この記事の読了時間: 449

運否天賦の意味とは 使い方 語源 類語

 

人の運命や未来に対して使う言葉があります。

 

一般的には、
運否天賦の勝負」「運否天賦に行く」
などと言いますね。

ゲームや賭け事が好きな人は、
一度は聞いたことがあるかもしれません。

何となくスケールが
大きそうなイメージだと思います。

 

今回は、
運否天賦」という四字熟語を詳しく解説しました。

さっそく確認していきましょう。

スポンサーリンク

運否天賦の意味

 

まずは、
基本的な意味と読みです。

【運否天賦(うんぷてんぷ)】

運のよしあしは天が決めるということ。運を天に任せること。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

運否天賦」は「うんぷてんぷ」と読みます。

よくある読み間違えとして、
うんぴてんぷ」があります。

正しくは、
「うん」ですので注意しましょう。

 

意味としては、
人の運を、天に任せること天が決めること)」
を言います。

例えば、
以下のような使い方です。

相手チームは強いが、私たちもしっかり練習してきた。勝敗は運否天賦だと考えて、思い切りぶつかろう。

この場合は、
勝つか負けるかは、天次第だ
ということですね。

「天次第」ということは、別の言い方をすると
「人間の能力が及ぶ範囲ではないこと」とも言えるでしょう。

 

「運否天賦」は、このように
人の運・不運を自分ではなく天の力に任せるような時
に使うわけですね。

 

私たちの人生は、努力や才能だけでは
説明がつかないことが多くあります。

  • 勝てると思ったのに、なぜか逆転負けをした。
  • 負けると思ったが、不思議と勝ってしまった。

 

このような現象を、
人は「運命・宿命」などと呼びます。

運命や宿命は天からの定めなので、
人間からすると吉と出るか凶と出るかは分かりません。

 

しかし、
不運を恐れていては何も動けないですよね?

そこで、
どうなるか分からないけど、運任せで行動してみよう
という意味で「運否天賦」を使うわけです。

運否天賦の語源・由来

 

「運否天賦」の語源は、
どこから来ているのでしょうか?

 

「運否」は、
があるか(いな)か」と書きます。

すなわち、
運のあるなし」ということですね。

 

「否」という字は
「否定・拒否」などがあるように
「何かを打ち消す」という意味があります。

よって、
運否」=「幸運」と「悲運」を指すわけです。

 

また、
「天賦」は「(ふ)する」と書きます。

「腑」という字は、
「賦与」「賦課」などがあるように
何かを与える」という意味です。

つまり、「天賦」とは
天が与えること」を意味します。

 

整理すると、

運否天賦」=「幸運か不運かを天が与えること

となります。

ここから、現在の
「運を天に任せること」
という意味になるわけですね。

スポンサーリンク

運否天賦の類語

運否天賦 類語

 

続いて、「運否天賦」の
「類語」も確認しておきましょう。

【勝負は時の運】

勝ち負けはその時の運次第であること。

【運を天に任せる】

うまくいくかどうかを天の意志に任せること。

【人間万事塞翁が馬(にんげんばんじさいおうがうま)】

人の幸・不幸は予測できないこと。

※逃げた馬が、名馬を連れて帰ってきたことから。

【天命を待つ(てんめいをまつ)】

全てを天にゆだねて、結果を待つこと。

【墜茵落溷(ついいんらくこん)】

運・不運が人にはあること。

「茵」は「敷物」、「溷」は「便所」を指します。

※花びらは、運良く敷物に落ちる場合と
便所に落ちる場合があるため。

意味としては、
運・不運を天に任せる」ということでしたね。

この中では、
墜茵落溷」が同じ四字熟語という意味では
近い言葉だと言えるでしょう。

 

ただし、実際の国語の授業などでは
人間万事塞翁が馬」の方がよく登場します。

こちらは故事成語の世界ではとても有名ですね。

運否天賦の英語

 

続いて、「英語訳」です。

「運否天賦」は、
「英語」だと次のように言います。

 

trust to chance(運を信じる)」

to trust in providence(運を天に任せる)」

 

「chance」は「運」

「providence」は「天・神」という意味ですね。

 

例文だと、

You must trust to chance.(君は運否天賦すべきである。)

I had no choice but to trust in providence
(私は運を天に任せるしかなかった。)

などがあります。

スポンサーリンク

運否天賦の使い方・例文

 

では、「運否天賦」の使い方を
例文で確認しておきましょう。

 

  1. 面接に受かるのは難しい。こればっかりは運否天賦ですよ。
  2. 「勝負は運否天賦」とは、よく言ったものです。
  3. 鬼が出るか蛇が出るか。こうなったら運否天賦で行こう。
  4. 競馬の予想なんて当てにならない。運否天賦で買ったほうがいいよ。
  5. いよいよ決勝戦だね。変に気負わず運否天賦で挑もう。
  6. できることは全てやりました。今は、運否天賦の気分です。

 

用例としては、
ゲームやスポーツ・賭け事などの
勝負事に使うことが多いですね。

また、場合によっては
受験やビジネスなどに使う場合もあります。

 

いずれにせよ、「運否天賦」は
自分の未来を天にゆだねること」です。

したがって、
「何とか良い結果になってほしい」
と願うような時に使う言葉と覚えておきましょう。

まとめ

 

いかがでしたか? 

 

内容をまとめると

運否天賦」=人の運を、天に任せること天が決めること。

語源」=があるかか、する(与える)。

類語」=「勝負は時の運・運を天に任せる・人間万事塞翁が馬・天命を待つ・墜茵落溷」

英語」=「trust to chance」「to trust in providence」

ということでしたね。

 

昔から、「苦しい時の神頼み」とは言ったものです。

もちろん、
日々努力をすることに越したことはありません。

しかし、
最終的には「天」を味方にすることが
生きる上で重要なのかもしれませんね。

スポンサーリンク