この記事の読了時間: 549

一日千秋 意味とは 由来 語源 例文 類義語

 

一日千秋」という四字熟語をご存知ですか?

この言葉自体は、
比較的よく目にする人も多いかと思います。

ところが、
正確な由来まで知っている人は
かなり少ないでしょう。

そもそも、
なぜ秋なのか?」が気になりますよね?

 

ですので、今回は、
一日千秋」の意味・由来・使い方など
詳しく解説していきたいと思います。

さっそく、確認していきましょう。

スポンサーリンク

一日千秋の意味

 

まずは、
基本的な意味です。

【一日千秋(いちじつせんしゅう)】

1日が非常に長く感じられること。待ちこがれる気持ちが著しく強いこと。一日三秋。いちにちせんしゅう。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

一日千秋」とは、
1日が非常に長く感じること」また、
非常に待ち遠しいこと」などを言います。

 

例えば、
以下のような使い方です。

一日千秋の思いで、彼からのメールを待った。

好きな人からの連絡は、
「今か今か!」と気になりますよね?

また、待ちこがれる気持ちが強いと
1日がとても長く感じるかと思います。

 

このように、
一日が非常に長く感じるほど待ち遠しくなる様子
「一日千秋」と言うわけですね。

 

ちなみに、
一日千秋」は「いちにちせんしゅう
と読む場合もあります。

多くの場合は「いちじつ」と読みますが、
どちらで読んでも構いません。

一日千秋の由来

 

「一日千秋」は、中国最古の詩集である
詩経(しきょう)』に由来します。

以下、『詩経』の中の一文です。

彼采葛兮 一日不見 如三月兮 彼采蕭兮 一日不見 如三秋兮 彼采艾兮 一日不見 如三歳兮

これを簡単に訳すと、

少女たちは草摘みに出かけたせいで、好きな人と出会えなかった。
好きな人と出会えないのは、三度秋を待つほど長く感じる

となります。

 

つまり、元々の話としては
少女の恋い慕う待ち遠しさを、秋の回数に例えた所
から来ていたわけですね。

 

ポイントは、
一日三秋(いちじつさんしゅう)
という言葉です。

実は、「一日千秋」は
元々「一日三秋」と書いていました。

ところが、
いつのまにか期間が伸びていき、
意味が変わっていったのです。

 

理由についてはいくつか説がありますが、

1つは、
「さんしゅう」⇒「せんしゅう」への音の変化
と言われています。

 

そしてもう一つは、
少女の哀愁さを強調するため」です。

「三回の秋」よりも「千回の秋」の方が、
「待ち焦がれる気持ちの強さ」が強調されますからね。

いずれにせよ、「一日千秋」は
「一日三秋」から派生して生まれた言葉
だと思ってください。

スポンサーリンク

一日千秋はなぜ秋?

一日千秋 なぜ秋

 

ところで、なぜ春や夏ではなく
」が使われているのでしょうか?

それは、
秋が収穫の季節を意味するから」です。

 

農耕民にとっては、
1年のサイクルがあります。

「①土を耕す」⇒「②種をまく」⇒「③作物が実る」⇒「④収穫する」

 

当たり前ですが、
農業では作物を収穫しないと
一年のサイクルを終えられません。

なので、昔から
」=「一年が巡り終わる
という意味で使われていたのです。

つまり、
秋を基準に一年を数えていたわけですね。

 

ここから、収穫の季節である秋は
「歳月」を意味するようになったのです。

 

考えてみれば、私たちは秋ではなく
冬を一年の最後と意識しています。

しかしながら、
最も食べ物がおいしい時期はやはり秋です。

そういう意味では、「一日千秋」は
私たちの食生活とも関係した言葉だったわけですね。

一日千秋の類語

 

続いて、
「一日千秋」の「類語」です。

【一刻千秋(いっこくせんしゅう)】

わずかな時間が非常に長く感じること。待ち遠しい。

「一刻」とは、「わずかな時」という意味。

【一日三秋(いちじつさんしゅう)】

非常に待ち遠しいこと。(同義語)

【倚門の望(いもんのぼう)】

子が帰るのを待ちわびる母の気持ち。

「倚門」とは「門によりかかること」。

【首(くび)を長(なが)くする】

期待して待ち焦がれること。

全部で4つ紹介しました。

共通しているのは、
待ち遠しい」という意味ですね。

「人や時期の到来を待ちわびる様子」であれば
「類語」と呼べるでしょう。

 

逆に、「対義語」としては
十年一日(じゅうねんいちじつ)」が挙げられます。

「十年一日」とは、
「長い年月の間、全く同じ状態である」
という意味です。

「十年という長期間、同じ一日を繰り返すこと」
からできた言葉ですね。

一日千秋の英語

 

続いて、英語訳です。

「一日千秋」は、英語だと
次の3つの言い方があります。

 

wait impatiently

look forward eagerly to something

be impatient for

 

「impatiently」は、
「イラ立って」という意味の副詞です。

これに「wait(待つ)」が加わると、
「待ちわびる」という意味になります。

 

また、「look forward eagerly to~」は、
「~するのを熱心に楽しみに待つ」という意味ですね。

 

そして、最後の「be impatient for~」は
「待ち焦がれる」という意味の熟語です。

「impatient」は、
「我慢できない・耐えられない」
などの訳だと思ってください。

 

例文だと、
それぞれ以下のようになります。

He is waiting impatiently for his turn.
(彼は自分の順番を待ちわびている。)

Please eagerly look forward to game.
(ゲームするのを楽しみに待っていてください。)

She is impatient for summer vacation.
(彼女は夏休みを待ち遠しく感じている。)

スポンサーリンク

一日千秋の使い方・例文

 

では、「一日千秋」の使い方を
例文で確認しておきましょう。

 

  1. 一日千秋の思いで、今日の記念日を待っていました。
  2. 連絡がずっと来ないので、一日千秋の思いでしたよ。
  3. 一日千秋」、あなたに会える日を楽しみにしていました。
  4. 一日千秋と言いますが、今の私の気持ちに近いです。
  5. 昨日は一日千秋のように時間を長く感じました。
  6. 一日千秋の思いで、母親の帰りを待つ子供。

 

「一日千秋」は、
後ろに「思い」がつくことが多い言葉
と考えてください。

基本的に、
「人や物事が早く来てほしい」
と願う時にしか使いません。

したがって、
「心の中の願望」という意味で
「思い」をつけるわけですね。

関連:>>思いと想いの違いとは?意味や使い分けも

 

ちなみに、
いくら一日を長く感じたとしても
ネガティブな意味では使いません。

必ず「楽しいイベント」や「恋い慕う人」
などポジティブな要素に対して使います。

よって、使い方には十分注意してくださいね。

まとめ

 

では、今回の内容をまとめておきましょう。

 

一日千秋」=1日が非常に長く感じること・非常に待ち遠しいこと。

由来」=「一日三秋」が変遷したことから。

秋の理由」=農業では、秋を基準に一年を数えていたため

類語」=「一刻千秋・一日三秋・倚門の望・首を長くする」など。

 

「待ち遠しさ」を感じるのは人間にとって幸せなことです。

ぜひ、今後の人生で
「一日千秋」という言葉を使ってみてください。

スポンサーリンク