この記事の所要時間: 54

偶然 必然 違い 意味

 

あなたは
偶然」と「必然
の違いを説明できますか?

 

偶然、事件が起こった」

必然的にそうなった」

どちらの言葉も
普段からよく目にしていますよね。

ところが、
正確な意味を理解している人は
意外と少ないのではないでしょうか?

そのため、
具体例も交えてわかりやすく
解説していきたいと思います。

 

では、さっそく確認していきましょう。

スポンサーリンク

偶然の意味

 

まずは、
「偶然」の意味です。

【偶然(ぐうぜん)】

何の因果関係もなく、予期しないことが起こること。また、そのさま。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

偶然」とは、簡単に言うと
たまたまそうなること」だと思ってください。

 

例えば、以下のようなことは
「たまたまそうなった」と言えるでしょう。

彼は勉強をサボった。→志望校に合格した。

 

普通であれば、勉強をサボれば
テストの点数は下がってしまいます。

ましてや、志望校に合格することなど
まずできませんよね?

 

つまり、
彼が合格したのは運が良かっただけです。

決して、
「サボった」から「合格した」
とは言うことができません。

このように、
前後の文章に何の因果関係もないこと
偶然」と呼んでいるのです。

 

因果(いんが)」とは、
「原」と「結」のことです。

つまり、「因果関係がない」とは、
原因と結果がちゃんと結びついてない
ということですね。

スポンサーリンク

必然の意味

 

続いて、
「必然」の意味です。

【必然(ひつぜん)】

必ずそうなること。それよりほかになりようのないこと。また、そのさま。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

必然」とは、簡単に言うと
必ずそうなること」だと思ってください。

 

こちらも、先ほどの
「勉強」を例にしてみましょう。

彼は猛勉強した。→志望校に合格した。

この場合、彼が合格した原因は、
猛勉強したからというのが分かります。

サボらずに猛勉強した結果、
合格できたのは言わば当然の流れですよね?

 

このように、
前後の文章に因果関係があること
必然」と呼んでいるのです。

つまり、
原因と結果がちゃんと結びついている
ということですね。

スポンサーリンク

偶然と必然の違い

偶然 必然 違い

 

ここまでの内容を整理すると、

偶然」=たまたまそうなること。

必然」=必ずそうなること。

ということでした。

 

両者の違いを簡単に言うと、
因果関係があるかないか
ということになります。

 

偶然」の場合は、
決定的な原因がありません。

したがって、
「たまたまそうなったり、思いがけず何かが発生したりする」
という結果になるのです。

 

一方で、「必然」の場合は
必ず決定的な原因があります。

  • 猛勉強したから、合格した。
  • 食べすぎたから、太った。
  • 走りすぎたから、疲れた。

のように原因が必ず存在するのです。

 

別の言い方をすれば、
それ以外になりようがないこと
とも言えます。

したがって、「必然」の方は
「必ずそうなる」という結果になるのです。

 

まとめると、

偶然」=因果関係がない。(原因と結果の流れがない)

必然」=因果関係がある。(原因と結果の流れがある)

となります。

ちなみに、
両者の意味は正反対なので、
お互いが対義語同士です。

スポンサーリンク

入試での使い方

入試 使い方

 

ここまで、「偶然」と「必然」に
ついて解説してきました。

 

これらの言葉は、
実際の入試でどう使われるのでしょうか?

ここからの内容は、
高校の現代文も含んでいるため、
レベルが少しアップします。

 

「必然」というキーワードは、
近代」「科学」「理性
などを扱った文章と密接に関わっています。

それぞれの意味は、
以下の記事を参照してください。

関連記事:>>近代とはいつからいつまで?現代との違いも解説

関連記事:>>科学と化学の違いとは?意味や使い分けも

関連記事:>>理性の意味をわかりやすく解説

 

「近代」という時代は、
科学」が中心の時代でした。

「科学」は、
「全ては原因によって生じ、原因は必ず結果を生む」
という原則に支えられています。

この原則を、
因果律(いんがりつ)」と言います。

 

つまり、世の中の原因を理性的に、
そして必然的に解明することが「科学」
ということですね。

そのため、科学や理性をテーマにした文章は、
必然」という単語が出てきやすいのです。

 

また、「科学」以外にも
因果律の考え方はあります。

例えば、「宗教」です。

 

日本の代表的な宗教である仏教では
因果応報(いんがおうほう)
という考え方があります。

「因果応報」とは、
「前世での行いが原因となって現世に結果をもたらす」
という意味です。

 

因果応報について書かれた文章も、
必然」「偶然」というワードは
当然使われることになります。

なぜなら、
原因と結果が大事になるテーマだからですね。

 

もちろん、科学や宗教に限らず、
入試では様々なテーマの文章が出されます。

そこでは、
「AだからBである」「BなのはAだからだ」
といった記述がされることが多いです。

 

文章に必然性を持たせることは
それだけ大事ということですね。

私たち読者としては、
こうした因果関係に着目するかどうかが
読解のポイントになると言えるでしょう。

使い方・例文

 

最後に、それぞれの使い方を
実際の例文で確認しておきましょう。

 

  1. いつも通り駅に向かうと、中学時代の友人に偶然出会った。
  2. 努力している人が成功するのは、決して偶然のことではない。
  3. 親戚の人が家にやって来たが、偶然にも母は外出中であった。
  4. 悪いことをすると処罰されるのは、必然的なことだ。
  5. 4人のうち3人が部屋から出てきたので、残りは必然的に1人となる。
  6. 占いは必然性があるわけではないが、多くの女性を魅了するものだ。

※「必然的・偶然的」「必然性・偶然性」
などの使われ方もあるので注意が必要です。

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

 

今回の内容をまとめると、

偶然」=たまたまそうなること。(因果関係がない)

必然」=必ずそうなること。(因果関係がある)

ということでしたね。

 

途中、難しい内容もはさみましたが、
受験生にとっては必須の重要単語です。

ぜひ内容をしっかり理解して
いただきたいと思います。

今回は以上です!

スポンサーリンク