この記事の所要時間: 455

 

今回は、
科学」と「化学
の違いを解説していきます。

 

「かがく」という言葉は、
2つの漢字が使われていますね。

「科学的な話をする」

「化学の実験をする」

 

どちらも「かがく」と読みますが、
一体どのような違いがあるのでしょうか?

まずは、それぞれの意味を
確認しておきましょう。

スポンサーリンク

科学の意味

 

「科学」
の意味を辞書で引くと、
以下のように書かれています。

【科学(かがく)】

⇒一定の目的・方法のもとに種々の事象を研究する認識活動。また、その成果としての体系的知識。研究対象または研究方法のうえで、自然科学・社会科学・人文科学などに分類される。一般に、哲学・宗教・芸術などと区別して用いられ、広義には学・学問と同じ意味に、狭義では自然科学だけをさすことがある。サイエンス。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

上記の説明だと難しいため、
わかりやすく説明します。

 

科学」とは、
学問」と同じ意味だと考えてください。

 

「科学」は英語で、
science(サイエンス)」と言います。

「サイエンス」は、
ラテン語の「scientia」に由来し、
知識」という意味です。

 

そして、「科学」の「科」には
分ける・区分けする」といった意味があります。

 

これらを踏まえて
科学」の語源を考えると、

」⇒区分けする

」⇒知識

となります。

 

つまり、
世の中の知識を区分けした結果、
できたものが「科学ということですね。

 

身近な例で言うと、
学校や大学で勉強している知識は、
まさに「科学」と呼べるでしょう。

広い意味では、
「世の中にあるほぼ全ての学問」が
「科学」になるのです。

 

ただし、一般的には「科学」は
自然科学」と同じ意味で使われることが多いようです。

 

自然科学」とは、
自然の不思議を研究する学問のこと」を言います。

 

具体例を出すと、
以下のようなことです。

  • 物が落ちてくる時の速度をはかる。
  • 生物の細胞のしくみを研究する。
  • 天体観測をして星の位置を見つける。
  • おしべとめしべについて研究する。
  • 水素と酸素が結合すると、水ができる理由を調べる。

 

何となくイメージがつきましたか?

 

簡単に言えば、
自然科学」=「理科的な学問」ということですね。

 

実際には、「自然科学」以外にも、
「科学」と呼ばれるものはたくさんあります。

「科学」は扱う対象によって、
主に以下の3つに分けられているのです。

 

  1. 自然科学」⇒物理学・生物学・化学など
  2. 社会科学」⇒経済学・法学・政治学など
  3. 人文科学」⇒文学・教育学・哲学など

 

この中だと、
物理学・生物学・化学などが
「自然科学」に当てはまります。

ここで「化学」という言葉が
登場したことに気づいたと思います。

 

先に結論を言ってしまうと、
化学は科学の中の一つの学問」です。

 

つまり、
科学の中に化学が含まれている
というイメージですね。

 

両者の大まかな立ち位置が分かったところで、
次は「化学」について確認していきましょう。

スポンサーリンク

化学の意味

 

「化学」
の意味は以下の通りです。

【化学(かがく)】

物質を構成する原子・分子に着目し、その構造や性質、その構成の変化すなわち化学反応などを取り扱う自然科学の一部門。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

化学」とは、
物質が別のものに変わることを研究する学問
だと思ってください。

 

「化学」は英語では、
chemistry(ケミストリー)」と言い、
アラビア語の「alchemy(アルケミー)」に由来する言葉です。

 

日本語では、「アルケミー」は、
「錬金術(れんきんじゅつ)」と訳されていますね。

「鋼の錬金術師」という有名な漫画がある通り、
錬金」とは、「物質が変化すること」を意味します。

 

つまり、
「変化する」=「化(ば)ける」なので、
「化学」と言うわけですね。

 

身近な例だと、
「化学」は「学校の理科の時間」を
思い出すと分かりやすいでしょう。

 

実験室にこもり、
リトマス試験紙をからに変えたり、
物質を燃やして変化させたりといったことを、
誰もがやったと思います。

これらの実験は、
まさに「化学」と言えるのです。

 

つまり、
理科的な学問(自然科学)の中でも、
さらに物質が変化する学問を「化学」と言う
わけですね。

スポンサーリンク

科学と化学の違い

科学 化学 違い

 

ここまでの内容を整理すると、

科学」=「学問」。一般的には、「自然科学」という意味が多い。

自然科学」=自然の不思議を研究する学問。(科学の一部門)

化学」=物質の変化を研究する学問。(自然科学の一部門)

ということでした。

 

つまり、
科学」の一分野(自然科学)の中の
さらに一分野が「化学ということですね。

 

分かりやすく記号で表すと、

科学≧自然科学>化学

となります。

 

よって、
「科学」と「化学」の違いは、
学問の範囲」ということになります。

 

科学」は理科的な学問全般を指すので、
学問の範囲は広いです。

一方で、
化学」は「科学」の中の一分野なので
学問の範囲は狭いです。

 

そのため、
物体の運動や落下についての研究は、
「科学」ですが「化学」ではありません。

一方で、液体や固体についての研究は、
「化学」であり、なおかつ広い意味でも
「科学」と言えるのです。

関連記事:>>教科と科目の違いとは?単元の意味も解説

 

ちなみに、「化学」のことを
ばけがく」と呼ぶ場合もあります。

どちらも「かがく」と発音すると、
聞き間違えてしまう可能性があるからですね。

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

 

今回の内容をまとめると、

「科学」=学問自然科学

「自然科学」=自然の不思議を研究する学問。(科学の一部門)

「化学」=物質の変化を研究する学問。(自然科学の一部門)

科学」の一分野(自然科学)の中のさらに一分野が「化学」。

ということでしたね。

 

両者の違いが分かれば、頭の中が
とてもすっきりするのではないでしょうか?

今回は以上です!

スポンサーリンク