この記事の所要時間: 50

巧言令色 意味 わかりやすく 由来 例文

 

「論語」に出てくる有名な言葉があります。

 

巧言令色な人」

巧言令色で取り入る」

 

故事成語に詳しい人は、
聞いたことがあるのではないでしょうか?

実はこの言葉はビジネスなどでよく使えるのです。

 

この記事では、
巧言令色」の意味・由来・使い方・例文
などを解説していきたいと思います。

では、さっそく確認していきましょう。

スポンサーリンク

巧言令色の意味

 

まずは、
基本的な意味です。

【巧言令色(こうげんれいしょく)】

相手に気に入られるように、心にもないお世辞を言ったり、こびへつらうような顔つきや態度をすること。

出典:学研 四字辞典熟語

巧言令色」とは、
相手にお世辞を言ったり、こびへつらうような態度をとること
を言います。

 

例えば、
以下のような使い方です。

彼は巧言令色な部下なので、周りから嫌われている。

この場合は、
彼が上司にこびへつらうような態度をとるので、
周りから嫌われているということですね。

 

このように、
相手に気に入られようとする人」もしくは
口先だけで中身が伴わない人」などに対して
「巧言令色」を使うと考えてください。

多くの場合、ネガティブな意味で使う言葉です。

 

補足すると、

巧言」は「巧(たく)みな言葉」と書くので、
うまい言葉のこと」を指します。

そして、
令色」は「色を令(よ)くする」と読むので、
色(顔色)を相手に合わせてとりつくろうこと
を意味します。

すわなち、
うまい言葉を用い、表情をとりつくろうこと」が、
この言葉の語源になっているわけですね。

巧言令色の由来

 

「巧言令色」は、中国春秋時代の古典である
論語』の「学而(がくじ)」に由来します。

 

「学而」の中に、
次のような一文があります。

「子曰、巧言令色鮮(すくな)し仁(じん)。」

簡単に訳すと、

「孔子が言うには、言葉を飾って相手に取り入るような態度は、徳からは遠いものである。」

という意味です。

※「鮮(すくな)し」=「少なし」だと思ってください。

 

この文言は、当時の孔子が
弟子たちに対して放った言葉とされています。

孔子は、人が生きていく上で
」が大切であると説きました。

「仁」とは、「他人を思いやる心のこと」を指し、
人が行うことのできる最高の徳と言われています。

 

この「仁」とかけ離れた行動が、
「言葉を飾ること」や「相手に取り入ること」だと
孔子は言ったわけですね。

 

口先だけが上手い人には、
「愛情」や「思いやり」などの気持ちはありません。

そして、表面だけをとりつくろう人は、
「他者を利用して利益を得る」という裏の目的があります。

つまり、
言葉や顔つきをとりつくろう人には
本当の人格者はいない
わけです。

「孔子」は、約2500年前から
その事実に気づいていたわけですね。

スポンサーリンク

巧言令色の類語

巧言令色 類語 対義語

 

「巧言令色」の
「類語」は以下の通りです。

【美辞麗句(びじれいく)】

うわべだけを美しく飾った内容のない言葉。

【外交辞令(がいこうじれい)】

相手に気に入られようと、表面を繕っていう言葉。

【阿諛追従(あゆついしょう)】

気に入られようとして、こびへつらうこと。

【有名無実(ゆうめいむじつ)】

名ばかりで、それに伴う実質のないこと。

四字熟語で類語と呼べるものは、
比較的少ないですね。

一般的な語だと、
巧言」「口達者」「二枚舌」などが
近い意味と言えるのではないでしょうか?

 

逆に、対義語としては
質実剛健(しつじつごうけん)
剛毅木訥(ごうきぼくとつ)」などが挙げられますね。

どちらも
中身が充実していて、飾り気がない
という意味が共通しています。

 

こちらは、ポジティブな意味を
持った四字熟語だと考えてください。

ぜひこの機会に覚えておきましょう。

関連記事:>>舌先三寸の意味とは?短文や語源・類語も解説

巧言令色の英語

 

続いて、英語訳です。

「巧言令色」は、
「英語」だと次の3つの言い方があります。

 

flattery(お世辞・おべっか)」

honeyed words(甘い言葉)」

fair words(もっともらしい言葉」

 

「fair」は、ここでは
「公平」という訳ではなく、
「もっともらしい」という意味で使われています。

すなわち、
「言葉は上手いけども、誠実みのない」
という意味ですね。

 

例文だと、
それぞれ以下のような言い方をします。

He is a person who uses flattery.
(彼はおべっかを使う人だ。)

He is easily pleased by honeyed words.
(彼は甘い言葉に弱い。)

She was susceptible to fair words.
(彼女はもっともらしい言葉に乗せられた。)

スポンサーリンク

巧言令色の使い方・例文

 

では、「巧言令色」の使い方を
例文で確認しておきましょう。

 

  1. あまりに上司にこびていると、巧言令色な人と言われるよ。
  2. 巧言令色な彼の性格を見抜けなかった自分の責任だね。
  3. 巧言令色な態度を繰り返すと、周りから人が離れていくだろう。
  4. 巧言令色鮮し仁」、本心で人と接するようにしてください。
  5. 巧言令色で社長に取り入るなんて、彼女はずる賢いね。
  6. 口先だけの行動は、巧言令色と言われても仕方ないよ。

 

「巧言令色」は、日常生活も含めて
様々な場面で使われています。

その中でも、
ビジネスで使うことが多い言葉と言えるでしょう。

組織の中では、
「上司にこびる人」「口先だけが上手い人」
などは必ずいますよね?

ですので、
そういった人たちを否定的に伝える意味でも
「巧言令色」は便利な言葉なのです。

まとめ

 

いかがでしたか? 

 

内容を簡単にまとめると

巧言令色」=相手にお世辞を言ったり、こびへつらうような態度をとること。

語源」=みな葉で、顔(よ)くする。

由来」=『論語』の「巧言令色鮮(すくな)し仁(じん)」から。

類語」=「美辞麗句・外交辞令・阿諛追従」など。

ということでした。

 

もちろん、時には相手に対して
お世辞やおべっかを言うことも大事です。

しかし、あくまでこの四字熟語が言いたいのは
「言葉や表情をとりつくろうのは、人格者ではない」
ということですね。

では、今回は以上です!

スポンサーリンク