この記事の読了時間: 533

虎視眈々の意味 読み方とは 使い方 例文 類語 

虎視眈々」という言葉があります。

漢字だけを見ると、
何だかどう猛なイメージですね。

私たち一般人からすれば、
なかなか目にしない言葉かもしれません。

しかし、実はこの言葉は
人気ボカロ曲のタイトルにも使われているほど
有名な四字熟語なのです。

 

この記事では、
「虎視眈々」の意味・使い方・由来・類語
などを解説していきたいと思います。

では、さっそく確認していきましょう。

スポンサーリンク

虎視眈々の意味

 

まずは、
基本的な意味です。

【虎視眈々(こしたんたん)】

敵や相手のすきをねらって、じっくりと機会をうかがうこと。

出典:学研 四字辞典熟語

虎視眈々(こしたんたん)」とは、
相手のすきを狙って、じっくりと機会をうかがうこと」を言います。

 

例えば、
以下のような使い方です。

社員たちは、課長のポストを虎視眈々と狙っている。

この場合は、
「社員たちが昇進を狙って、日々機会をうかがっている」
ということですね。

このように、
チャンスを逃すまいと狙っている様子のこと
「虎視眈々」と言うのです。

 

言葉の意味を補足すると、

虎視」は、
(とら)が(み)る」と書くので、
「虎が獲物に狙いを定める様子」を意味します。

また、「眈々」の「眈」は
眈(にら)む」と書くので、
「眼光鋭く見下ろす様子」を表します。

 

整理すると、

虎視眈々」=トラが、眼光鋭く獲物に狙いを定める。

となります。

ここから、
「スキがあれば、相手に付け入ろうとする様子」
という意味になるわけですね。

 

考えてみれば、
「虎」は怖い目つきをした動物です。

そして、
周囲の獲物を常に観察していますよね?

つまり、「虎視眈々」は
まさに野生の獲物を狙う肉食動物そのものを表した言葉
と言えるのです。

虎視眈々の由来

 

「虎視眈々」は、古代中国の書物である
易経(えききょう)」を由来とします。

 

「易経」の中の一節に、
次のような一文があります。

虎視眈眈、その欲(よく)遂遂(ちくちく)たれば咎(とが)なし。」

簡単に訳すと、

虎が獲物を狙うように、欲望を持てば問題ない

という意味です。

 

当時の中国では、
「国王は優秀な部下に政治を任せればいい」
という考えでした。

しかし、この考えの弊害は、
「国王が部下から甘く見られて、政権を乗っ取られる恐れがある」
ということです。

 

そうならないためにも、
国王は部下に対して「にらみ」を利かせなければいけません。

 

「眈」には、
「にらむ」という意味があります。

すわなち、
「(部下を)にらむ」という意味で
「眈々」を使っていたわけですね。

 

よって、元々の出典から言えば、
目上の者が目下の者ににらみをきかせる
という使い方が正しいことになります。

ただし、現在ではどちらかと言うと
「目下の者が目上の者の地位を狙う」
という用例で使うことが多いです。

 

この辺りの厳密な使い分けは、
あまり神経質になる必要はないと言えるでしょう。

なぜなら、
元々の意味から派生していくのは、
四字熟語の世界ではよくある話だからです。

スポンサーリンク

虎視眈々の類語

虎視眈々 類語 対義語

 

続いて、「虎視眈々」の
「類語」を確認しておきましょう。

【野心満々(やしんまんまん)】

大きな望みを叶えようと、気概が満ちあふれていること。

【竜驤虎視(りゅうじょうこし)】

意気盛んに権力を持ち、世の中を威圧すること。

「竜驤」は「竜が躍り上がること」

「虎視」は「鋭い目つきで獲物を睨むこと」を言います。

【垂涎三尺(すいぜんさんじゃく)】

あるものを激しく欲しがる様子。

「垂涎」は「食べ物を欲しがり、よだれを垂らすこと」

「三尺」は「程度がはなはだしいこと」を意味します。

四字熟語で類語となるものは、
少ない印象ですね。

一般的な言い方だと、
機会を狙う・チャンスを待つ」などが
分かりやすいのではないでしょうか?

 

少し難しい言葉だと、
持満(じまん)」がありますね。

「持満」とは、
用意を十分にして、機会を待つこと」です。

「満(まん)を持(じ)して」を略した言葉
と考えれば分かりやすいでしょう。

 

逆に、対義語としては、
冷静沈着」「泰然自若」などが挙げられます。

どちらも、
「物事に動じず、落ち着いた様子」
という意味の四字熟語です。

この機会に、ぜひ覚えておきましょう。

虎視眈々の英語

 

続いて、
「英語訳」です。

「虎視眈々」は、
英語だと次のように言います。

 

watch vigilantly for an opportunity

 

「vigilantly」は「用心深く・油断なく」

「opportunity」は「機会・チャンス」という意味です。

ここから、
「用心深く機会を探る」という訳になります。

 

例文だと、
以下のような言い方ですね。

He is watching vigilantly for an opportunity to attack you.
(彼は虎視眈々と攻撃の機会をうかがっている。)

 

また、簡易的な表現だと
以下のような言い方もできます。

aim to~」(~を狙う)

be eager to~」(~を熱望する)

【例】

He aims to be the next leader.
(彼は次のリーダーを狙っている。)

He is eager to be the next leader.
(彼は次のリーダを熱望している。)

スポンサーリンク

虎視眈々の使い方・例文

 

では、「虎視眈々」の使い方を
例文で確認しておきましょう。

 

  1. 某球団が、大物選手の獲得を虎視眈々と狙っているらしい。
  2. 芸能界には、虎視眈々と天下を狙う野心家が多い。
  3. 副社長は次期社長の座を虎視眈々と狙っているようだ。
  4. 準備は終わり、今は虎視眈々と時期を見計らっている段階です。
  5. やられっぱなしではなく、虎視眈々と反撃の機会を狙おう。
  6. あそこの土地は、地上げ屋が虎視眈々と狙っている。

 

例文を見ても分かる通り、
「虎視眈々」は様々な場面で使える言葉です。

その中でも、
社会的地位や次期ポストを狙うような時
に使うことが多いですね。

 

世の中は、自分のポジションを確保するために
常にチャンスを狙っている人がいます。

競争社会の日本ですから、当然と言えば当然ですね。

したがって、
「虎視眈々」は四字熟語の中でも
比較的使いやすい言葉と言えるでしょう。

 

ちなみに、
眈々」を「耽々」と書くのは誤りです。

「耽」だと、「物思いに耽(ふけ)る」
という意味の漢字になってしまいます。

正しくは、「(にら)む」の方でしたね。

似ている漢字なので、
間違えないように気をつけましょう。

まとめ

 

いかがでしたか? 

 

内容を簡単にまとめると

虎視眈々」=相手のすきを狙って、じっくりと機会をうかがうこと。

語源」=トラが、眼光鋭く獲物に狙いを定める様子から。

類語」=「野心満々・竜驤虎視・持満(じまん)」など。

ということでした。

 

「虎視眈々」は、一見すると、
あまりなじみのない言葉かもしれません。

しかし、
実は日常的に使われている言葉と
理解していただけたのではないでしょうか?

この記事をきっかけに、
ぜひ正しい使い方を覚えて頂ければと思います。

では、今回は以上です!

スポンサーリンク