この記事の読了時間: 51

頭をもたげるとは 意味 例文 使い方 類語

 

「頭」を使った言葉は普段からよく使われていますね。

「頭をひねる」「頭を抱える」「頭が上がらない」

ところが、
もたげる」という言い方は、
あまり聞かない表現ではないでしょうか。

 

今回はなかなかイメージがわきにくい、
頭をもたげる」という慣用句について解説しました。

さっそく、確認してきましょう。

スポンサーリンク

頭をもたげるの意味

 

まずは、
基本的な意味です。

【あたまをもたげる(頭を擡げる)】

それまで意識にのぼらなかった考えや気持ちなどが、浮かび上がる。

次第に勢力を得て目立つ存在になってくる。台頭する。頭角をあらわす。

出典:三省堂 大辞林

「頭をもたげる」には、2つ意味があります。

1つ目は、
それまで意識してなかった考えが、思い浮かぶ」という意味です。

使い方としては、以下の通りです。

景気が悪いというニュースを聞き、将来への不安が頭をもたげてきた。

この場合は、
「今まで意識してなかった将来への不安が、頭に浮かんできた」ということですね。

具体的には、
「学生」であれば「今後の進路について」
「会社員」であれば「将来の年金について」といった思いです。

 

そして、2つ目は、
台頭する・頭角をあらわす」などの意味です。

「台頭(たいとう)」とは、
勢いや強さが増すこと」だと考えて下さい。

 

こちらも例文を紹介しておきましょう。

与党内の右派が、頭をもたげてきたようだ。

この場合は、
「与党の中の右派勢力が勢いを増してきた」という意味ですね。

政治のニュースなどでよく使われる表現です。

 

以上、「頭をもたげる」は、
①今まで隠れていた考えが浮かぶこと」と「②台頭すること
という2つの意味を持った慣用句だと考えてください。

どちらの意味でも使えますが、
一般的には①の意味で使うことの方が多いです。

頭をもたげるの語源・由来

 

ところで、
この言葉の語源はどこから来ているのでしょうか?

 

実は「もたげる」という言葉は、
持ち上げる」が変化したものと言われています。

つまり、
頭を持ち上げる」が元々の言い方だったのです。

それが、だんだんと
「持ち上げる・・・持ち上げる・・・もたげる」と変化していったのです。

 

頭を持ち上げれば、
自然と見晴らしはよくなりますよね?

そして、以前は見えなかったものが見えてくるでしょう。

このことから、
「(意識してなかった)考えが浮かぶ
という意味になったわけです。

 

ちなみに、「もたげる」は
漢字だと「擡げる」と書きます。

「擡」という字は、元々
擡頭(たいとう)」という言葉としてよく使われていました。

この「擡頭」が、
現在の「台頭」の元になった漢字と言われています。

したがって、
「頭をもたげる」は「台頭する」
という意味も含んでいるわけですね。

スポンサーリンク

頭をもたげるの類語

 

続いて、「頭をもたげる」の
「類語」を紹介します。

 

  • 思い浮かぶ
  • イメージが湧く
  • 想起される
  • 連想される
  • 眼前に浮かぶ
  • 頭角を現す
  • 勢力を伸ばす
  • 急伸する
  • 急成長する
  • 目立ち始める
  • 抜きん出てくる

 

前半は「考えが頭に浮かぶ」、後半は「台頭する・勢力を伸ばす」
という意味の「類語」となります。

「頭をもたげる」は、
隠れていたものが存在を表す時にも使えます。

したがって、
「目立つ・抜きん出る」なども
「類語」と言えるのです。

 

注意すべきは、
首をもたげる」という言い方は存在しないということですね。

よくこの慣用句を勘違いして、
「首をもたげる」と言ってしまう人がいます。

しかし、「首をもたげる」だと、単に「首を持ち上げる」
というよく分からない意味になってしまいます。

おそらくは、「首をかしげる」と似ているため広まったものだとは思いますが、
いずれにせよ誤用なので注意してください。

頭をもたげるの英語訳

 

続いて、英語訳です。

「頭をもたげる」は英語だと次の2つの言い方があります。

 

raise one’s head

gain power

 

「raise」は「持ち上げる」「gain」は「得る」という意味です。

前者は「頭を持ち上げる」というシンプルな表現、
後者は「力を得る」という少し遠回しな表現だと言えますね。

 

例文だと、それぞれ以下のような言い方をします。

His anxiety began to raise its head.(彼は不安が頭をもたげてきた。)

His team gained power gradually.(彼のチームはだんだんと台頭してきた。)

スポンサーリンク

頭をもたげるの使い方・例文

 

最後に、「頭をもたげる」の使い方を
例文で確認しておきましょう。

 

  1. 相手の怪しい動きに、不信の念が頭をもたげた
  2. ほっとしたと同時に、今度は別の疑問が頭をもたげた
  3. 「犯人は彼ではないか?」という疑惑が、ふつふつと頭をもたげてきた。
  4. 「自分のミスのせいでは?」という不安が、頭をもたげるようにやってきた。
  5. 若手の学者が、頭をもたげる存在となってきたね。非常に楽しみだよ。
  6. AIビジネスは、世界経済で頭をもたげてきた分野である。

 

繰り返しになりますが、「頭をもたげる」は、
「台頭する」よりも「思い浮かぶ」という意味で使うことの方が多いですね。

その中でも、
ネガティブな感情に対して使うことが多いと考えて下さい。

 

具体的に言うと、
「不信」や「不安」、「疑惑」や「疑問」といった感情です。

これらの考えが、ふと頭に浮かぶような時に
「頭をもたげる」と言うわけです。

関連:>>片腹痛いの意味とは?語源や使い方・類語を解説

関連:>>頭隠して尻隠さずの意味とは?使い方や例文・語源を解説

まとめ

 

いかがでしたか?

 

今回の内容をまとめると、

頭をもたげる」=①それまで意識してなかった考えが、思い浮かぶ。台頭する。勢力を伸ばす。

語源・由来」=「もたげる」は「持ち上げる」が変化した形。(頭を持ち上げると、物事がよく見えるため。)

類語」=「思い浮かぶ・イメージが湧く・想起される」「頭角を現す・勢力を伸ばす・急伸する」など。

英語」=「raise one’s head」「gain power」

ということでしたね。

 

「頭をもたげる」は、
一見するとイメージがわきにくい慣用句です。

しかし、
正しい由来を知れば、様々な場面で使える
ということを理解して頂けたのではないでしょうか。

スポンサーリンク