この記事の読了時間: 540

審議 協議 違いとは 討議 意味

 

審議」と「協議

どちらも
人と人が話し合う場面で見る言葉ですね。

社会人の方だと、
会議などでよく使うのではないでしょうか。

 

さらに似たような言葉で、
討議」もあるようです。

これらの言葉は、一体どのように
使い分ければよいのでしょうか?

さっそく、確認していきましょう。

スポンサーリンク

審議の意味

 

まずは、
「審議」の意味です。

【審議(しんぎ)】

会議を開き、事情を調べ、可否を相談すること。

出典:三省堂 大辞林

審議」とは、
ある物事について、可否を決めること
を言います。

 

例えば、
以下のような使い方です。

  • 国会で審議する
  • 予算の審議をする

 

「審議」は、
最終的に結論を出す
という点が一番のポイントです。

上記の例だと、
「法案に賛成か?反対か?」
「予算はいくらまで出すか?」
といった結論をはっきりと出します。

 

このように、
何かを話し合って結論を決めること」を
「審議」と言うわけですね。

 

そもそも、「」という字は
「球審」「審査」などがあるように
「(何かを)はっきりさせる」という意味があります。

つまり、
「白黒をはっきりさせる」ということですね。

「審議」は色々と話し合いますが、
あくまで物事をクリアにすることが目的なのです。

協議の意味

 

続いて、
「協議」の意味です。

【協議(きょうぎ)】

話し合って決めること、またその話し合い。

出典:三省堂 大辞林

協議」とは、
話し合って(方向性を)決めること」を言います。

 

例えば
以下のような使い方です。

  • 対策を協議する
  • 三者で協議をする

 

「協議」は、
必ずしも結論を決めるわけではない
という点がポイントですね。

「協議」をする上で重要なのは、
結論へ導くために方向性を定めることです。

したがって、
「場合によっては結論が決まらない」
ということも十分ありえるわけです。

 

こちらも語源を確認しておくと、

」という字は、
「協力」「協働」などがあるように
合わさる・一致する」という意味があります。

すわなち、
「議論しながら話題を合わせること」が
「協議」の本来の目的なわけですね。

討議の意味

 

続いて、
「討議」の意味です。

【討議(とうぎ)】

ある事について、互いに意見を交わし論じ合うこと。ディスカッション。

出典:三省堂 大辞林

討議」とは、
ある物事について意見を交(か)わし合うこと
を言います。

 

例えば、
以下のような使い方です。

  • 討議を重ねる
  • 方針を討議する

 

「討議」は、
話し合いの最初の段階で行われます

つまり、結論や方向性うんぬんではなく、
そもそもどんな案があるのか?
といった意見を出し合うわけですね。

 

」という字は、
質問する・調べる」などの意味があります。

よって、
「相手に質問したり疑問を調べたりすること」が
「討議」の本来の目的なのです。

スポンサーリンク

審議・協議・討議の違い

審議 協議 討議 違い

 

ここまでの内容を整理すると、

審議」=ある物事について可否を決める。

協議」=話し合って方向性を決める。

討議」=ある物事について意見を交わし合う。

ということでした。

 

それぞれの関係性を簡単に言うと、

「討議」⇒「協議」⇒「審議」の順で話し合う。

となります。

 

分かりやすい例を挙げましょう。

 

長生きするにはどうすればよいか?
というテーマで話し合ったとします。

 

まず色々な意見を出し合って
討議」していきます。

 

  • 「良質な睡眠をとる。」
  • 「ストレスをためない。」
  • 「バランスのよい食事をとる。」
  • 「医療を発達させる。」

 

最初は、
結論を出すのではなく、意見を出し合うことが重要
ということでしたね。

 

続いて、出てきた意見を元に
協議」していきます。

 

  • 「ストレスをためると、食生活が乱れないだろうか?」
  • 「ドカ食いなんかは、まさにそうだ。」
  • 「睡眠もそうだ。嫌なことがあると目が覚めやすい。」

 

この段階では、
討議を元に、テーマの方向性を定める
ということでした。

「協議」は、結論を出すのではなく、
あくまで意見をすり合わせていくことが重要です。

 

最後に「審議」です。

「討議」を元に、
最終的な結論を出していきます。

 

  • 「ストレスは、食事や睡眠とも深く関わっている。」
  • 「だったら、全ての行動に直結するのがストレスではないだろうか?」
  • 長生きするにはやっぱりストレスをなくすことが一番重要だ。

 

「最初に提示したテーマ」
に対する結論が出ましたね。

「審議」は、
白黒をはっきりさせることが目的なので、
ひとまず議論が終了したことになります。

 

何となく3者の違いを理解できたでしょうか?

 

もちろん、必ずしもこの順番で
行わなければいけないわけではありません。

あくまで、
「話し合いには大まかな順番がある」
という意味だと思ってください。

 

「議論」というのは、
考え方が異なる複数の人が集まって行われます。

したがって、
ある程度決まった順番で進めた方が
物事がスムーズに運ぶわけです。

スポンサーリンク

使い方・例文

 

では、最後にそれぞれの使い方を
例文で確認しておきましょう。

 

【審議の使い方】

  1. 国会が召集され、予算の審議が始まった。
  2. 問題発言を審議して、再発防止に努める。
  3. 実行委員会で審議した結果、今回は中止となった。
  4. 彼は政策審議会の副会長を務める男だ。

 

【協議の使い方】

  1. 委員会で協議した結果、大まかな方針を定めた。
  2. 社会福祉における協議会に、一団体として加盟する。
  3. 長年付き合った妻だが、協議離婚することになった。
  4. セキュリティー対策について、政府が協議を始めた。

 

【討議の使い方】

  1. 温暖化問題の解決策をグループで討議する。
  2. 男女平等問題について、まずは討議してください。
  3. 日銀の金融政策を専門家たちが討議する。
  4. 選挙が始まり、各政治家たちが討議を始めた。

 

※「協議離婚」とは、
夫婦間の話し合いによって離婚すること
を言います。

 

「協議離婚」は、
「離婚」という方向性は定めます。

ただし、あくまで「協議」ですので、
離婚するかしないかは最初に決めません。

協議が成立しない場合は、
「調停離婚」「裁判離婚」などになります。

 

言葉の意味が分かれば、
難しい法律用語も理解しやすくなりますね。

関連記事:>>議決と決議の違いとは?意味や使い分けも

まとめ

 

いかがでしたか? 

 

内容を簡単にまとめると

審議」=ある物事について可否を決めること。

協議」=話し合って方向性を決めること。

討議」=ある物事について意見を交わし合うこと。

討議」⇒「協議」⇒「審議」の順で進める。

ということでした。

 

どれもビジネスや日常生活でよく使われる言葉です。

この記事をきっかけに、
ぜひ正確な違いを理解しておきたいですね。

では、今回は以上です!

スポンサーリンク