この記事の読了時間: 448

夫唱婦随 意味とは 反対語 使い方 類語

 

夫と妻との関係性は複雑ですよね。

ある夫婦は非常に仲が良い。

一方で、
ある夫婦はケンカをしてばっかり・・・。

夫唱婦随」とは、そのような
夫と妻との関係性を表した言葉です。

 

この記事では、
「夫唱婦随」の意味・使い方・反対語
などを解説していきたいと思います。

では、さっそく確認していきましょう。

スポンサーリンク

夫唱婦随の意味・語源

 

まずは、
基本的な意味です。

【夫唱婦随(ふしょうふずい)】

夫婦の仲が非常によいこと。夫が言い出し妻がそれに従う意から。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

夫唱婦随(ふしょうふずい)」とは、
夫婦の仲が非常によいこと」を言います。

 

例えば、
以下のような使い方です。

あそこのスナックは、夫唱婦随で円満にやっているらしいよ。

この場合は、簡単に言うと
「夫婦仲が良いスナック」ということですね。

 

言葉の意味を補足すると、

夫唱」は「(とな)える」と書くので、
「夫が意見を主張すること」を意味します。

そして、
「婦随」は「主が付(ふずい)する」と書くので、
「妻がその意見に従うこと」を意味します。

つまり、
夫の意見に妻が従うので、夫婦仲がよい
ということですね。

 

元々この言葉は、中国の
関尹子(かんいし)』という思想書が由来です。

正確な出典時期は不明ですが、
前漢時代にはすでにあった書物と言われています。

 

当時の中国では、
男尊女卑(だんそんじょひ)
という考えが主流でした。

「男尊女卑」とは、
「男性の方が女性よりもえらい」とする考え方のことです。

 

今の男女平等の世の中からは、
とうてい考えられない常識ですよね?

しかし、
当時は女性よりも男性の方を重視した
社会だったのです。

この考え方が良いか悪いかは別として、
「夫唱婦随」には「男が中心」という考えが
根本にあるわけですね。

 

実際に、妻が夫に従うことにより、
夫婦円満を築けたという家庭もたくさんあるでしょう。

そのため、
現在では単に「夫婦仲が良い」
という意味で使うことが多いのです。

 

ちなみに、
「夫唱婦随」ではなく
「夫婦随」と書く場合もあります。

どちらの漢字でも、
意味自体は全く同じだと考えてください。

スポンサーリンク

夫唱婦随の類語

夫唱婦随 類語 反対語

 

「夫唱婦随」の
「類語」は以下の通りです。

【琴瑟相和(きんしつそうわ)】

夫婦や兄弟の仲がよいこと。

琴(きん)と瑟(しつ)は、合奏するとよく調和するため。

【陽唱陰和(ようしょういんわ)】

夫婦仲がよいこと。

陰と陽のバランスで調和することから。

【夫婦円満(ふうふえんまん)】

夫婦仲がよく、争いやケンカがないこと。

【嫁鶏随鶏(かけいずけい)】

妻が夫に従うことのたとえ。

メスのにわとりがオスに従う意から。

【鴛鴦之契(えんおうのちぎり)】

夫婦のきずなが非常に堅いこと。

「鴛鴦」とは、
「オスとメスのおしどりのこと」を指します。

【関関雎鳩(かんかんしょきゅう)】

夫婦の仲が非常によいこと。

「閑閑」は「鳥がのどかに鳴く声」

「雎鳩」は「水鳥のみさご」を指します。

いずれも共通しているのは、
夫婦仲がよい・妻が夫に従う
といった意味ですね。

 

人間以外の動物でも、
夫婦の関係を表す四字熟語はあります。

ニワトリやおしどりなどの鳥は、
分かりやすい例ですね。

 

逆に、対義語としては
牝鶏之晨(ひんけいのしん)
が挙げられます。

 

「牝鶏之晨」とは、
「女性が権力を振るう」という意味です。

「牝鶏」は「めんどり」

「晨」は「夜明け」を指します。

メスの鳥が夜明けを告げることから
このような意味になりました。

多くは、国家の秩序が乱れる場合など
悪い意味で使いますね。

関連記事:>>連係と連携の違いとは?意味や使い方も解説

夫唱婦随の英語

 

続いて、英語訳です。

「夫唱婦随」は
「英語」だと次のように言います。

 

a wife should do her husband’s bidding

 

直訳すると、
「妻は夫の命令通りにすべき」となります。

「bidding」には、
「命令」という意味があるわけですね。

ただ、こちらの表現だと
少し威圧的イメージが強いかもしれません。

 

したがって、
以下のような言い方でもよいでしょう。

the wife to follow the husband’s lead

(夫のリードに妻がついていく)

こちらの方が、現代的で
やわらかい表現ではないでしょうか?

スポンサーリンク

夫唱婦随の使い方・例文

 

では、「夫唱婦随」の使い方を
例文で確認しておきましょう。

 

  1. 近所に住むご夫婦は、夫唱婦随でとても和やかだね。
  2. あの居酒屋は夫唱婦随でうまくやっていると聞きました。
  3. 夫唱婦随の精神は、昔の中国の考えが元になっている。
  4. お二人は、夫唱婦随の家庭像そのままと言っていいです。
  5. 昔はケンカばかりしていたけど、今は夫唱婦随の関係ですよ。
  6. 男女平等が叫ばれているけど、昔ながらの夫唱婦随も素敵です。

 

用例としては、
良い意味でも悪い意味でも使われています。

どちらかというと、
良い意味で使うことの方が多い
という印象ですね。

 

現代社会では、
「男女平等」あるいは「女性が家庭の中心」
という考えが主流でしょう。

しかし、昔ながらの慣習によって
過去の偉人が育ってきたという事実もあります。

そのため、
「一概にこの四字熟語が悪い」
とは言えないのです。

 

もちろん、
言葉というのは時代と共に
解釈が変化していくこともあります。

したがって、
20年~30年先は意味が変わっている
という可能性も十分あるでしょう。

まとめ

 

いかがでしたか? 

 

内容を簡単にまとめると

夫唱婦随」=夫婦仲が非常によいこと。夫の意見に妻が従うこと。

語源」=えることに、主が付する。

類語」=「夫婦円満・嫁鶏随鶏・鴛鴦之契」など。

ということでしたね。

 

「夫婦」の本来の役割は、
お互いを支え合い相手を思いやることです。

そこに行くまでの過程がどうであれ、
仲が良くなることに越したことはありません。

この記事をきっかけに、
ぜひ円満な家庭を築いて頂ければと思います。

では、今回は以上です!

スポンサーリンク