この記事の読了時間: 439

流言飛語 意味 使い方 例文 類語 英語

 

あなたは、
「人のうわさ話」は好きですか?

世の中には様々なスクープが流れていますよね。

「芸能人の熱愛疑惑」「重大事件の真相」

流言飛語」とは、そのような
人のうわさについて述べた言葉です。

 

一体どのように使うのでしょうか?

さっそく、確認していきましょう。

スポンサーリンク

流言飛語の意味

 

まずは、
基本的な意味です。

【流言飛語(りゅうげんひご)】

口づてに伝わる、根拠のない情報。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

流言飛語」は、
りゅうげんひご」と読みます。

よくある読み間違いとして、
「りゅうごんひご」がありますが、

正しくは「りゅうんひご」ですので気をつけましょう。

 

意味としては、
根拠もなく、世間に広まっているうわさのこと
を言います。

 

例えば、
以下のような使い方です。

AとBが付き合っているという流言飛語が広まった。

人の恋愛事情というのは、
必ずしも本当とは限りません。

特に芸能人などの熱愛ニュースは、
「やっぱりガセだった」というパターンは結構多いです。

このように、
実際はウソだけども、さも本当かのようなうわさ
に対して「流言飛語」を使うわけですね。

 

言葉の意味も補足しておくと、

「流言」は、
れる葉」と書くので、
人のうわさが流れること」を意味します。

そして、
「飛語」は「言ぶ」と書くので、
うわさが飛び交うこと」を意味します。

 

つまり、「流言」と「飛語」は
双方とも似た意味を持った言葉ということですね。

あえて似た意味を合わせることにより、
「うわさが広まること」を強調しているわけです。

流言飛語の由来

 

「流言飛語」という言葉は、
礼記(らいき)』と『史記(しき)』が由来です。

どちらも、紀元前中国の儒教を元にした書物ですね。

 

まず、規範を重んじる『礼記』には、
根拠のないうわさを流さないこと
と説く一文が登場します。

その中に、
流言」という言葉が出てくるのです。

 

そして、『史記』の方には
王を激怒させた、根拠のないうわさ
という意味で「蜚語」が登場します。

」という字は、
「異臭を放つ稲の害虫のこと」です。

この害虫が「飛ぶ様子」から
「蜚」が「飛」に変わったと言われてます。

 

いずれにせよ、
「流言」と「蜚語」がくっつくことにより、
根拠のないうわさ」を意味する
四字熟語が作られたわけですね。

スポンサーリンク

流言飛語の類語

流言飛語 類語

続いて、「類語」です。

「流言飛語」の
「類語」は以下の通りです。

【造言飛語(ぞうげんひご)】

根拠のない、いい加減なうわさ。

「造言」とは、
「作り話」や「ウソ」を言います。

【風言風語(ふうげんふうご)】

根拠のないうわさ話。

「風言」と「風語」は、
どちらも「風のようなうわさ話」という意味です。

【妄言綺語(もうげんきご)】

でたらめを言い、ウソをつくこと。

「妄言」は「妄想のようなでたらめ」

「綺語」は「偽り飾った言葉」という意味です。

【流言流説(りゅうげんりゅうせつ)】

根拠のないうわさを言ったり説くこと。

「流言」も「流説」も
「根拠のないうわさを流すこと」です。

基本的には、
ウソ・デタラメ・ガセ
といった意味が「類語」となりますね。

また、四字熟語以外では
風評」「風説(ふうせつ)」「誤報
なども「類語」と言えるでしょう。

 

逆に、対義語としては
真実・事実・現実」などの言葉が
イメージしやすいのではないでしょうか。

流言飛語の英語訳

 

続いて、「英語訳」です。

 

「流言飛語」は、
「英語」だと次のように言います。

 

false rumour」⇒「誤ったうわさ」

groundless rumour」⇒「根拠のないうわさ」

 

それぞれの単語は、

「false」=「誤った・偽の・間違った」

「groundless」=「根拠のない・事実無根の」

「rumour」=「うわさ」

という意味になります。

 

例文だと、
以下のような言い方です。

The false rumour floated about the town.
(流言飛語が町中に広がった。)

It is only a groundless rumour.
(それは流言飛語に過ぎない。)

英語の場合は、
後ろに「rumor」をつけるパターンが
基本形となりますね。

スポンサーリンク

流言飛語の使い方・例文

 

では、「流言飛語」の使い方を
例文で確認しておきましょう。

 

  1. ネット上に流言飛語が出回り、一気に拡散した。
  2. 地震や災害に襲われた時は、流言飛語に惑わされてはいけない。
  3. 週刊誌の記事が、ただの流言飛語だったことが判明した。
  4. 医学が発達していなかった時代は、根拠のない流言飛語が多かった。
  5. 戦時中は情報が錯綜し、多くの流言飛語が飛び交っていた。
  6. 「わが社が倒産する」という噂が流れているが、流言飛語には振り回されないように。

 

例文のように、「流言飛語」は
原則として悪い意味で使う言葉
だと思ってください。

「人の話」というのは、
事実であれば特にネガティブな要素にはなりませんよね?

ところが、「流言飛語」は
「明確な根拠がないうわさ」という意味でした。

したがって、多くの場合
ウソの情報によって世の中を混乱させるような
ネガティブな場面で使うわけです。

まとめ

 

いかがでしたか?

 

内容を簡単にまとめると、

流言飛語」=根拠もなく、世間に広まっているうわさ。

由来」=『史記』『礼記』に登場する言葉の組み合わせ。

類語」=「造言飛語・風言風語・妄言綺語・流言流説」など。

ということでしたね。

 

覚え方としては、
れる葉」&「語」と考えると
理解しやすいのではないでしょうか?

今はネット全盛の時代ですので、
他人を惑わすような「流言飛語」には十分気をつけましょうね。

では、今回は以上です!

スポンサーリンク