この記事の所要時間: 459

ステレオタイプとは 意味 具体例 使い方

 

皆さんは、
ステレオタイプ」という言葉を
聞いたことがありますか?

 

「あなたの考えはステレオタイプだ」

ステレオタイプに物事を見る」

普段から何となく使われているイメージですよね。

ところが、
実際は多くの人が「よく分からない」
と思っているのではないでしょうか?

そこで今回は、
「ステレオタイプ」の意味を
簡単に解説していきたいと思います。

 

では、さっそく確認していきましょう。

スポンサーリンク

ステレオタイプの意味

 

「ステレオタイプ」
の意味を調べると、
次のように書かれています。

【ステレオタイプ】

①印刷で用いる鉛版。ステロタイプ。

行動や考え方が、固定的・画一的であり、新鮮味のないこと。紋切り型。ステロタイプ。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

ステレオタイプ」とは、
考え方が型にはまっていること」だと思ってください。

 

例えば、
以下のような考え方は
型にはまっていると言えるでしょう。

「日本人はみんなまじめである」

このような考え方は、
海外の人がよく主張します。

 

冷静に考えれば、
日本人の中にもチャラい人はいるはずですよね。

しかし、
そのような現実の多様性を考えずに、
固定的なイメージで考えること
ステレオタイプ」と言うのです。

 

「ステレオタイプ」は、一般的には
固定観念(こていかんねん)
と訳されることが多いです。

固定観念」とは、
固定的な考え方のこと」を言います。

 

観念」の意味は、
以下の記事を参照してください。

>>概念と観念の意味をわかりやすく解説

 

話を戻しまして、

一つの考え方に固定していることを、
固定観念」と呼ぶわけですね。

 

余談ですが、
固定概念」という言い方は間違いです。

詳しい理由は先ほどの記事に書いてありますが、
正しくは「固定観念」です。

これは間違える人がとても多いため、
気をつけましょう。

ステレオタイプの語源

ステレオタイプ 語源 由来

 

「ステレオタイプ」は、
英語で「stereotype」と言います。

 

元々、「ステレオタイプ」は
印刷の用語からきたと言われています。

 

昔の活版印刷では、
「鉛板(えんばん)」のことを
ステロ版」と呼んでいました。

※「鉛板」とは、
「鉛(なまり)を薄く平らに伸ばしたもの」です。

 

そして、
「ステロ版」を次第に、
「ステロタイプ」と呼ぶようになりました。

これが現在の、
「ステレオタイプ」の語源と言われています。

 

考えて見れば、「印刷機」というのは、
どれも同じような形にコピーしますよね?

これは昔に限らず、
現在のコピー機でも同じです。

 

したがって、
型にはまった(同じ)考え方
という意味になったわけですね。

 

ちなみに、
現在は印刷の意味で使われることは
ほとんどありません。

スポンサーリンク

ステレオタイプの具体例

ステレオタイプ 具体例

 

「ステレオタイプ」
の具体例は何があるでしょうか?

代表的なものを3つ挙げてみました。

 

1つ目は、
血液型」です。

 

血液型占いというのは、
誰もがやったことがありますよね。

 

一般的には、下記のように
分けられているようです。

血液型主な性格
A型まじめ・繊細・几帳面
B型自由・マイペース
O型寛容・大ざっぱ
AB型天才型・合理的

当たり前ですが、これらの特徴に
全員が当てはまるわけではありません。

A型でも大ざっぱな人はいますし、
B型でもまじめな人はいるでしょう。

 

したがって、
「あなたは〇型なので、そういう性格ね!」
と決めつけるのは「ステレオタイプ」と言えるわけです。

 

2つ目は、
人種」です。

 

例えば、
以下のような考え方は
「ステレオタイプ」だと言えます。

 

  • 彼はアメリカ人なので、肉が好きなはずだ。
  • 日本人はみんな相撲が好きに決まっている。
  • 彼女はフランス人なのでワインが好物だろう。

 

食べ物の好みや趣味は、
人種によって大まかな傾向があります。

しかし、
絶対的な基準はないため、
決めつけてしまうのは固定的な考えなのです。

 

3つ目は、
性別」です。

 

こちらも具体例を出します。

 

  • 彼は男なので、度胸があるに決まっている。
  • 男性が重い荷物を運ぶのは当然のことだ。
  • 彼女は女性なので、料理が得意なはずだ。
  • 女性が家事をするのは当たり前だ。

 

このような考え方も
「ステレオタイプ」だと言えます。

最近では特に、
「女性の社会進出」という言葉も
聞くようになりましたよね。

女性だけが家事をすべきという考え方は
「ステレオタイプ」の典型例と言えるでしょう。

スポンサーリンク

使い方・例文

 

「ステレオタイプ」という言葉は、
実際にどのように使うのでしょうか?

例文を見て、確認しておきましょう。

 

  1. 外国人は、「日本人=勤勉」のようなステレオタイプな考え方をしがちだ。
  2. 女性は働かずに家にいるべきだという主張は、男性のステレオタイプである。
  3. 占いが好きな人は、人間を血液型によってステレオタイプ的に分ける。
  4. 公務員と聞いて、「楽な仕事」「つまらなそう」と思うのは、その人のステレオタイプだ。
  5. せっかく良いアイディアが浮かんでも、ステレオタイプにとらわれていては台無しである。
  6. ステレオタイプ的に物事を考えることにより、思考の短縮をする。

 

一般的には、
「ステレオタイプ」は
ネガティブな意味で使われることが多いです。

 

ただし、場合によっては
良い意味で使われる場合もあります。

例えば、
物事を固定的に考えることによって、
あえて思考の短縮をする場合です。

 

世の中には色々と考えることがあります。

毎回毎回しっかりと考えていると、
時間がいくらあっても足りません。

 

そこで、
ステレオタイプ的に物事を考えるのです。

 

その結果、
時間や思考のムダ使いを減らすことが
できるわけですね。

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

 

今回の内容をまとめると、

ステレオタイプ」=考え方が型にはまっていること。固定観念。

ということでしたね。

 

人間は誰しも「ステレオタイプ」を持っています。

もしも自分の考え方に
「固定観念」を感じたら、
冷静に考え直してみてはいかがでしょうか?

 

今回は以上です!

スポンサーリンク