この記事の所要時間: 418

 

今回は
追求・追究・追及
の違いを解説していきます。

 

「ついきゅう」という言葉は、
3つの漢字が使われていますね。

「利益を追求する」

「責任を追及する」

「学問を追究する」

上記の「ついきゅう」は、
一体どんな違いがあるのでしょうか?

 

さっそく、確認していきましょう。

スポンサーリンク

追求の意味

 

まずは、
「追求」の意味です。

【追求(ついきゅう)】

目的を達するまでどこまでも追い求めること。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

追求」とは、
追い求めること」を言います。

 

例えば、
以下のような使い方です。

  • 利益を追求する
  • 夢を追求する
  • 幸せを追求する

 

「追求」の「」には、
目的のものを手に入れようと、どこまでも追い求める
という意味があります。

 

例えば、「利益」であれば、
会社が常に求める大事なものです。

同じく「夢」や「幸せ」も
みんなが追い求める概念ですよね?

 

このように、
誰もが欲しいものを追い求める場合
「追求」を使うわけですね。

追究の意味

 

続いて、
「追究」の意味です。

【追究(ついきゅう)】

未知のものや不明の事柄を、どこまでも考え、調べて明らかにしようとすること。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

追究」とは、
分からないことを明らかにしていくこと
を言います。

 

例えば、
以下のような使い方です。

  • 真理を追究する
  • 学問を追究する
  • 謎を追究する

 

「追究」の「」は、
「研究」の「究」と同じ字です。

つまり、
研究することを追う分かるまでずっと研究する)」
ということですね。

 

よって、
追究」=「分からない部分を明らかにしていくこと
という意味になるのです。

スポンサーリンク

追及の意味

 

3つ目は、
「追及」の意味です。

【追及(ついきゅう)】

どこまでも追いつめて、責任・欠点などを問いただすこと。

追いつくこと。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

追及」とは、
責任や欠点などを責めること」を言います。

 

例えば、
以下のような使い方です。

  • 責任を追及する
  • 犯人を追及する
  • ミスを追及する

 

「追及」の「」は、
およぶ」「とどく」「おいつく
などの意味を持っています。

したがって、「追及」とは、
どこまでも相手を追い詰める
という意味が強くなるのです。

特に、犯罪やミスを犯した人を
「追及する」と言うことが多いですね。

 

また、②のように、
ただ単に追いつく
という意味で使う場合もあります。

この場合は、
「戦っている本隊に追及する」
のように使います。

追求・追究・追及の違い

追求 追究 追及 違い

 

ここまでの内容を整理すると、

追求」=追い求めること。

追究」=分からないことを明らかにしていくこと。

追及」=責任や欠点などを責めること。

ということでした。

 

3つの中で一番間違えやすいのは、
「追求」と「追究」の違いです。

そのため、
ここにスポットを当てて
違いを解説したいと思います。

 

まず、「追求」は、
利益や夢・幸せなど手に入れたい何かを追い、
追究」は、学問や原因・謎など
明らかにしたい何かを追うということでした。

 

「利益・夢・幸せ」などは、
どういうモノか何となく皆分かっていますよね?

 

例えば、「幸せ」であれば、

「好きな人と結婚し、楽しく生きること」

のようなイメージがあります。

つまり、
追求」の方はすでに分かっているモノ
手に入れようとする行為なのです。

 

一方で、「学問や原因・謎」
というのは本質が分かりません。

特に、「学問」は、
一生かけて勉強しても分からない分野があります。

したがって、
このような分からないものは、
追究」を使って本質を明らかにしていくのです。

 

まとめると、

追求」=すでに分かっているものを追い求める。

追究」=分からないものを明らかにしていく。

となります。

関連記事:>>望むと臨むの違いとは?意味や使い分けも

関連記事:>>極める・究める・窮めるの違いや使い分けとは?

 

ちなみに、
追窮」という漢字も
同じく「ついきゅう」と読みます。

意味は、「追究」と同じです。

スポンサーリンク

使い方・例文

 

それぞれの使い方を、
改めて確認しておきましょう。

 

【追求の使い方】

  • 企業にとって利益を追求することは、大事なことだ。
  • 注文住宅の雑誌を読み込み、理想の家を追求する。
  • 彼は快楽ばかりを追求してるダメな人間だ。

 

【追究の使い方】

  • 事故が起きてしまった原因を追究する。
  • 数学という学問を、一生を通して追究していく。
  • 真理を追究した結果、世の中の仕組みが分かってきた。

 

【追及の使い方】

  • 今回の問題は、経営責任を追及したほうがいい。
  • 犯人を捕まえることができたが、余罪も追及すべきだ。
  • やっと先頭の本隊に追及することができた。

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

 

今回の内容をまとめると、

追求」=(利益・夢など分かっているものを)追い求めること。

追究」=分からないことを明らかにしていくこと。

追及」=責任や欠点などを責めること。

となります。

 

3つともよく使う言葉なので、
ぜひ違いを理解しておきたいですね。

今回は以上です!

スポンサーリンク