この記事の読了目安: 518

運否天賦の意味とは 使い方 語源 類語

 

「運否天賦」という四字熟語をご存知でしょうか?一般的には「運否天賦の勝負」「運否天賦に任せる」などと言います。

初めて聞く人もいるかもしれませんが、漫画カイジの名言にもなっているほど有名な言葉です。

本記事では、この「運否天賦」の意味や使い方、語源、類義語などを詳しく解説しました。

スポンサーリンク

運否天賦の意味・読み方

 

最初に、基本的な意味と読み方を紹介します。

【運否天賦(うんぷてんぷ)】

運のよしあしは天が決めるということ。運を天に任せること。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

運否天賦」は「うんぷてんぷ」と読みます。

よくある読み間違えとして「うんぴてんぷ」「うんひてんぷ」などがありますので注意して下さい。正しくは、「うん」と読みます。

意味としては「人の運を天に任せること」を表します。

例えば、スポーツの試合などでは勝敗を天に任せるようなことがよくあります。このような場面では、「勝敗は運否天賦だと考えて思い切り行こう」などと言う場合があります。

つまり、「勝つか負けるかは天次第なので、思い切り行こう」という意味です。

「天次第」というのは別の言い方をすると、人間の力が及ぶ範囲ではない事とも言えます。「運否天賦」は、このように人の運・不運を自分ではなく天の力に任せるような時に使うわけです。

 

私たちの人生は、努力や才能だけでは説明がつかないことが多くあります。

  • 勝てると思ったのに、なぜか逆転負けをした。
  • 負けると思ったが、不思議と勝ってしまった。

このような不可解な現象を、人は「運命・宿命」などと呼びます。

運命や宿命は天からの定めなので、人間からすると吉と出るか凶と出るかは分かりません。しかし、不運を恐れていては何も動けないです。

そこで、「どうなるか分からないけど、運任せで行動してみよう」という意味で「運否天賦」を使うのです。

スポンサーリンク

運否天賦の語源・由来

 

「運否天賦」の語源はどこから来ているのでしょうか?

まず「運否」は「があるか(いな)か」と書きます。すなわち、「運のあるなし」ということです。

「否」という字は「否定・拒否」などがあるように「何かを打ち消す」という意味があります。そのため、「運否」は「幸運」と「悲運」を指すわけです。

そして、「天賦」は「(ふ)する」と書きます。「腑」という字は「賦与」「賦課」などがあるように「何かを与える」という意味です。つまり、「天賦」とは「天が与えること」を意味します。

以上の事から、「運否天賦」の本来の意味は「幸運か不運かを天が与えること」となります。ここから現在の「運を天に任せること」という意味になるわけです。

なお、この四字熟語は何か具体的な出典があるわけではありません。中国の故事成語などにもない言葉なため、正確な由来は現在の所不明です。

スポンサーリンク

運否天賦の類義語

運否天賦 類義語 言い換え

 

続いて、「運否天賦」の「類義語」を紹介します。

天命を待つ(てんめいをまつ)】⇒全てを天にゆだねて、結果を待つこと。
勝負は時の運(しょうぶはときのうん)】⇒勝ち負けはその時の運次第である。
人間万事塞翁が馬(にんげんばんじさいおうがうま)】⇒人の幸・不幸は予測できないこと。※逃げた馬が、名馬を連れて帰ってきたことから。
墜茵落溷(ついいんらくこん)】⇒運・不運が人にはあること。「茵」は「敷物」、「溷」は「便所」を表す。※花びらは、運良く敷物に落ちる場合と便所に落ちる場合があるため。
乾坤一擲(けんこんいってき)】⇒運を天にまかせて、のるかそるかの大勝負をすること。「乾」は天、「坤」は地の意から。

「運否天賦」の意味は、「運・不運を天に任せる」ということでした。したがって、この中では「天命を待つ」という表現が最も近い意味だと言えます。

ただ、実際の国語の授業などでは「人間万事塞翁が馬」の方がよく登場します。こちらは故事成語の中ではとても有名なものなので、覚えておくとよいでしょう。

運否天賦の英語訳

 

「運否天賦」は、「英語」だと次のように言います。

 

trust to chance(運を信じる)」

to trust in providence(運を天に任せる)」

 

前者の「chance」はここでは「チャンス」という意味ではなく「運」という意味で使われています。その「運」を「信じる(trust)」ので「運否天賦」と訳すことができます。

また、後者の「providence」は「天・神」という意味です。こちらも同様に、「天」や「神」を信じるので同じように訳すことができます。

例文だと、それぞれ次のような言い方です。

You should trust to chance.(君は運を信じるべきである。)

I had no choice but to trust in providence.(私は運を天に任せるしかなかった。)

スポンサーリンク

運否天賦の使い方・例文

 

最後に、「運否天賦」の使い方を例文で紹介しておきます。

 

  1. 面接に受かるのはやはり難しい。こればっかりは運否天賦です。
  2. 勝負事は何が起こるか分からない。運否天賦とはよく言ったものです。
  3. 鬼が出るか蛇が出るか。こうなったら運否天賦で向かっていこう。
  4. 競馬の予想なんて当てにならない。運否天賦で買ったほうがいいよ。
  5. いよいよ明日は決勝戦だ。変に気負わず運否天賦に任せることにしよう。
  6. 受験当日ですが、できることは全てやりました。今は運否天賦の気分です。
  7. 運否天賦じゃないが、まずは行動だ。ビジネスなんてやってみないと分からない。

 

「運否天賦」は、ゲームやスポーツ・賭博(賭け事)などの勝負事に使うことが多い四字熟語です。これらの勝負事を人の実力ではなく、運に任せるような時に使います。

ただし、必ずしもこれらの用途に限定されるわけではありません。場合によっては受験やビジネスなどに使う場合もあります。例文だと、最後の6と7が当てはまります。

いずれにせよ、「運否天賦」は「自分の未来を天にゆだねること」です。したがって、「何とか良い結果になってほしい」と願うような時に使うのが適切だと言えます。

まとめ

 

以上、本記事のまとめです。

運否天賦」=人の運を天に任せること。

語源・由来」=「があるかか、する(与える)こと」から。

類義語」=「勝負は時の運・運を天に任せる・人間万事塞翁が馬・天命を待つ・墜茵落溷・乾坤一擲」

英語訳」=「trust to chance」「to trust in providence」

昔から「苦しい時の神頼み」とは言ったものです。もちろん、自分自身が日々努力をすることに越したことはありません。

しかし、最終的には「天」を味方にすることが生きていく上では重要なのかもしれません。

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

国語力アップ.com管理人

大学卒業後、国語の講師・添削員として就職。その後、WEBライターとして独立し、現在は主に言葉の意味について記事を執筆中。 【保有資格】⇒漢字検定1級・英語検定準1級・日本語能力検定1級など。

最新記事 by 国語力アップ.com管理人 (全て見る)