この記事の所要時間: 441

奮励努力 意味とは 使い方 例文 類語

 

奮励努力」という
四字熟語をご存知ですか?

 

「奮励努力せよ」

「奮励努力してまいります」

イメージとしては、
「習字」や「書き初め」など
改まった場面で使われそうですね。

しかし、
実はこの言葉は受験やビジネスなどで
よく使えて便利なのです。

もしも意味を覚えれば、
明日からすぐに使ってみたくなることでしょう。

 

この記事では、
奮励努力」の意味・使い方・類語など
詳しく解説していきたいと思います。

さっそく、確認していきましょう。

スポンサーリンク

奮励努力の意味

 

まずは、
基本的な意味です。

【奮励努力(ふんれいどりょく)】

気力を奮い起こし、努めて励むこと。

出典:実用日本語表現辞典

奮励努力」とは、
気力を奮い起こして、物事に励むこと」を言います。

 

例えば、
以下のような使い方です。

大学に合格するために、今年は奮励努力しよう。

この場合は、
「大学合格のために、気力を出して勉強に取り組む」
ということですね。

 

「奮励努力」は、
「努力」という文字がある通り
目標に対して頑張るような時に使います。

言いかえれば、
「その人の意気込みを表した言葉」
ということですね。

 

私たちは、人生の節目において
たびたび目標を設定しますよね?

そんな時に、
気持ちを込めて、何かに取り組む
という意味で「奮励努力」を使うわけです。

奮励努力の語源

 

「奮励努力」の語源も確認しておきましょう。

 

まず、「奮励」は
(ふる)い起こしてむ」と書きます。

奮い起こす」=「何かをしようと気合をみなぎらせる」

励む」=「熱心に取り組んだり、懸命に物事を行うこと」

という意味です。

 

つまり、
気合をみなぎらせて熱心に取り組むこと」を
「奮励」と言うわけですね。

 

また、「努力」は
「一生懸命取り組む」という意味です。

こちらは普段から使われているので大丈夫ですね。

 

以上の語源から、

奮励努力」=気合をみなぎらせて、熱心・懸命に取り組む。

という意味になるわけです。

 

※【「励む」と「努力」はほぼ同じ意味
だと考えてください。

あえて似た意味を重ねることにより、
目的のために懸命に頑張る」という意味を
強調しているわけですね。

スポンサーリンク

奮励努力の類語

奮励努力 類語

 

続いて、
「奮励努力」の「類語」です。

【獅子奮迅(ししふんじん)】

猛烈な勢いで活動すること。

「獅子」は「ライオン」

「奮迅」は「激しく奮い立つ様子」を指します。

【精励恪勤(せいれいかっきん)】

熱心に仕事や学業に励むこと。

「精励」は「力の限り努めること」

「恪勤」は「熱心に真面目に働くこと」を意味します。

【努力奮励(どりょくふんれい)】

ほぼ同じ意味。

※「前後を逆にした言葉」だと思ってください。

【奮闘努力(ふんとうどりょく)】

奮い立って、全力で物事を行うこと。

「奮闘」は「気合を入れて戦うこと」を言います。

【勇往邁進(ゆうおうまいしん)】

目的や目標に向かって、ひたすら努力すること。

「勇往」は「勇気を出して、行く」

「邁進」は「元気よく、前進する」という意味です。

いずれも、
熱心・努力・奮い立つ
といった意味が共通していますね。

中でも一番近い意味なのが
努力奮励」と「奮闘努力」の2つですね。

どちらの四字熟語も「同義語」と言っていいでしょう。

 

また、「目的を見失わず努力する」という意味では、
万里一空」も「類語」と言えますね。

「万里一空」の意味は
以下の記事を参照してください。

>>万里一空の意味とは?使い方や例文・語源も解説

奮励努力の英語

 

続いて、英語訳です。

「奮励努力」は
「英語」だと次のように言います。

 

make strenuous efforts

 

それぞれの語句を説明すると、

「strenuous」=「熱心な・奮闘的な」

「make efforts」=「努力する」

という意味です。

 

後者の方は「単語」ではなく「熟語」ですね。

直訳すると、
熱心に努力する・奮闘的に努力する
といった意味になります。

 

例文だと、
次のような言い方です。

You must make strenuous efforts to pass the examination.
(試験に合格するには、奮励努力しなくてはならない。)

スポンサーリンク

奮励努力の使い方・例文

 

では、「奮励努力」の使い方を
例文で確認しておきましょう。

 

  1. 東大に合格するには、奮励努力する必要がある。
  2. 奮励努力の精神で、御社に貢献するつもりです。
  3. 彼の成功は、常に奮励努力してきたからこそである。
  4. これからも、より奮励努力していくつもりです。
  5. 社員一同、奮励努力を怠らないようにしてください。
  6. 奮励努力して築き上げた結果、今の収入がある。

 

「奮励努力」は、「学業」や「ビジネス」など
正式な目標・目的などに使う」と考えてください。

 

逆に言えば、日常生活などの
「フランクな場ではあまり使わない言葉」
ということですね。

例えば、
「明日は早く起きようと、奮励努力します。」
などの使い方は不適切です。

この場合は、単に
「がんばる・努力する」などと言います。

同じ「がんばる」でも、場面によって
うまく使い分けるようにしましょう。

まとめ

 

いかがでしたか?

 

内容を簡単にまとめると、

奮励努力」=気力を奮い起こして、物事に励むこと。

語源」=「気合をみなぎらせて、熱心・懸命に取り組むこと」から。

類語」=「獅子奮迅精励恪勤努力奮励奮闘努力勇往邁進

英語」=「make strenuous efforts」

ということでしたね。

 

長い人生、「一度は本気で物事に励む」
という人も多いかと思います。

そんな時は、
ぜひ「奮励努力」という言葉を
使ってみてはどうでしょうか?

では、今回は以上です!

スポンサーリンク