この記事の所要時間: 446

気宇壮大の意味とは 使い方 由来 例文

 

人の気持ちや望みを表す言葉があります。

一般的には、
気宇壮大な夢」「気宇壮大な計画」
などと言いますね。

漢字だけを見ると、何やら
スケールが大きい印象ではないでしょうか?

一体どのような使い方をするのか気になる所ですよね。

 

そこで今回は、
「気宇壮大」の意味・語源・使い方
などを詳しく解説していきたいと思います。

では、さっそく確認していきましょう。

スポンサーリンク

気宇壮大の意味

 

まずは、
基本的な意味です。

【気宇壮大(きうそうだい)】

心意気がよく度量の広いこと。構想などが大きく立派であること。また、そのさま。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

気宇壮大」とは、
心意気がよく度量の広いこと。構想などが大きいこと。
を言います。

 

心意気(こころいき)」とは、
「物事をしようとするときの心の持ち方」
だと思ってください。

一言で、「心構え・気構え」
などと覚えてもよいでしょう。

そして、
度量(どりょう)とは、
「心の広さ・心の大きさ」を表します。

 

つまり、
物事に取り組む時の心が広いこと」を
「気宇壮大」と言うわけですね。

 

例えば、
以下のように使います。

彼は気宇壮大な夢を描く野球少年である。

この場合は、
「大きくて立派な夢を描く」
という意味だと思ってください。

 

具体的には、

  • メジャーリーガーを目指す
  • 年俸5億円プレイヤーになる
  • 稼いだお金で豪邸に住む

といったことですね。

このように、
目標や望みなどが並外れて大きい場合
「気宇壮大」を使うわけです。

気宇壮大の語源

 

「気宇壮大」の
「語源」も確認しておきましょう。

 

「気宇」の「」は
「気分」や「気質」の「気」と同じ漢字です。

そして、「」は
「宇宙」の「宇」と同じ漢字です。

すわなち、「気宇」とは、
宇宙のように広がる気持ちの大きさ
を意味します。

 

そして、「壮大」の「」は
「壮観」「壮絶」などがあるように
立派な・すぐれた」という意味です。

これに「大きさ」を表す「大」が加わるので、
壮大」=「立派で大きい」という意味になります。

 

整理すると、

気宇壮大」=宇宙のように広がる、立派で大きい気持ち。

となります。

ここから、
「度量や構想などが大きい」
という意味になるわけですね。

 

ポイントは、
「並外れた大きさ」
にあると言えるでしょう。

「気宇壮大」は、
ちょっとやそっとの度量の大きさには使いません。

宇宙の大きさに例えられるほど、
スケールが大きい場合に使われるのです。

スポンサーリンク

気宇壮大の類語

気宇壮大 類語

 

「気宇壮大」の
「類語」は以下の通りです。

【気宇広大(きうこうだい)】

心構え・構想が並外れて広く大きいこと。

【気宇雄豪(きうゆうごう)】

心構え・構想が雄々しく強いこと。

「雄々(おお)しい」とは、
「男らしく勇気がある様子」を言います。

【気宇軒昂(きうけんこう)】

心構え・構想に勢いがあること。

「軒昂」とは「高く上がる」という意味です。

【天空海闊(てんくうかいかつ)】

度量が大きく、こだわりのないこと。

「大空」と「海」は、果てしなく広がるため。

【幕天席地(ばくてんせきち)】

心や気持ちが大きいこと。

「天」を屋根の代わりの「幕」とし、
「地面」を「座席」にすることから。

イメージ的には、
「スケールが大きい様子」
を考えると分かりやすいでしょう。

「気宇壮大」には、
「その人の高い精神性のようなもの」が含まれています。

したがって、
気概(きがい)」「向上心
などの言葉も近い意味と言えますね。

 

また、「目標に対して突き進む」という点では、
勇往邁進」も「類語」と呼べるでしょう。

「勇往邁進」については、
以下の記事を参照して下さい。

>>勇往邁進の意味や良い言い方は?使い方・例文も解説

気宇壮大の英語

 

続いて、英語訳です。

「気宇壮大」は、
「英語」だと次のように言います。

 

magnanimous(度量の大きい)」

broad-minded(広い心を持った)」

 

どちらも、「心の広さ」
を表す時に使える表現ですね。

例文だと、

He is a magnanimous man.(彼は度量の大きい男だ。)

She has a broad-mind.(彼女は広い心を持っている。)

などがあります。

 

また、少し難しい表現だと

grand in one’s idea or mind-set

なども使えます。

「grand」は「広い」

「mind」「mind-set」は、
「心の持ち方」という意味ですね。

スポンサーリンク

気宇壮大の使い方・例文

 

では、「気宇壮大」の使い方を
例文で確認しておきましょう。

 

  1. 「自転車で世界一周する」という気宇壮大な計画を立てる。
  2. 気宇壮大な夢を持つのは、若者の特権と言えるだろう。
  3. 彼はスケールの大きい気宇壮大な人物として知られている。
  4. 社長の気宇壮大な計画に共感し、多くの社員が集まってきた。
  5. 10年後を見据えて、今は気宇壮大な構想を練っています。
  6. 彼女の気宇壮大で奇抜なアイデアに、圧倒されてしまった。

 

「気宇壮大」は、原則として
「ポジティブな意味で使う」と考えて下さい。

生きていく上で、
「心構えを大きくすること」は非常に大事です。

特に、将来性豊かな子供などは
目標が大きい方が好ましいですよね。

 

そのため、「気宇壮大」は
夢を大きく持つ人」「壮大な構想を持つ人
といった意味で使われやすいのです。

まとめ

 

いかがでしたか? 

 

内容を簡単にまとめると

気宇壮大」=心意気がよく度量の広いこと。構想などが大きいこと。

語源」=宇宙のように広がる、立派で大きい気持ち。

ということでした。

一言で、「並外れた心構え
と覚えてもよいでしょう。

 

なかなか奥が深い
「四字熟語」だったのではないでしょうか。

今後の人生で夢や構想を練る時は、
ぜひ「気宇壮大」を使ってみてくださいね。

今回は以上です!

スポンサーリンク