この記事の所要時間: 458

謹厳実直の意味 使い方 類語 英語

 

人の性格や人柄を表す四字熟語があります。

謹厳実直な人」

謹厳実直な人柄」

「何となく聞いたことがある」
という人も多いかもしれません。

ところが、
この言葉を「褒め言葉」として
使ってよいのか迷う人も多いようです。

 

そこで今回は、
「謹厳実直」の意味・使い方・類語など
を詳しく解説していきたいと思います。

では、さっそく確認していきましょう。

スポンサーリンク

謹厳実直の意味

 

まずは、
基本的な意味です。

【謹厳実直(きんげんじっちょく)】

つつしみ深くまじめで正直であること。また、そのさま。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

謹厳実直」とは、
つつしみ深く、まじめで正直であること
を言います。

つつしみ深い」とは、
軽はずみな言動をしないこと
遠慮で控えめな様子のこと」だと思ってください。

ようするに、
「チャラチャラしていない」ということですね。

 

例えば、
以下のような使い方です。

彼の謹厳実直な仕事ぶりには感心するね。良い人材を得られたよ。

この場合は、
「彼の仕事に対するまじめさ」
を表した文となっています。

 

具体的には、

  • 与えられた仕事をコツコツこなす
  • 上司の言うことを素直に聞く
  • 来客の対応がしっかりしている

といったことです。

このように、
控えめながらも、まじめで正直な人に対して
「謹厳実直」を使うと考えてください。

 

言葉の意味を補足すると、

謹厳」は、
つつしみ深く、厳(おごそ)かな様子
という意味です。

また、「実直」は
まじめで正直な様子」を表します。

この2語が組み合わさって、

「つつしみ深くて、まじめ」

という意味になるわけですね。

謹厳実直は褒め言葉?

 

「謹厳実直」は、
褒め言葉として使ってよいのでしょうか?

「正直でまじめ」ということは、
「その人の誠実さ」を表すことになります。

よって、
基本的には良い意味で使う
と考えて問題ないでしょう。

 

ただし、場合によっては
ネガティブな意味で使うこともあります。

例えば、
以下のような使い方です。

彼は謹厳実直だから信頼できるね。でも、まじめすぎて堅苦しい一面もあるよ。

「まじめな性格」と言っても、
相手へ与える印象は人それぞれです。

人によっては

  • 「面白みがない」
  • 「冗談が通じない」

など「堅苦しい性格」に見られてしまうこともあります。

 

したがって、「謹厳実直」は
必ずしも褒め言葉として使うわけではないのです。

「生真面目(きまじめ)」という言葉もあるように、
「まじめ」も度が過ぎると良くない印象になるわけですね。

スポンサーリンク

謹厳実直の類語

謹厳実直 類語 対義語

 

「謹厳実直」の
「類語」は以下の通りです。

【謹厳重厚(きんげんじゅうこう)】

つつしみ深く、重々しくて落ち着いている様子。

【謹厳慎行(きんげんしんこう)】

言葉と言動、どちらも慎重に行うこと。

【四角四面(しかくしめん)】

まじめすぎて、堅苦しいこと。

※四つの角と四つの面がはっきりしていることから。

【方正謹厳(ほうせいげんきん)】

行いや心がけが正しく、つつしみ深い様子。

【石部金吉(いしべきんきち)】

非常にきまじめで物堅い人。

※「石」と「金」、二つの堅いものを並べた名前から。

共通しているのは、
「まじめ・慎み深い」といった意味ですね。

「人の誠実さ・律義さ」を表した言葉であれば、
基本的に「類語」となります。

 

逆に、対義語としては
放縦懶惰(ほうしょうらんだ)
が挙げられます。

 

放縦懶惰」とは、
勝手気ままにふるまい、仕事もせず遊ぶ様子
という意味です。

主に「賭け事やお酒にふける人」に使う言葉だと思ってください。

関連記事:>>慎むと謹むの違いとは?意味や使い分けも

謹厳実直の英語

 

続いて、英語訳です。

「謹厳実直」は、
「英語」だと次のように言います。

 

serious and honest

sober and faithful

 

一つずつ説明すると、

「serious」⇒「まじめな」

「honest」⇒「正直な」

「sober」⇒ 「謹直な・落ち着いた」

「faithful」⇒「誠実な・忠実な」

という意味です。

必ず決まった型があるわけではないですが、
これらの単語を組み合わせた表現となります。

 

例文だと、
以下のような言い方ですね。

He is a serious and honest man.
(彼は謹厳実直な男である。)

You are very sober and faithful.
(あなたはとても謹厳実直です。)

スポンサーリンク

謹厳実直の使い方・例文

 

では、「謹厳実直」の使い方を
例文で確認しておきましょう。

 

  1. まじめに仕事をこなすなんて、謹厳実直そのものですね。
  2. 公務員は、謹厳実直な人が向いている仕事だ。
  3. 君の謹厳実直な勤めぶりには、感心するよ。
  4. 謹厳実直な性格にもかからわず、彼女はお笑いを趣味としている。
  5. 彼の謹厳実直な人柄が、逆にとっつきにくい印象を与えた。
  6. あまりに謹厳実直な性格だと、融通が利かなくて苦労するよ。

 

用例としては、
「謹厳実直な性格」「謹厳実直な人柄」
などが多いですね。

また、「謹厳実直」は、
他人に対して使うことが多い四字熟語です。

自ら「私は謹厳実直です。」
などとはあまり言いません。

 

よく座右の銘として、
「謹厳実直」を掲げる人がいますが、
本来の使い方としては誤用と言っていいでしょう。

なぜなら、「座右の銘」とは、
自分の心の中に留めておく内なる考えだからです。

「謹厳実直」は、あくまで、
「他人の性格を客観的に表した言葉」
ということを頭に入れておきましょう。

まとめ

 

いかがでしたか? 

 

内容を簡単にまとめると

謹厳実直」=つつしみ深く、まじめで正直であること。

使い方」=原則として褒め言葉として使うが、例外もあり。

類語」=「謹厳重厚・謹厳慎行・四角四面」など。

ということでした。

 

「性格」というのは、
人によって受け取られ方が違います。

ある人にとっては「まじめな人」、

別の人にとっては「堅苦しくてつまらない人」かもしれません。

そのため、「謹厳実直」は
「良い」「悪い」両方の意味を含んだ言葉
と言えるわけですね。

では、今回は以上となります。

スポンサーリンク