この記事の読了時間: 533

精を出す 意味とは 使い方 例文 類語 英語

 

精を出す」という慣用句をご存知でしょうか?

実はこの言葉は、
日常生活からビジネスまで様々な場面で使われています。

もしも使い方を覚えれば、
表現の幅が広がることは間違いありません。

この記事では、
「精を出す」の意味や語源・短文・類語・対義語
などを解説していきます。

さっそく、確認していきましょう。

スポンサーリンク

精を出すの意味・読み方

 

まずは、基本的な意味と読み方からです。

【精を出す(せいをだす)】

精いっぱい働く。こつこつ物事をする。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

精を出す」は、「せいをだす」と読みます。

意味は「精一杯働く・こつこつ物事をする」などの行為を表したものです。

 

例えば、入社1年目の社員がいたとして、
毎日一生懸命会社で働いていたとしましょう。

上司、同僚など周囲の誰もが認めるくらい、
熱心に働いているようなイメージです。

このような時に、
「彼は精を出して働いている」などと言うわけです。

 

あるいは、仕事に限らず勉学でも構いません。

受験生だとしたら、
毎日必死にコツコツと勉強していたとします。

このような場合も、
「合格に向けて精を出す」などと表現することができます。

つまり、「精を出す」とは、
物事に対して一生懸命に取り組む様子
を端的に表した慣用句ということですね。

精を出すの語源・由来

 

次に、この言葉の語源を確認していきましょう。

まず「」には、
」「」「気力」「エネルギー」などの意味があります。

これは「精神」「精進」「精力」
などの熟語があることからも分かると思います。

 

また、「出す」とは文字通り
何かを外に出す」ようなイメージです。

身近な例だと、水を外に出したり
ゴミを外に出したりするのと同じような意味です。

現在でも大事なイベントを前にした時は、
「気合を出す」「やる気を出す」などと言いますよね。

 

以上の事から考えると、
精を出す」は「気力やエネルギーを外に出すこと」が
原義であることが分かります。

「気力やエネルギーを外に出す」ということは、裏を返せば、
その人が全力で物事に取り組んでいることを意味します。

転じて、「熱心さ・一生懸命さ」
を表す慣用句になったということです。

 

なお、「精」を「性」と書くのは誤りです。

精を出す」⇒「〇」 「性を出す」⇒「×」

「性」は「性格」「天性」「本質」などの意味なので、
「気力」といった意味は含まれていません。

これはよくある書き間違えなので注意してください。

スポンサーリンク

精を出すの類義語

精を出す 類語

 

続いて、「精を出す」の「類語」をご紹介します。

 

  • 頑張る
  • 励む
  • 努力する
  • 力を注ぐ
  • 尽力する
  • 努める
  • 奮闘する
  • 汗を流す
  • 怠らない
  • 汗を流す
  • 勤(いそ)しむ
  • 熱心になる
  • 一生懸命になる

 

いずれの言葉も「その人の一生懸命さ」を表す言葉
ということが分かると思います。

この中だと
「勤しむ」「熱心になる」「一生懸命になる」は
ほぼ同じ意味だと言えます。

したがって、この3つは
「同義語」だと考えて問題ありません。

 

その他、「四字熟語」だと
以下のような言葉で言い換えることも可能です。

【粉骨砕身(ふんこつさいしん)】

力の限り、懸命に働くこと。

【奮励努力(ふんれいどりょく)】

気力を奮い起こして、励むこと。

精を出すの対義語

 

逆に、「精を出す」の「対義語」としては、
以下のような言葉が挙げられます。

 

  • 怠ける
  • サボる
  • 楽をする
  • だらける
  • 横着する
  • 無精する
  • おろそかにする
  • 気を抜く
  • 手を緩める

 

「反対語」の場合は、
面倒くさがってやるべきことをやらないこと」を表した言葉となります。

簡単に言えば、「怠ける行為」を指すと考えてください。

 

補足すると、「横着(おうちゃく)」とは、
「すべきことを故意に怠けること」という意味です。

主に楽をしようとする人に対して使い、
「横着する」「横着者」などの使い方をします。

また、「無精(ぶしょう)」とは、
「体を動かして物事を行うのを面倒くさがること」という意味です。

身だしなみに対して使うこともあり、
「無精ひげ」「無精な性格」などの使い方をします。

スポンサーリンク

精を出すの英語訳

 

続いて、英語訳です。

「精を出す」は英語だと次のように言います。

 

①「work hard(一生懸命働く)」

②「make a great effort(多大な努力をする)」

 

①の「work」は「働く」、「hard」は「一生懸命」という意味なので、合わせることで「一生懸命働く」と訳せます。

また、②の「great」は「大きな」、「effort」は「努力」という意味なので、「多大な努力をする」⇒「精を出す」と訳すことができます。

英語の場合は、「精」や「出す」などの英単語は使わずに、
「一生懸命働く」という意味の表現をします。

 

例文だと、それぞれ次のような言い方です。

I will work hard on studying English.(英語の勉強に精を出す予定です。)

We made a great effort to finish the task.(その仕事を終わらせるために私たちは精を出した。)

スポンサーリンク

精を出すの使い方・例文

 

では、最後に「精を出す」の使い方を
例文で確認しておきましょう。

 

  1. 彼はいつ見ても仕事に精を出すことを心がけている会社員である。
  2. 受験まで残り半年間なので、今は勉強に精を出すようにしよう。
  3. 納期が近づいてきたので、予定通り提出しようと精を出した
  4. ローンを組んだので、今まで以上に精を出して働かないといけないね。
  5. 週末は外出せずに、家で野菜作りに精を出すことにしています。
  6. リハビリに精を出す期間が続くと思うが、何とか我慢するように。

 

上記のように、「精を出す」は、
仕事に対して使うことが多い慣用句だと言えます。

使う場面としては、
「与えられた仕事を一生懸命にこなす」「他には目もくれず仕事に熱心に取り組む」といったものが多いです。

他には、受験などの「勉学」に対してもよく使われています。

 

ただし、必ずしも「仕事」や「勉学」に
限定されるというわけではありません。

例文5や6のように
その人の趣味や何かのイベントに対して使うこともあります。

このこともできれば頭に入れておくとよいでしょう。

関連:>>精励の意味とは?読み方や使い方・類語を解説

関連:>>勤しむの意味とは?使い方や例文・類語を解説

まとめ

 

以上、内容を簡単にまとめると、

精を出す」=精一杯働く・こつこつ物事をする

語源・由来」=気力やエネルギーを外に出すのは「熱心さ・一生懸命さ」を表すため。

類語」=「努力する・力を注ぐ・勤しむ・熱心になる・一生懸命になる」など。

対義語」=「怠ける・サボる・楽をする・横着する・無精する」など。

英語」=「work hard」「make a great effort」

ということでした。

 

「精を出す」という言葉は、普段からよく使われています。

覚えたからには、
ぜひ今後の生活で使ってみてはどうでしょうか?

スポンサーリンク

 

The following two tabs change content below.

国語力アップ.com管理人

大学卒業後、国語の講師・添削員として就職。その後、WEBライターとして独立し、現在は主に言葉の意味について記事を執筆中。 【保有資格】⇒漢字検定1級・英語検定準1級・日本語能力検定1級など。

最新記事 by 国語力アップ.com管理人 (全て見る)