この記事の所要時間: 431

約款 定款 違い 規約 意味

 

約款」と「定款

どちらも
法律が関係しているイメージですね。

特に「約款」は、
生命保険の契約などでよく見る言葉です。

さらに、似たような言葉で
規約」も使われています。

 

これらの言葉は、
一体どんな違いがあるのでしょうか?

さっそく、確認していきましょう。

スポンサーリンク

約款の意味

 

まずは、
「約款」の意味です。

【約款(やっかん)】

条約・契約などに定められている個々の条項。

保険や運送など不特定多数の利用者との契約を処理するため、あらかじめ定型的に定められた契約条項。保険約款・運送約款など。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

約款(やっかん)」とは、
定型的に定めた個々の契約条項のこと
を言います。

簡単に言うと、
契約上の決め事」ですね。

 

最も使われる例としては、
「保険の約款」が挙げられるでしょう。

例えば、生命保険であれば、

保険料の額」「支払う条件」「年齢の条件

など契約上の決め事がありますよね?

このような細かい決め事を、
あらかじめ紙に書いて顧客に渡しておくわけです。

そうすれば、
「契約後にトラブルが起こりにくい」
ということですね。

 

「約款」は、正式には、
普通取引約款」と呼びます。

「保険」以外だと、
「スマホ」「不動産」「クレジットカード」
などの契約も含まれますね。

いずれにせよ、事後トラブルを防ぐために
「約款」が存在すると思ってください。

定款の意味

 

続いて、
「定款」の意味です。

【定款(ていかん)】

公益法人・会社・協同組合などの社団法人の目的・組織・活動などに関する根本規則。また、それを記載した書面。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

定款(ていかん)」とは、
会社などに関する根本規則のこと
を言います。

簡単に言えば、
組織内の決め事」ですね。

 

例えば、会社を設立する時には、

  • 会社の名称
  • 会社の住所
  • 取締役の氏名
  • 事業の目的

などの項目を決める必要があります。

そして、
「公証人役場」という所で認証を得て、
会社自体の登記を行います。

その結果、実際に会社を
運営することが可能となるのです。

 

「定款」は、記載する事項が
ある程度決まっていると考えてください。

具体的には、
以下の3つの記載事項ですね。

①「絶対的記載事項

②「相対的記載事項

③「任意的記載事項

これらの項目を記載することにより、
初めて会社として事業を始められるのです。

スポンサーリンク

約款と定款の違い

約款 定款 違い

 

ここまでの内容を整理すると、

約款」=契約上の決め事。

定款」=組織内の決め事。

ということでした。

 

どちらも「決め事(ルール)」
であることに変わりはありません。

しかし、両者は
その決め事の種類が異なるわけですね。

 

「約款」は、「契約する時のルール」です。

したがって、
「企業と個人」あるいは「企業同士」が
契約を結ぶ時に初めて使われます。

 

一方で、「定款」は
組織を運営するためのルール」です。

したがって、
こちらは会社や協同組合などに対して
使われるわけですね。

 

覚え方としては、

約款」=「契する時の条項」

定款」=「組織でめる条項」

と考えると分かりやすいでしょう。

※「款」は「条項」という意味。

 

「約款」は、
そもそも契約などの約束事を
結ぶ時にしか使いません。

対して、「定款」は会社を中心に
組織で定める時に使うわけですね。

規約の意味

 

似た言葉で「規約」があります。

「規約」の意味も確認しておきましょう。

【規約(きやく)】

団体内で協議して決めた規則。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

規約」とは、
団体内で決めた規則のこと」を言います。

これだけだと「定款」と似ていますが、
「定款」は、組織を運営する上で
絶対になくてはならないものです。

一方で、
「規約」はなくても構いません。

 

規約」は、定款」よりも
細かいルールを定めたもの
です。

例えば、「一般社団法人」であれば、
「入会や脱退の方法」「会費の集め方」などが該当します。

これらの細かいルールは、
特になくても法的には問題ありません。

したがって、
「規約」がない組織も当然あるわけですね。

 

また、「約款」との違いですが、
「約款」はお互いが契約を結ぶことが前提にあります。

一方で、「規約」は
必ずしも契約を結ぶとは限りません。

場合によっては、
不特定多数への決め事も
「規約」に含まれるのです。

スポンサーリンク

使い方・例文

 

最後に、それぞれの使い方を
例文で確認しておきましょう。

 

【約款の使い方】

  1. 保険商品は、約款に基づいて締結される。
  2. 私鉄会社は、各自、運送約款を定めた。
  3. 電車に乗る時は、運送約款が適用される。

 

【定款の使い方】

  1. 定款の一部変更を、取締役会で話し合った。
  2. 会社の定款を作成する仕事を任される。
  3. 定款は、会社内における憲法とも言われる。

 

【規約の使い方】

  1. マンションの管理規約に違反しないように。
  2. 利用規約の同意をしてから、ダウンロードする。
  3. 首相は、連盟規約の改定を提案した。

 

関連:>>請負と委託の違いとは?委任や契約も解説

まとめ

 

では、今回の内容をまとめておきましょう。

約款」=契約上の決め事。

定款」=組織内の(大きな)決め事。

規約」=団体内で決めた(細かい)規則。

ということでしたね。

 

「約款」は、契約を結ぶ時しか使いません。

また、「定款」は
会社や団体の姿・存在理由などを示したものです。

そして、
「規約」は団体内のルールを
さらに細かく記したものでしたね。

では、今回は以上です!

スポンサーリンク