この記事の読了時間: 517

唯々諾々の意味とは 使い方 例文 類語

 

唯々諾々」という
四字熟語をご存知でしょうか?

一般的には、
唯々諾々と従う」のように言いますね。

 

実はこの言葉は、
人間関係に対してよく使うのです。

その中でも特に、
目上の人と接する場面で使う言葉です。

 

この記事では、
「唯々諾々」の意味・使い方・類義語・由来
などを解説していきたいと思います。

では、さっそく確認していきましょう。

スポンサーリンク

唯々諾々の意味

 

まずは、
基本的な意味です。

【唯々諾々(いいだくだく)】

少しも逆らわずに他人の言いなりになるさま。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

唯々諾々」とは、
他人に逆らわず、言いなりになること
を言います。

 

例えば、
以下のような使い方です。

部長は部下には厳しいくせに、社長の命令にはいつも唯々諾々だね。

この場合、
部長が社長の言いなりになっている
ということですね。

具体的には、

  • 何に対しても「はいはい」と言う
  • すぐに「分かりました」と答える

といった様子です。

 

もちろん、会社の内部には
色々なタイプの人間がいるでしょう。

場合によっては、
「上にしっかりと意見を言う」
という人もいるかと思います。

 

しかし、「唯々諾々」はあくまで
何でも人の意見に従う人・言いなりになる人
に対して使うわけですね。

唯々諾々の語源・由来

 

「唯々諾々」という言葉は、
「唯」と「諾」からできています。

 

まず、「」という字は、「はい」という
返事」や「応答」の意味があります。

一般的には、
「唯」は「唯一」などのように、
「一つ・それだけ」という意味で使いますよね?

しかし、この場合は
「返事」や「応答」の意味で使う
と考えてください。

 

そして、「」という字は
かしこまりました」という
引き受け」の意味があります。

こちらは、
「承諾」などの言葉があるので
イメージしやすいですね。

 

つまり、
それぞれの漢字の意味を合わせると、

  • はいはい、引き受けました
  • はいはい、かしこまりました

などの意味となるのです。

 

よって、
相手に逆らわず言いになりになる
という意味になるわけですね。

 

「唯々諾々」は元々、
中国の古典の「韓非子」が由来となっています。

「韓非子(かんぴし)」とは、
中国戦国時代の思想をまとめた著書のことです。

 

その中の一部に、
以下のような記述があります。

「此人主未命而唯唯、未使而諾諾

これを簡単に訳すと、

付き人は、主人が何も命令してないのに、「はい」と言い、様子や顔色をうかがう。

となります。

 

ようするに、
主人に対して何でも従う、付き人
ということですね。

 

当時の中国では、
「たんたんと従う人は下心があり信用できない」
と考えられていました。

実際に、王様を油断させた後に
部下が反逆するといった例もあったからです。

「唯々諾々」は、
上記のような悪い意味での使い方が
元となっているわけですね。

スポンサーリンク

類義語・対義語

唯々諾々 類語 対義語

 

続いて、
「類義語」と「対義語」です。

類義語

【百依百順(ひゃくいひゃくじゅん)】

何でも人の言いなりになること。

「依」は「頼る」

「順」は「逆らわずに従う」という意味です。

【付和雷同(ふわらいどう)】

しっかりした考えがなく、他人に同調すること。

「付和」は「すぐ人の意見に賛成する」

「雷同」は「雷が鳴ると、それに応じるように他人に同調する」

という意味です。

対義語

【是々非々(ぜぜひひ)】

良いことは良い、悪いことは悪いと言うこと。

【公平無私(こうへいむし)】

平等に考え、私的な利益に左右されないこと。

「類義語」は「言いなりになる・従う」

「対義語」は「自分の意見や考えを言う」

などが該当しますね。

また、慣用句だと
後塵を拝する」も「類語」と言えるでしょう。

 

「後塵を拝する」の意味は、
以下の記事を参照してください、

>>後塵を拝するの意味とは?使い方や類語・英語も解説

唯々諾々の英語

 

続いて、英語訳です。

「唯々諾々」は、
「英語」だと次のように言います。

 

at somebody’s beck and call

 

「beck」は「指示・指図」

「call」は「呼びかけ」などの意味があります。

ここから、
「常に誰かの言うことを聞く」
という意味になるわけですね。

 

他には、
obediently」「submissively
なども使えます。

どちらも、
「従順に・素直に」という意味です。

 

例文だと、
以下のように使います。

「She obediently apologized to us.」
(彼女は素直に私たちに謝った)

「The dog submissively walked away.」
(その犬は、大人しく歩き出した)

スポンサーリンク

 

唯々諾々の使い方・例文

 

では、「唯々諾々」の使い方を
例文で確認しておきましょう。

 

  1. 彼は、唯々諾々と上の命令に従うイエスマンだ。
  2. 先輩は後輩達の前では偉そうなのに、先生の前では唯々諾々だ。
  3. 唯々諾々として上司に従うのではなく、自分の意見を述べる。
  4. 相手の言うがままに唯々諾々と受け答えしてしまった。
  5. 案内人の指示通り、唯々諾々と山なりの道を進む。
  6. あの会社は、唯々諾々と上司に従う者が出世できるらしい。
  7. 彼に逆らうと後々面倒なので、唯々諾々と対応しておこう。

 

「唯々諾々」は、
原則として悪い意味で使うと考えてください。

具体的には、
「上にはペコペコ、下には偉そう」
といった人ですね。

どこの会社にも、
ペコペコする嫌な人はいるので
イメージしやすいかと思います。

 

気を付けないといけないのは、
ポジティブな使い方をする人が意外と多い点ですね。

例えば、
以下のような使い方です。

「彼は唯々諾々と対応するすばらしい人だ」

 

上の文だと、
「言いなりになるすばらしい人」
というよく分からない意味になってしまいます。

「唯々諾々」は、
決してほめ言葉で使うものではない
と覚えておきましょう。

まとめ

 

いかがでしたか?

 

内容を簡単にまとめると、

唯々諾々」=他人に逆らわず、言いなりになること。

語源」=「返事)」と「引き受け)」の意から。

類語」=「百依百順・付和雷同」など。

ということでしたね。

 

私たちの周りには、
「イエスマン」な人がたくさんいます。

しかし、
どんな言葉で表現すればよいか
分からない場合もあるでしょう。

そんな時は、
「唯々諾々」を使ってみてはどうでしょうか?

今回は以上です!

スポンサーリンク