この記事の読了目安: 813

近代 意味 現代 違い モダン

 

近代」という言葉は、
現代文では頻出の重要単語です。

この言葉を一つ知っておくだけで、
評論文のテーマ理解がかなり深まると言われています。

ただ、そもそも「近代とはどんな時代」で
一体「いつからいつまで」を指しているのでしょうか?

本記事では、「近代」の意味や使い方、
時代背景などを詳しく解説しました。

さっそく、確認していきましょう。

スポンサーリンク

近代とはいつからいつまでか

 

まず、「近代」の意味を辞書で引くと、
次のように書かれています。

【近代(きんだい)】

現代に近い時代。また、現代。

歴史の時代区分の一。広義には「近世」と同義であるが、一般には封建制社会のあとの資本主義の社会をいう。日本史では明治維新から太平洋戦争の終結まで、西洋史では市民革命・産業革命からロシア革命までの時代。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

【近代の英語訳】⇒「modern(モダン)

近代」という時代は、
日本とヨーロッパによって意味合いが異なります。

まず「日本」では、
明治維新(1868年)から太平洋戦争の終わり(1945年)まで」を指します。

 

「明治維新」とは、当時は封建社会だった日本が
近代化に向けて様々な運動をしたことです。

そして「太平洋戦争」とは、簡単に言うと
「日本とアメリカが戦った戦争」のことを意味します。

つまり、日本では一般的に、
この1868年~1945年までの約80年間を
「近代」と呼んでいるということです。

 

一方で、ヨーロッパではどうかというと
15、16世紀以降~20世紀中頃までの時代」を指します。

ヨーロッパでは、日本ほど時代区分が
明確に分けられているわけではありません。

ヨーロッパにおいては、
大航海時代や宗教改革などが近代の始まりとされているのです。

ただし、当時のヨーロッパでは様々な封建制度が残っていたため、
市民革命(17世紀~)以後を「近代」とする見方もあるようです。

このあたりは、
学者の中でも見解が分かれています。

 

なお、世界の時代区分は大まかに
以下のように分けられています。

「原始時代」→「古代」→「中世」→「近世」→「近代」→「現代」

私たちが今生活しているのが「現代」ですから、
「近代」は「現代の一つ前の時代」とも言えます。

スポンサーリンク

近代とは何か?

近代とは 

 

近代とは、一言で言うと
理性や個人を重視した時代」でした。

「理性」の意味は、以下の記事を参照してください。

>>理性とは?意味や対義語をわかりやすく解説

 

まず、時代の流れを簡単にするために
「近代」より前の時代を説明します。

「近代(モダン)」より前の時代は、
前近代(プレモダン)」と呼ばれていました。

プレ」は英語で「pre」と書き、
一つ前の・前の」などの意味があります。

すなわち、「モダン」より前の時代なので、
「プレモダン」と呼んでいたということです。

 

「前近代」では、
伝統・宗教・神様・自然・村落共同体などを重視する時代でした。

当時は、神様や宗教など
非科学的なものを信じるのは当たり前だったのです。

ところが、ヨーロッパで変革が起こります。

この変革は一度になされたものではなく、きっかけが複数ありました。

以下は、その主なものです。

  • 黒死病の流行(14世紀頃)
  • ルネサンス(14世紀~16世紀)
  • 宗教改革(16世紀~)
  • 科学革命(16~17世紀)
  • 市民革命(17世紀~19世紀)
  • 産業革命(19世紀~20世紀)

 

この中でも「黒死病(ペスト)の流行」は、
人々に大きな影響を与えました。

当時のヨーロッパの人口の約3分の1もの人が、
ペストによって命を落としたと言われています。

このペストにより、今まで神様を信じてきた人々が、
次第に世の中に対して疑問を持つようになります。

なぜなら、神に祈っても祈っても
どんどんと人が亡くなっていくからです。

 

そして、今までは神様や宗教を信じていたのが、
近代以降は科学的なものじゃないと信じない
という考えに移り変わっていったのです。

例えば、「前近代」では熱を出して寝込んでしまった場合、
「もののけが憑(つ)いた」とみなしていました。

※「もののけ」とは、人間に憑く悪い霊のことです。

もののけを除去するために、実際に神様に祈ったりもしていたのです。

 

ところが、
近代以降は病気への考え方も変わりました。

まず近代では人々は病気になった原因の病原菌をつきとめ、
それを除去する薬を与えます。

そして、薬によってその病気を治療していくという考え方です。

要するに、非科学的な現象は重視しないという
時代に移行していったわけです。

そして、時代は神様や宗教よりも、
個人・自由・平等・理性・科学などを重視する時代になったのです。

スポンサーリンク

近代で重視した価値観

近代 価値観

 

「近代」は、
「神に代わって個人が主役となった時代」でした。

近代より前の時代は、神が絶対的な権力を持っており、
人は自分たちのことを神が作った自然や生き物の一部と認識していました。

そのため、近代の人は、
「自分が日本人である」とか「自分はイギリス人である」
といった「アイデンティティ」は持っていなかったのです。

関連:>>アイデンティティとは?意味をわかりやすく解説

 

彼らは、「村」や「島」の一員ではありましたが、
「国」の一員ではありませんでした。

今では信じられないかもしれませんが、
当時は「国家」や「国民」という概念がなかったのです。

近代になり、「国家」が誕生してから
「国民」や「個人」という概念が生まれたのです。

関連:>>国民国家とは?定義や問題点をわかりやすく解説

 

そこから、
人間とは、一人一人尊厳を持ったかけがえのない存在である
という考えが広まっていきました。

いわゆる、「個人主義(こじんじゅぎ)」です。

 

また、個人が科学を勉強すると、
人間は動物と違い、頭で考えて行動できる生き物だ
という考えも主流になりました。

この考え方が、「合理主義(ごうりしゅぎ)」です。

つまり、
「人間は理性を持ったかけがえのない存在である」
という結論にいたったわけです。

 

このように、個人」と「理性」を重視して
世の中を発展させていこうという時代が「近代」だったのです。

関連:>>合理的の意味を簡単にわかりやすく解説

関連:>>ポストモダンとは?意味をわかりやすく解説

そのような時代に移ったのは、
神が絶対的な価値観を持っていた前近代から、
人が中心的な価値観を持つ近代へ移っていったからだと言えます。

 

一方で、
「個人主義」や「合理主義」にもデメリットがあります。

「個人主義」を徹底しすぎると、
個人と個人の対立が避けられなくなります。

また、世界の全てが
合理的に解決できるわけではありません。

世の中には、「理性」ではなく
「感性」で解決できることも多いのです。

 

この辺の主張はどちらもメリット・デメリットがあるため、
筆者がどちらを重視しているか判断することが大事になってきます。

文章を読む時は、
そういったことも意識しておく必要があると言えます。

スポンサーリンク

近代と現代の違い

近代 現代 違い

 

「近代」と「現代」の違いはどこにあるのでしょうか?

「近代」とは「現代の一つ前の時代」でした。

一方で、「現代」とは「我々が生きている時代」です。

したがって、
両者の違いは以下のように定義することができます。

日本史の「近代」⇒明治維新(1868年)から終戦(1945年)まで。

世界史の「近代」⇒15世紀以降~20世紀中頃。

日本史の「現代」⇒1945年以降(いわゆる戦後)~現在まで。

世界史の「現代」⇒20世紀中頃以降。

なお、これはあくまで歴史上の区分であって
明確な区分はないと主張している学者もいます。

近現代(きんげんだい)」という言葉もある通り、
「近代」も「現代」も同じ時代と考えている人もいるのです。

それを証拠に、冒頭の辞書の説明でも、
近代」=「現代に近い時代。また、現代。」と記述されています。

ただし、一般的には
1945年で分けるのが主流のようです。

 

「1945年」は、日本が敗戦した年です。

それまでは、
「大日本帝国憲法」により国を統治していました。

ところが、1945年以降は、
GHQから与えられた「日本国憲法」により
国を統治するシステムとなっています。

ここが近代と現代の境目というのは比較的分かりやすい見方なため、
1945年の終戦以降を現代と考えるのが一般的ということです。

近代の使い方・例文

 

では、最後に「近代」の使い方を
実際の例文で確認しておきましょう。

 

  1. 近代以前の中世では、伝統や宗教、神様などを信じる時代だった。
  2. 西欧では、近代世界に入り、理性を重視する時代へと突入した。
  3. 個人や自由、平等という概念は近代世界に入り生まれたものである。
  4. 近代以降のヨーロッパでは、病気への考え方が根本的に変化した。
  5. 近代初期に人々に大きな影響を与えたのが、産業革命と市民革命である。
  6. 現代では前近代にも無視できない考え方があったことが注目されている。

 

「近代」という言葉は、主に現代文の中で登場します。

現代文では、「近代論」をテーマとした文章の中で、
前後の時代と比較しながら用いられる場合が多いです。

特に、「前近代(中世)」との比較はよくされます。

なぜなら、「近代」と「中世」では、
それまでの人々の価値観がガラッと変わるほど
世の中が大きく変革したからです。

現代文のテーマをしておきたいのであれば、
過去の時代の理解もしておくことをおすすめします。

「近代」の前後の時代背景については、以下の記事を参照してください。

関連:>>古代とはいつからいつまで?日本史・世界史の区分を解説

関連:>>中世とはいつからいつまで?日本・ヨーロッパの区分を解説

関連:>>近世とはいつからいつまで?日本・世界の時代区分を解説

関連:>>現代とはいつからいつまで?どんな時代か意味や歴史を解説

まとめ

 

以上、本記事のまとめです。

近代」=日本では、明治維新(1868年)から終戦(1945年)まで。世界では、15世紀以降~20世紀中頃。

どんな時代か?」=理性や個人を重視する時代。(宗教中心の価値観から脱却した時代)

近代と現代の境目」=諸説あるが、一般的には1945年で分けることが多い。

近代という歴史の時代背景も解説したので、
だいぶ理解が深まったのではないでしょうか?

この記事をきっかけに、現代文のテーマ理解が深まれば幸いです。

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

国語力アップ.com管理人

大学卒業後、国語の講師・添削員として就職。その後、WEBライターとして独立し、現在は主に言葉の意味について記事を執筆中。 【保有資格】⇒漢字検定1級・英語検定準1級・日本語能力検定1級など。

最新記事 by 国語力アップ.com管理人 (全て見る)