この記事の読了目安: 616

明朗快活な性格 意味 読み方 使い方 例文 類語

 

明朗快活」という四字熟語をご存知でしょうか?

一般的には、
「明朗快活な性格」「明朗快活な女性」などのように用います。

実はこの四字熟語は、
座右の銘として掲げている人もいるくらい有名なものです。

そのため、最近では企業の面接などで
自己PRとして使っている人も多いです。

今回は、そんな「明朗快活」の意味や使い方、
類語・反対語などを解説しました。

スポンサーリンク

明朗快活の意味・読み方

 

最初に、基本的な意味と読み方を紹介します。

【明朗快活(めいろうかいかつ)】

明るく元気であるさま。

出典:三省堂 大辞林

明朗快活」は「めいろうかいかつ」と読みます。

意味は「明るく元気な様子」を表したものです。

 

例えば、常に明るく場の雰囲気を盛り上げてくれる人、
そして楽しい気分にさせてくれる人がいたとします。

いわゆる、陽気なタイプの人間です。

このような人は、明るく元気な様子を表すので、
明朗快活な性格である」と言うことができます。

他には、笑顔の回数が多い人、相手を笑わせることができる人、
常に前向きな言葉を発して他人を勇気づけてくれる人なども
「明朗快活な人」と言うことができます。

周りから見て、「あの人は明るい人だな」
と認識されれば、それは明朗快活な人なのです。

スポンサーリンク

明朗快活の語源・由来

 

「明朗快活」という四字熟語は、
「明朗」と「快活」の2つに分けることができます。

 

まず「明朗(めいろう)」とは、文字通り
明るく朗(ほが)らか」という意味です。

そして、「快活(かいかつ)」とは、
元気で、はつらつとした」という意味です。

つまり、
どちらも同じような意味を持った言葉ということになります。

似た意味を重ねることにより、
「明るさ・元気さ」を強調した四字熟語にしているということです。

 

一般的には、「朗らか」という言葉は
あまり使わないかもしれません。

しかし、「朗」という字にはその人の
晴れ晴れとした様子・生き生きとした様子」が含まれています。

そのため、「明るい」という意味になるのです。

 

なお、「快活」と書くのは誤りです。

正しくは、「明快活」と書きます。

「明郎快活」⇒「×」

「明朗快活」⇒「〇」

これはよくある書き間違いなので注意しましょう。

スポンサーリンク

明朗快活の使い方

 

「明朗快活」は、その人の明るさを表した四字熟語です。

したがって、
自己をアピールする場面では非常に便利だと言えます。

例えば、企業の就職試験を受ける際には様々な書類を提出します。

例を挙げると、

  • 履歴書
  • エントリーシート
  • 職務経歴書

といったものです。

これらの書類には、
自分の性格を記入する欄が必ず用意されています。

 

仮に、実際の記入欄に
「明朗快活な性格です」と書いたとしましょう。

そうすれば、

  • コミュニケーション能力がある人
  • しっかりと受け答えができる人
  • 何事にも前向きな考え方ができる人

といったイメージを採用担当者へ伝えることができます。

もしも、上記のような特徴をいちいち説明するとなると
長ったらしくて回りくどい文となってしまいます。

そこで簡潔に「明朗快活」と記すわけです。

すると、一瞬で相手にイメージを伝えられる
という効果が期待できるのです。

 

「明朗快活」はこのように、
相手に対して自分の印象を簡潔に伝えられる非常に便利な四字熟語です。

自己PR欄に記入する際には、ただ「明朗快活」と書くだけでなく、
実際に過去に体験したエピソードなども交えながら活用するようにしてみてください。

スポンサーリンク

明朗快活の類義語

明朗快活 類語

 

「明朗快活」の「類義語」は以下の通りです。

【明朗闊達(めいろうかったつ】

明るく朗らかで、物事にこだわらないさま。

「闊達」とは「心が広く、小さなことにこだわらない」という意味。

※「豁達(かったつ)」とも書く。

【英明闊達(えいめいかったつ)】

すぐれた才能と知恵を持ち、小さなことにこだわらないさま。

「英明」とは「才能と知恵、どちらも持っていること」を表す。

【天真爛漫(てんしんらんまん)】

明るく純真で無邪気なさま。

「天真」とは「そのままの素直な性格」、「爛漫」とは「光り輝く・明るい」という意味。

以上、3つの類語を紹介しました。

いずれも共通しているのは、
明るい・ほがらか」といった意味です。

その人の明るさや元気さなどを表す言葉であれば、
「類義語」に含まれます。

 

なお、「明朗快活」と全く同じ言葉、
すなわち「同義語」と呼ばれるものは残念ながらありません。

例えば、「明朗闊達」は「物事にこだわらない様子」
「天真爛漫」は「無邪気」という意味が含まれています。

これらの意味は、
「明朗快活」には含まれていないという微妙な違いがあります。

また、「明朗活発」という言葉を使うのも誤用です。

これは「活発」と「闊達」が混ざってしまったパターンですが、
誤用する人が多いので注意してください。

明朗快活の対義語

 

逆に、「対義語」としては以下の2つが挙げられます。

【鬱々怏怏(うつうつおうおう)】

不安や悲しみなどで気分が晴れず、不満を持っている様子。

【精神鬱怏(せいしんうつおう)】

気分が晴れず、落ち込んでいる様子。 

こちらは主に「気分が晴れない様子」を表したものです。

「暗い様子」を表した言葉が「反対語」となります。

当然、どちらの四字熟語も良い意味としては使われません。

明朗快活の英語訳

 

「明朗快活」は、英語だと次のように言います。

 

bright and cheerful」(明朗快活)

 

「bright」は「明るい・朗らかな・快活な」、

そして、「cheerful」は
「元気な・朗らかな」などの意味です。

両者を合わせることで、
「明るくて元気な」という訳になります。

 

例文だと、以下のような言い方です。

He is bright and cheerful.(彼は明朗快活である。)

I am told by my friends that I am bright and cheerful.
(私は友達から明朗快活だと言われる。)

スポンサーリンク

明朗快活の例文

 

最後に「明朗快活」の使い方を
例文で確認しておきましょう。

 

  1. お宅のお子さんは、いつも明朗快活でクラスの人気者です。
  2. 彼女の明朗快活な人柄は、周囲の人間を皆明るくさせる。
  3. 明朗快活な選手は、チームには欠かせない存在である。
  4. おとなしい人かと思ったが、実は明朗快活な女性だった。
  5. お店のウエイトレスは、明朗快活な声で私を接客した。
  6. 明朗快活な表情は苦手だが、何とか作り笑顔でごまかした。

 

「明朗快活」は、
原則として相手への褒め言葉として使われます。

主にその人の性格や特徴を
称賛するような時に使うと考えて問題ありません。

ただし、場合によっては、
人の「」や「表情」などにも使うことがあります。

例文だと、5や6です。

この使い方をすることは少ないですが、
念のため頭の中に入れておく必要があります。

「明朗快活」は、相手の性格や話し方だけでなく、
声や表情などの要素も含まれる四字熟語なのです。

関連:>>明鏡止水の意味とは?使い方や由来・例文を解説

関連:>>笑門来福の意味や読み方は?語源や使い方も解説

本記事のまとめ

 

以上、本記事のまとめです。

明朗快活」=明るく元気な様子。

使い方」=面接・就職試験などで自己PRをする際に使う。

類義語」=「明朗闊達・英明闊達・天真爛漫」

対義語」=「鬱々怏怏・精神鬱怏」

英語訳」=「bright and cheerful」

「明朗快活」は、様々な場面で使える便利な四字熟語です。

もしもあなたが明朗快活な性格であれば、
ぜひ自分の長所をアピールする時に使ってみてください。

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

国語力アップ.com管理人

大学卒業後、国語の講師・添削員として就職。その後、WEBライターとして独立し、現在は主に言葉の意味について記事を執筆中。 【保有資格】⇒漢字検定1級・英語検定準1級・日本語能力検定1級など。

最新記事 by 国語力アップ.com管理人 (全て見る)