この記事の所要時間: 537

取り付く島もない 意味 使い方 例文語源 類語 

取り付く島もない
という言葉をご存知ですか?

有名な慣用句なので、
一度は聞いたことがあるかと思います。

ところが、
この言葉を誤解している人が
かなり多いようです。

 

そこで、今回は
取り付く島」の意味・語源・使い方・類語
などを詳しく解説していきます。

では、さっそく確認していきましょう。

スポンサーリンク

取り付く島もないの意味

 

まずは、
基本的な意味です。

【取り付く島もない(とりつくしまもない)】

相手がつっけんどんで話を進めるきっかけがみつからない。

頼れる所もなくどうしようもない。

出典:三省堂 大辞林

「取り付く島もない」には、
2つ意味があります。

 

1つ目は、
相手がつっけんどんで、話を進めるきっかけをつかめない
という意味です。

つっけんどん」とは、
愛想のない言動」や「不機嫌な態度
のことだと思ってください。

 

例えば、
以下のような使い方です。

お金を貸してほしいと頼んだが、取り付く島もないほど断られた。

この場合は、
「何も話を展開できず、無愛想に断られた」
ということですね。

イメージ的には、
ふん、お前になんか貸すわけないだろ?
と冷たく断られたような感じです。

 

そして2つ目は、
頼れる所がなく、どうしようもない様子
という意味です。

 

この場合は、
以下のような使い方をします。

火事で家が全焼してしまった。取り付く島もないとはこのことだよ。

当たり前ですが、
人間にとって家は大事なものですよね?

しかし、
そんな大事な家が全焼してしまえば、
頼れる場所がなくなってしまいます。

このように、
頼りになるものが全くない状態」に対しても
「取り付く島もない」と言うわけですね。

 

どちらの意味でも使えますが、
一般的には①の意味で使うことが多いですね。

スポンサーリンク

取り付く島もないの語源

 

「取り付く島もない」は、
海に出た後、頼りとする島が見つけられないこと
からできた言葉です。

「島」とは、
「周囲を海で囲まれた陸地のこと」ですね。

 

では、なぜこの島が頼りになるのでしょうか?

 

それは、
航海の際に島に上陸することは、
船人にとって生命線だったから
です。

 

例えば、急な嵐に襲われた場合、
船上よりも島にいた方が安全ですよね?

また、水や食料が切れてしまった場合も
補給のために島に上陸した方がいいでしょう。

 

つまり、
船人がピンチになった時、最も頼りになる場所
「島」だったのです。

その島に「取り付く(すがりつく)ことができない」のは、
「絶望的な状況」を意味します。

ここから、
「どうしようもない様子」を表す
慣用句が生まれたわけですね。

取り付く暇もないは誤用?

 

ヤフーやグーグルで
「取り付く島もない」を検索すると、
取り付く暇もない」が関連語で出てきます。

 

結論から言うと、
このような言葉は存在しません。

 

文化庁が発表した「調査」によると、

正解の「取り付く島がない」を選んだ人が47.8%
誤りの「取り付く暇 (ひま)がない」を選んだ人が41.6%
という結果も出ています。

驚きのデータですね。

誤用されている原因ですが、
単に聞き間違えが広まったからだと思われます。

 

そもそも、
「暇(ひま)」というのは
すがりつくものではないですよね?

なので、文法的にもおかしな表現です。

 

一応、「取り付く」には
「始める」という意味もありますが、

その場合は「始める暇もない」⇒「忙しい」
という意味にならないとおかしいはずです。

しかし、
「忙しい」という意味の慣用句ではないので、
決して間違えないようにしましょう。

スポンサーリンク

取り付く島もないの類語

取り付く島もない 類語 対義語

 

続いて、
「取り付く島もない」の
「類語」を確認しておきましょう。

【にべもない】

愛想がない。そっけがない。

【けんもほろろ】

頼みや相談を冷たく断る様子。

【目もくれない】

見向きもしない。全く興味も示さない。

【歯牙(しが)にもかけない】

無視して相手にしない。問題にしない。

【木で鼻をくくる】

無愛想にもてなす様子。

上記のように多くの類語がありますが、

いずれも共通しているのは
無愛想・冷淡」といった意味ですね。

「相手とまともに取り合わない様子」
であれば、「類語」と呼んでいいでしょう。

 

逆に、「対義語」としては
如才ない」が挙げられます。

「如才ない」とは、
「愛想がよい」という意味の慣用句です。

詳しい意味や語源は、
以下の記事を参照してください。

>>如才ないの意味とは?使い方や例文・由来も解説

取り付く島もないの英語

 

続いて、英語訳です。

「取り付く島もない」は
「英語」だと次の2つの言い方があります。

 

①「have no one to turn to

②「be left utterly helpless

 

「turn to~」は
「~に頼る」という意味の熟語です。

ここから、
「何も頼るものを持っていない」
という訳になります。

 

そして、
「be left」は「放置される」

「utterly」は「全く・全然」

「helpless」は「助けのない」

という意味です。

ここから、
「全く助けのない状態に放置される」
という訳になりますね。

 

例文だと、
以下のような言い方です。

Now,I have no one to turn to for help.
(私は現在、取り付く島もない状況だ。)

She was left utterly helpless.
(彼女は取り付く島もない様子だった。)

スポンサーリンク

取り付く島もないの使い方・例文

 

では最後に、実際の使い方を
例文で確認しておきましょう。

 

  1. 交渉開始後、取り付く島もない口調ですぐに断られた。
  2. こちらの話を聞く気は一切なく、取り付く島もない
  3. 社長に給与交渉を頼んだが、取り付く島もない対応をされた。
  4. いざ仲直りしようと思ったが、取りつく島もなかった
  5. 受付の対応は、取り付く島もないほど事務的でしたね。
  6. 上司に提案を出したが、取り付く島もなかった

 

基本的には、
交渉事や相談事などで使う言葉
だと思ってください。

相手に何かを頼んだり、相談したりすることは、
日常生活からビジネスまでよく行われています。

しかしながら、
冷たい対応をされて、話を進められなかった
というケースはよくありますよね?

そんな時に、
「取り付く島もない」と言うわけです。

まとめ

 

いかがでしたか? 

 

内容を簡単にまとめると

取り付く島もない」=①相手がつっけんどんで、話を進めるきっかけがつかめない。頼れる所がなく、どうしようもない。

語源」=船人にとって、航海中に島がないのは絶望的だから

類語」=「にべもない・けんもほろろ・歯牙(しが)にもかけない」など。

よく使われる「取り付く暇もない」は誤用。

ということでしたね。

 

「取り付く島もない」は、
慣用句の中でも使いやすい言葉です。

この記事をきっかけに、
ぜひ積極的に使って頂ければと思います。

では、今回は以上です!

スポンサーリンク