この記事の読了目安: 440

約款 定款 違い 規約 意味 使い分け

 

約款」と「定款」は、会社内の決まりごとや生命保険の契約などでよく見る言葉です。また、似たような言葉で「規約」が使われることもあります。

これらの言葉は、どう使い分ければいいのでしょうか?本記事では「約款」と「定款」の違い、さらに「規約」についても解説しました。

スポンサーリンク

約款の意味

 

まずは、「約款」の意味からです。

【約款(やっかん)】

条約・契約などに定められている個々の条項。

保険や運送など不特定多数の利用者との契約を処理するため、あらかじめ定型的に定められた契約条項。保険約款・運送約款など。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

約款」とは「定型的に定めた個々の契約条項」を意味します。簡単に言うと「契約上の決め事」のことです。

最も使われる例としては、「保険の約款」が挙げられるでしょう。例えば、生命保険を結ぶ際には「保険料の額」「支払う条件」「年齢の条件」など契約上の決め事があります。

そして、実際にこれらの決め事を契約後のトラブル防止のために、あらかじめ資料などにまとめて顧客に渡しておきます。このような細かい契約上の決め事を「約款」と呼ぶわけです。

「約款」は、正式には「普通取引約款」と言います。保険の契約以外だと、スマホや不動産、クレジットカードなどの契約にも約款は使われています。

いずれにせよ、契約後の事後トラブルを防ぐために「約款」が存在すると考えてください。

スポンサーリンク

定款の意味

 

続いて、「定款」の意味です。

【定款(ていかん)】

公益法人・会社・協同組合などの社団法人の目的・組織・活動などに関する根本規則。また、それを記載した書面。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

定款」とは「会社などに関する根本規則のこと」を意味します。簡単に言えば、「組織内の決め事」のことを指します。

例えば、会社を設立する時には、「会社の名称」「会社の住所」「取締役の氏名」「事業の目的」などの項目を決める必要があります。

そして、「公証人役場」という所で認証を得て会社自体の登記を行います。その結果、実際に株式会社を運営することが可能となるのです。

「定款」は、記載する事項がある程度決まっています。具体的には、以下の3つの記載事項です。

①「絶対的記載事項」②「相対的記載事項」③「任意的記載事項

これらの項目を記載することにより、初めて会社として事業を始められることになります。

スポンサーリンク

約款と定款の違い

約款 定款 違い 使い分け

 

ここまでの内容を整理すると、

約款」=契約上の決め事。定款」=組織内の決め事。

ということでした。

比較して分かるように、どちらも「決め事」すなわち「ルール」であることに変わりはありません。しかしながら、両者はその決め事の種類が異なります。

まず「約款」は「契約する時のルール」を意味します。したがって、「企業と個人」あるいは「企業同士」が契約を結ぶ時に初めて使われる言葉となります。

一方で、「定款」は「組織を運営するためのルール」です。したがって、こちらは会社や協同組合、公益法人などに対して使われる言葉となります。

覚え方としては、「約款」は「契する時の条項」、「定款」は「組織でめる条項」と考えると分かりやすいでしょう。※「款」は「条項」という意味です。

「約款」は、契約などの約束事を結ぶ時にしか使いません。対して、「定款」は会社を中心に組織で定める時に使います。

スポンサーリンク

規約の意味

 

似たような言葉で「規約」があります。

【規約(きやく)】

団体内で協議して決めた規則。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

規約」とは「団体内で協議して決めた規則」を意味します。

この説明だけだと「定款」と似ていますが、「定款」は組織を運営する上で絶対になくてはならないものです。一方で、「規約」の方はなくても構いません。

「規約」は、定款」よりも細かいルールを定めたものです。

例えば、一般社団法人であれば、「入会や脱退の方法」「会費の集め方」などが該当します。これらの細かいルールは、特になくても法的には問題ありません。

したがって、「規約」がない組織も当然あるということになります。

また、「規約」と「約款」との違いですが、「約款」はお互いが契約を結ぶことが前提にあります。一方で、「規約」は必ずしも契約を結ぶとは限りません。

場合によっては、不特定多数への決め事も「規約」に含まれることになります。

スポンサーリンク

使い方・例文

 

最後に、それぞれの使い方を例文で紹介しておきます。

 

【約款の使い方】

  1. 保険商品は、約款に基づいて締結される。
  2. 私鉄会社は、各自、運送約款を定めている。
  3. 電車に乗る時は、運送約款が適用される。
  4. 約款に書かれている記載事項を変更した。
  5. 生命保険を結ぶ際に、個々の約款を確認した。

【定款の使い方】

  1. 定款の一部変更を、取締役会で話し合った。
  2. 会社の定款を作成する仕事を任された。
  3. 定款は会社内における憲法とも言われる。
  4. 法人を設立するため、定款が作成された。
  5. 絶対的記載事項は、定款に記載しなければいけない。

【規約の使い方】

  1. マンションの管理規約に違反する。
  2. サービスの規約をしっかりと確認する。
  3. 首相は連盟規約の改定について提案した。
  4. 会員は以下の規約に同意する必要がある。
  5. 利用規約の同意をしてからダウンロードする。
 

まとめ

 

以上、本記事のまとめとなります。

約款」=定型的に定めた個々の契約条項

定款」=会社や公益法人などに関する根本規則。

規約」=団体内で協議して決めた規則。

「違い」⇒約款」は「契約上の決め事」を指し、「定款」は「組織内の大きな決め事」を指す。「規約」は「団体内で決めた細かい規則」を指す。

「約款」は契約を結ぶ時にしか使いません。また、「定款」は会社や団体の姿・存在理由などを示したものです。「規約」に関しては、団体内のルールをさらに細かく記したものと覚えておきましょう。

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

国語力アップ.com管理人

大学卒業後、国語の講師・添削員として就職。その後、WEBライターとして独立し、現在は主に言葉の意味について記事を執筆中。 【保有資格】⇒漢字検定1級・英語検定準1級・日本語能力検定1級など。

最新記事 by 国語力アップ.com管理人 (全て見る)