この記事の読了時間: 53

一進一退 意味 使い方 例文 類語

 

数字を使った有名な四字熟語があります。

一進一退の攻防

一進一退の繰り返し

普段からよく耳にするので、
聞いたことがある人も多いでしょう。

ところが、
「具体的な使い方は?」と問われると
多くの人が困るのではないでしょうか?

 

そこで今回は、
一進一退」の意味・使い方・類語・英語
などを詳しく解説していきたいと思います。

では、さっそく確認していきましょう。

スポンサーリンク

一進一退の意味

 

まずは、
基本的な意味です。

【一進一退(いっしんいったい)】

進んだり退いたりすること。また、事態がよくなったり悪くなったりする状態。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

一進一退」とは、
事態がよくなったり悪くなったりする状態のこと
を言います。

 

例えば、
以下のような使い方です。

父は今自宅で療養しています。病状は一進一退という状況です。

この場合は、
「父の体調が良くなったり悪くなったり」
ということですね。

 

「病状」というのは、
少し良くなったと思ったらぶり返したり、
悪くなったと思ったら今度は治まったりしますよね?

このように、
物事の状態が良くなったり悪くなったりする場合に、
「一進一退」を使うと考えてください。

 

言葉の意味を補足すると、

「一進」の「」は「進む」と書くので、
前進すること」を意味します。

そして、「一退」の「退」は
「退(しりぞ)く」と書くので、
後ろへ下がること」を意味します。

つまり、「一進一退」は、
物事が前進したり後退したりする状態
を表した言葉ということですね。

 

注意すべき点としては、
「一」は数字の1を示しているわけでない
ということを押さえておいてください。

辞書を引けば分かりますが、
実は「一」には「あるいは」という意味もあります。

すわなち、ここでの「一」は
「前進したりあるいは後退したり」
ということを言っているわけですね。

逆の意味を持った2つの言葉に「一」をつけることにより、
「物事の停滞」を強調した四字熟語としているのです。

一進一退の由来

 

「一進一退」は、
中国戦国時代の思想書である
荀子(じゅんし)』が由来です。

 

『荀子』の中の一節に
次のような記述が残されています。

一進一退、一左一右すれば、六驥(りくき)も不致(いた)さず。

簡単に訳すと、

進んだり退いたり、左へ行ったり右へ行ったりしていては、
駿馬でも目的地につくことはできない。

となります。

「駿馬(しゅんば)」とは、
一日に千里も走る名馬のことです。

 

要するに、
いくら優秀な馬でも、まっすぐ進めなければ何の意味もない
ということを言いたいわけですね。

ここから現在の、
「物事が足踏み状態にある様子」
を表す意味になったと言われています。

スポンサーリンク

一進一退の類語

一進一退 類語 対義語

「一進一退」の
「類語」は以下の通りです。

【一喜一憂(いっきいちゆう)】

情勢の変化に伴い、いちいち喜んだり心配したりすること。

【紆余曲折(うよきょくせつ)】

物事が順調に運ばず、こみ入った経過をたどること。

【二転三転(にてんさんてん)】

物事の内容・状態などが、何度も変わること。

四字熟語では、
「全くの同義語はない」と言ってよいでしょう。

基本的には、
「情勢が進展しない・止まっている」などの
意味であれば「類語」と呼べますね。

 

一般的な語だと、

停滞」「横ばい」「足踏み」「行き詰まり

などが近い意味と言えるのではないでしょうか?

 

逆に、対義語としては、
猪突猛進」が挙げられます。

「猪突猛進」の意味は、
以下の記事を参照してください。

>>猪突猛進の意味や良い言い方は?使い方・例文も解説

一進一退の英語

 

続いて、英語訳です。

「一進一退」は
「英語」だと次のように言います。

 

up and down(行ったり来たり)」

back and forth(後ろへ前へ)」

 

「up」は「上」ではなく、
ここでは「行く」という意味で使われています。

「down」についても同様ですね。

後者の方は、
日本語訳通りなので分かりやすいでしょう。

 

例文だと、
以下のような言い方です。

I went up and down the street.
(私はその道を行ったり来たりした。)

She went back and forth.
(彼女は前へ後ろへを繰り返した。)

 

ちなみに、もっと簡易的な言葉だと
seasaw(シーソー)」などもあります。

 

「シーソー」とは、
普段からよく見かける公園の遊具のことですね。

上がったり下がったりする様子から、こちらも
「一進一退」を意味する単語として使うことがあります。

ぜひ、覚えておくとよいでしょう。

スポンサーリンク

一進一退の使い方・例文

 

では、「一進一退」の使い方を
例文で確認しておきましょう。

 

  1. 一進一退の病状が続いた後、やっと体が回復してきた。
  2. 彼の糖尿病の症状は曖昧ですね。一進一退の繰り返しです。
  3. 現在の戦況は、一進一退の日替わりといったところでしょうか。
  4. 両軍は、一進一退の攻防を繰り返しながら全く引かなかった。
  5. 今日のゲームは一進一退の攻防戦だね。まさに、目が離せないよ。
  6. 一進一退を続けている内に、形勢がこちらへ傾いてきた。

 

「一進一退」は、
病気やスポーツ・軍事などに使うことが多い言葉
と考えてください。

病気については、
冒頭でも説明したので大丈夫ですね。

 

この中でも意外とよく使われるのが、
「スポーツ」などの勝負事です。

スポーツの場合は、
両者の戦力が拮抗している状態
を想像すると分かりやすいでしょう。

具体的には、
「得点した後にすぐ失点」「失点した後にすぐ得点」
といった様子ですね。

 

野球やサッカーなどを応援する時に、
「優勢とは言えないし、劣勢とも言えない」
というケースがありますよね?

このような状態も、「一進一退」と言うわけです。

まとめ

 

いかがでしたか? 

 

内容を簡単にまとめると

一進一退」=事態がよくなったり悪くなったりする状態。

語源」=前進したりあるいは後退したりすることから。

類語」=「停滞・横ばい・足踏み」など。

ということでした。

 

「一進一退」は、
四字熟語の中でも比較的使いやすい言葉です。

語彙力を高めるためにも、
ぜひ明日から使ってみてはどうでしょうか?

では、今回は以上です!

スポンサーリンク