この記事の読了時間: 53

純真無垢の意味とは 使い方 類語 英語

 

赤ちゃんや幼い子供に
対して使う言葉があります。

一般的には、
純真無垢な目」「純真無垢な心」
などと言いますね。

普段からよく使うので、
聞いたことがある人も多いでしょう。

しかし、
正確な意味まで把握している人は
少ないのではないでしょうか?

 

そこで今回は、
純真無垢」の意味・類語・使い方など
を詳しく解説していきたいと思います。

では、さっそく確認していきましょう。

スポンサーリンク

純真無垢の意味

 

まずは、
基本的な意味です。

【純真無垢(じゅんしんむく)】

清らかでけがれを知らず、心に邪心がまったくないこと。また、そのさま。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

純真無垢」とは、
心が清らかで汚れのないこと」を言います。

 

主な使い方は、以下の通りです。

姉に赤ちゃんが生まれたので、会いに行ったよ。本当に純粋無垢な目だった。

「赤ちゃん」という生き物は、
当然ながら心がまっすぐで純粋です。

そして、
「邪心」が一切ありません。

※「邪心」とは、
「悪い心・やましい心のこと」だと思ってください。

 

つまり、赤ちゃんのように
悪い気持ちが一切なく、心がきれいな様子
を「純真無垢」と言うわけですね。

 

言葉の意味を補足すると、

純真」は、
「純粋で真っすぐ」と書くので、
心が汚れていない様子」を表します。

また、「無垢」は仏教用語で
精神を乱すような煩悩や執着がない様子
という意味です。

これは、
「垢(あか)が無い(余計なものがない)」
と書くので分かりやすいですね。

 

整理すると、

純真無垢」=心が汚れていなく、余計な煩悩がない。

という意味になります。

ここから現在の、
「心が清らかで汚れていない」
という意味になると考えてください。

 

比較すると分かるように、
「純真」も「無垢」も
似たような意味を持った言葉です。

このように、
似た意味の語を重ねて強調するのは、
よくある四字熟語と言えるでしょう。

スポンサーリンク

純真無垢の類語

純真無垢 類語

 

続いて、
「純真無垢」の「類語」です。

【純情可憐(じゅんじょうかれん)】

汚れがなく、いとおしいさま。

「純情」は「きれいな心」

「可憐」は「いじらしくかわいらしい」という意味です。

【清浄無垢(せいじょうむく)】

清らかで、汚れのないさま。

「清浄」は、「心が清く洗われてること」を意味します。

【純粋無垢(じゅんすいむく)】

邪心がなく、清らかなさま。

※「純真無垢」とほぼ同じ意味だと思ってください。

【天真爛漫(てんしんらんまん)】

明るく純真で無邪気なさま。

「天真」は「純粋な性格」

「爛漫」は「輝き現れる様子」を表します。

【天衣無縫(てんいむほう)】

飾り気がなく、純真で無邪気な様子。

「天衣」は「天女の着物」

「無縫」は「着物に縫い目が無いこと」を言います。

共通しているのは、
汚れがない・無邪気」といったことですね。

 

「純真無垢」は、「邪心がない」
という意味を強調した四字熟語です。

したがって、
「やましくない」という意味の言葉が
類語となるわけです。

純真無垢の対義語

 

逆に、「純真無垢」の
対義語」としては何があるでしょうか?

 

結論から言うと、
四字熟語自体の対義語はありません

ただし、
「純真」と「無垢」、それぞれの対義語は存在します。

 

まず、
純真」の対義語としては、

  • 「不純」
  • 「邪心」
  • 「不浄」
  • 「不透明」

などが挙げられます。

これらは、
「純粋な物の中に、何かしらまずい物が混ざっている時」
に使われる言葉です。

 

一方で、
無垢」の対義語としては

  • 「煩悩」
  • 「邪念」
  • 「欲心」
  • 「色欲」

などが挙げられます。

「無垢」は仏教用語なので、
雑念や欲などを強調した言葉が
対義語となりますね。

純真無垢の英語

 

続いて、英語訳です。

「純真無垢」は、
「英語」だと次のように言います。

 

pure(純粋な・きれいな)」

innocent(無邪気な・汚れのない)」

 

「ピュア」という言葉は、
日常生活でもよく使うのではないでしょうか?

「イノセント」はそこまで使いませんが、
こちらも同じような意味ですね。

 

例文だと、

She has a pure mind.(彼女は純真無垢である。)

The children are innocent.(子供たちは純真無垢である。)

などがあります。

 

また、場合によっては
「pure and innocent」と合わせて
言うこともあるので覚えておくとよいです。

スポンサーリンク

純真無垢の使い方・例文

 

では、最後に「純真無垢」の
使い方を例文で紹介しておきます。

 

    1. 君は純真無垢で、少女のような一面を持っているね。
    2. 彼女の純真無垢のような笑顔に癒されます。
    3. 時として純真無垢な言葉が、人に響くこともある。
    4. 犬と接するときは、純真無垢な気持ちになることが大事だ。
    5. 純真無垢の小学生には、見せてはいけない映画だ。
    6. 彼は純真無垢で少年のような所があるね。もう少し大人にならないと。

 

「純真無垢」は、原則として
良い意味で使う言葉」と考えてください。

ただし、場合によっては
ネガティブな意味で使うこともあります。

例えば、最後の例文です。

この場合は、
相手の「幼稚さ」「子供っぽさ」を
皮肉った表現となっています。

 

このように、男性に対して使う場合は
必ずしも良い意味にはならないので注意が必要です。

基本的には、
「幼い子供」や「かわいらしい女性」などに使う言葉
と覚えておきましょう。

 

ちなみに、
「純真」を「純心」と書くのは誤りです。

これはよく間違える人が多いので気をつけましょう。

関連:>>明鏡止水の意味とは?使い方や由来・例文も解説

まとめ

 

では、今回の記事のまとめです。

 

純真無垢」=心が清らかで汚れのないこと。邪心が全くない様子。

語源」=「純粋真っすぐで、余計な煩悩がないこと」から。

類語」=「純情可憐・清浄無垢・純粋無垢・天真爛漫」など。

英語」=「pure」「innocent」

 

「ピュアな心」を持った人は、尊くてすばらしいものです。

しかし、
どう表現すればよいか迷うということもあるでしょう。

そんな時は、相手へのほめ言葉として
「純真無垢」を使ってみてはどうでしょうか?

スポンサーリンク