この記事の読了時間: 527

抜き差しならない 意味 語源 由来 類語 例文

 

抜き差しならない」という慣用句をご存知ですか?

「抜くこと」と「差すこと」

読んだだけだと、
「何を抜くのか?」「何を指すのか?」が
なかなかイメージしにくいかと思います。

実際に、この言葉の由来を検索する人はとても多いようです。

 

そこで今回は、
抜き差しならない」の意味や語源・類語など
詳しく解説していきたいと思います。

「初めて聞いた」あるいは「なんとなく知っている」
という方もぜひ読み進めてみてください。

スポンサーリンク

抜き差しならないの意味

 

まずは、
基本的な意味です。

【抜き差しならない(ぬきさしならない)】

身動きがとれず、どうにもならない。のっぴきならない。

出典:三省堂 大辞林 

抜き差しならない」とは、
身動きがとれず、どうすることもできない様子のこと
だと思ってください。

使い方は、次の通りです。

会社に損失を出してしまい、責任者である私は抜き差しならない状況に陥った。

会社に損失を出すと、
取引先や上司・同僚・部下など
多くの人に迷惑をかけることになりますよね?

しかも、自分は責任者ですから
途中で投げ出すことはできません。

失敗している分、
「どうすればいいのか分からない」
という状態にもなるでしょう。

 

このように、「抜き差しならない」は、
進むことも下がることもできないほど追い詰められている様子
を意味するわけですね。

 

補足すると、辞書の説明の「のっぴきならない」は、
退きならない」と書きます。

意味としては、
「退(しり)ぞけないし、引き下がれもしない」
ということです。

漢字で書くと非常に分かりやすいですね。

抜き差しならないの語源

 

続いて、語源を見ていきましょう。

抜き差しならない」は、
昔の武士が刀を抜くことも指すこともできない様子
から来ていると言われています。

 

江戸時代では
「武士が敵に襲われる」というシーンがよくありました。

そんな時は、武士は命がけで刀を抜いて戦います。

 

ところが、10人くらいの大勢の敵に
囲まれてしまった場合はどうでしょうか?

そこまで追い詰められた状況だと、
刀を抜き出すことも差し込むこともできないほど
あせってしまいますよね?

ここから、
身動きができず、どうすることもできない様子」を
表す言葉が生まれたと言われているのです。

 

ちなみに、
「抜き差しならない」の語源にはもう一つ説があります。

それは、
刀が錆(さ)びていて抜けない」という説です。

 

日本刀の成分は「」ですので、
月日が経つとどんどんとさびていきます。

もしもそれが戦闘中に起これば、
当然武士は何もできない状況になってしまうでしょう。

ここから同じく、
どうすることもできない様子を表すというわけです。

 

どちらの説もちゃんとした由来があります。

いずれにせよ、「抜き差しならない」は
「刀を抜き差しできない様子からできた言葉」
ということですね。

スポンサーリンク

抜き差しならないの類語

抜き差しならない 類語

 

続いて、
「抜き差しならない」の「類語」です。

【逃げ場のない】

逃げたり隠れたりできるところがない。

「逃げ場を失う」という使い方もあります。

【膠着状態(こうちゃくじょうたい)】

物事が前に進まなくなること。

「膠着」には、「くっついて離れない様子」
「物事が長期間変化しない」などの意味があります。

【遅々として進まない(ちちとしてすすまない)】

物事の進みが遅い様子。ゆっくりしている様子。

「遅々」は、「遅れること」「予定時間を過ぎること」
という意味です。

【埒があかない(らちがあかない)】

物事の決着がつかないこと。

「埒」は、
「しきり」「囲い」「柵」「限界」などを意味します。

【進退両難(しんたいりょうなん)】

進むことも退くことも難しい様子。

この中では、
逃げ場がない」という表現が
一番イメージしやすいですね。

「どうすることもできない様子」
であれば基本的に類語となります。

また、そこから派生して
「決着がつかない様子」なども類語と言っていいでしょう。

抜き差しならないの英語

 

続いて、「英語訳」です。

 

「抜き差しならない」は、
「英語」だと次のように言います。

 

be inextricably involved(密接に関係している)」

be in a sticky situation(難しい状態の中にいる)」

 

「inextricably」は「密接に」

「involved」は「複雑な」「関係のある」という意味です。

 

また、「sticky」は「難しい」「やっかい」「困った」

「situation」は「状態」「情勢」「事態」「立場」

という意味があります。

 

例文だと、
以下のような言い方が一般的です。

She is in a sticky situation.(彼女は抜き差しならない状況にいる。)

スポンサーリンク

抜き差しならないの使い方・例文

 

最後に、「抜き差しならない」の使い方を
例文で確認しておきましょう。

 

  1. ささいなことから、抜き差しならない事態にまで発展した。
  2. 不祥事が発覚し、彼は抜き差しならない状況に追い込まれた。
  3. 事態は悪化するばかりで、抜き差しならないところまできている。
  4. いつの間にか、抜き差しならない対立になってしまった。
  5. 抜き差しならない立場に置かれていて、彼はとてもつらそうです。
  6. うわさでは、2人は抜き差しならない仲になっているらしい。

 

「抜き差しならない」は、
「人間が追い込まれた状況」を表す言葉です。

したがって、
基本的には良くない意味で使う
と考えて問題ありません。

多くの場合、
「どうすることもできないほど悪化した状態」
「身動きがとれないほど、絶望的な状態」などに対して使います。

 

また、ごくまれですが、
人間関係に対して使うこともありますね。

例えば、最後の例文です。

 

「抜き差しならない仲」とは、
「お互いに身動きがとれない仲」

つまり、
簡単には離れられない深い関係のこと」を意味します。

ただし、この場合の関係も
同じく「良くない意味で使う」と考えてください。

多くは、不正な金銭が絡むような
ドロドロとした人間関係を対象とします。

 

「身動きがとれない関係」というのは、
お互いが離れたくても離れられないような状態ですよね?

したがって、こちらも
ネガティブな意味になるわけですね。

関連:>>のっぴきならないの意味とは?語源や類語・例文も解説

まとめ

 

では、今回のまとめです。

 

抜き差しならない」=身動きがとれず、どうすることもできない様子

語源」=昔の武士が刀を抜くことも指すこともできない様子から。

類語」=「逃げ場のない・膠着状態・遅々として進まない・埒があかない・進退両難」など。

英語」=「be inextricably involved」「be in a sticky situation」

 

武士にとって、「刀をうまく使えるか?」は
生きるか死ぬかの問題といっても過言ではありません。

もしも刀を抜くのに失敗したら、
その時点で人生が終わってしまいますからね。

「抜き差しならない」は、そのような
武士の宿命を表した言葉だと覚えておきましょう。

スポンサーリンク