記事 by 国語力アップ.com管理人 (全て見る)