この記事の読了時間: 61

猪突猛進 意味 良い言い方 使い方 例文 類語 英語

 

猪突猛進」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

新聞やテレビなどでもよく使われる四字熟語です。

漢字から推測すると、
「何かに向かって突き進む」というイメージですね。

ところが、
この言葉は「良い意味・悪い意味」の
どちらで使うか迷う人が多いようです。

そこで今回は、
「猪突猛進」の意味や使い方・類語など
を分かりやすく解説しました。

さっそく、確認していきましょう。

スポンサーリンク

猪突猛進の意味・読み方

 

まずは、基本的な意味と読み方からです。

【猪突猛進(ちょとつもうしん)】

一つのことに向かって、向こう見ずに猛烈な勢いで、つき進むこと。

出典:三省堂 大辞林

猪突猛進」は「ちょとつもうしん」と読みます。

まれに「しょとつ」と読んでしまう人がいるので注意してください。

意味としては、
一つの事に向かって、激しい勢いで突き進むこと」を表します。

辞書の説明の「向こう見ず」とは、
後先や将来のことを考えない様子のこと」だと思ってください。

要するに、
「後のことは考えない」ということですね。

 

例えば、以下のような使い方です。

彼は若さゆえに猪突猛進する悪いクセがある。もう少し頭を使った方がいいよ。

この場合は、彼の良くない性格を表した文となっています。

具体的に言うと、

  • 先のことは一切考えず、無計画で行動する。
  • 将来を考えず、ただがむしゃらに突き進む。

といったイメージです。

「猪突猛進」はこのように、
悪い意味として使うのが基本だと思って下さい。

この言葉には、
考えの浅さ・融通の利かなさなどその人の負の側面が含まれています。

したがって、
原則としてネガティブな意味として使うわけです。

猪突猛進の語源・由来

 

次に、「猪突猛進」の語源を認しておきましょう。

 

まず「猪突」は「(いのしし)がまっすぐき進むこと」

そして、「猛進」は「勢い々(たけだけ)しくむこと」を表します。

つまり、「猪突猛進」は
イノシシのように激しく直線的に突き進む様子
からできた言葉ということですね。

転じて、現在では「後先考えずに、突き進む」
という意味で人に対して使われているのです。

 

考えてみれば、
イノシシという動物は爪などで襲い掛かる動物とは違い、
一直線に頭を向けて攻撃してきますよね。

「猪突猛進」とは、そのような
イノシシの突き進む様子を表した四字熟語なのです。

スポンサーリンク

猪突猛進の良い言い方は?

 

ところで、「猪突猛進」を良い意味として
使うにはどうしたらよいでしょうか?

すでに説明した通り、
この言葉は原則として悪い意味で使います。

よって、どうしても良い意味で使いたい場合は、
前後に補足的な文を加えるのがよいでしょう。

 

例えば、以下のような文です。

  • 彼はよく猪突猛進するが、若い内は行動力があった方がよい。
  • 全く行動しないよりも、猪突猛進した方がよい場合もある。

つまり、
「向こう見ずに行動するのも時には大事だ」
という意味合いですね。

 

「猪突猛進」には、「がむしゃらに進む」という
一種のエネルギッシュさが含まれています。

そのため、
「行動力」や「実行力」を強調した文にすれば、
ポジティブな意味が強くなるわけです。

 

また、その他の選択肢としては
違う四字熟語を使う」という方法もあります。

例えば、「勇往邁進(ゆうおうまいしん)」です。

勇往邁進」とは、
目的に向かって、勇ましく突き進むこと」を言います。

こちらは良い意味でしか使わない四字熟語です。

したがって、
もしも行動力がある人をほめたい場合は、
「勇往邁進」を使うのが無難だと言えるでしょう。

スポンサーリンク

猪突猛進の類語・対義語

猪突猛進 類語 英語

 

続いて、「猪突猛進」の
「類語」と「対義語」を紹介します。

【暴虎馮河(ぼうこひょうが)】

血気(けっき)にはやり、向こう見ずな行動をすること。

「暴虎」は「虎を素手でなぐること」

「馮河」は「黄河を渡って歩くこと」を意味します。

【匹夫之勇(ひっぷのゆう)】

思慮浅く、腕力を振るうだけのつまらない勇気。

「匹夫」とは「身分のいやしい男」

転じて、「未熟な人」を指します。

【直往邁進(ちょくおうまいしん)】

迷わずにまっすぐ突き進むこと。

「直往」は「まっすぐ行くこと」

「邁進」は「恐れずに進むこと」を意味します。

【一意専心(いちいせんしん)】

他のことを考えず、その事だけに集中すること。

「一意」は「一つに心を注ぐこと」

「専心」は「集中すること」を言います。

【直情径行(ちょくじょうけいこう)】

感情のおもむくままに行動すること。

以上、5つの類語を紹介しました。

様々な言い換えがありますが、
この中では「一意専心」と「真往邁進」が良い意味で使いますね。

他の言葉は、「猪突猛進」と同様に
すべて悪い意味で使うと考えてください。

 

逆に、「対義語」としては次の2つが挙げられます。

熟慮断行(じゅくりょだんこう)】

よく考えた上で、思い切って実行すること

【深謀遠慮(しんぼうえんりょ)】

深く考えて、綿密な計画を立てること。また、その計画。

こちらは
よく考える・深く考える
といった意味の四字熟語です。

ちなみに、慣用句としては、
石橋を叩いて渡る」なども反対語と言えるでしょう。

猪突猛進の英語訳

 

続いて、英語訳です。

「猪突猛進」は「英語」だと次の2つの言い方があります。

 

①「rush recklessly

②「make a headlong rush

 

①の「rush」は「急ぐ」という意味の動詞、
「recklessly」は「無謀に・むやむやたらに」という意味の副詞です。

両者を合わせることで、
「むやみやたらに急ぐ」=「猪突猛進」と訳せます。

また、②の「headlong」も「向こう見ずに・軽率に」
などの意味を表す副詞です。

こちらも「向こう見ずに急ぐこと」を表した表現となっています。

 

例文だと、以下のような言い方です。

He is the type that make a headlong rush.(彼は猪突猛進型だ。)

スポンサーリンク

猪突猛進の使い方・例文

 

最後に、「猪突猛進」を使った例文を確認しておきましょう。

 

  1. 社長は猪突猛進型なため、無謀な決断をすることが多い。
  2. 彼は思い立つと、猪突猛進になり周りが見えなくなってしまう。
  3. 猪突猛進で頑張るのもいいが、もっと慎重になってください。
  4. 猪突猛進タイプの指揮官なため、部下としては不安だ。
  5. 猪突猛進型な彼女は、冷静に状況を分析する能力が低い。
  6. 敵陣に向かって、猪突猛進の勢いで突き進む。
  7. 猪突猛進のごとく、相手チームを攻め落とす。

 

上記のように、「猪突猛進」は、
基本は相手の性格に対して使う言葉だと考えて下さい。

ただし、場合によっては、
軍事やスポーツなどに使うこともあります。

例えば、最後の2つの文ですね。

この場合は、「良い・悪い」というよりも
突き進む時の勢いの激しさ」を強調するような時に使います。

基本はネガティブな使い方をしますが、
念のためこのような用例も覚えておきましょう。

関連:>>勇往邁進の意味や良い言い方は?使い方・例文も解説

まとめ

 

以上、内容を簡単にまとめると、

猪突猛進」=向こう見ずに激しい勢いで突き進むこと。

語源」=イノシシのように、激しく直線的に突き進む様子から。

使い方」⇒原則として、悪い意味で使う。

類語」=「暴虎馮河・匹夫之勇・直往邁進・一意専心」など。

英語」=「rush recklessly」「make a headlong rush」

ということでした。

 

目標に向かって突き進むことは、決して悪いことではありません。

しかし、「猪突猛進」が言いたいのは
「行動する前によく考えることも必要」ということですね。

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

国語力アップ.com管理人

大学卒業後、国語の講師・添削員として就職。その後、WEBライターとして独立し、現在は主に言葉の意味について記事を執筆中。 【保有資格】⇒漢字検定1級・英語検定準1級・日本語能力検定1級など。

最新記事 by 国語力アップ.com管理人 (全て見る)