この記事の読了目安: 54

ごんぎつね 意味調べ 教科書 ワークシート 言葉 語句 漢字

 

『ごんぎつね』は、小学校の教科書に出てくる有名な作品です。多くの小学校では四年生くらいになると学びます。

ただ、作中に出てくる言葉は意味がわかりにくいものもあります。そこで今回は『ごんぎつね』に出てくる言葉の意味を簡単にわかりやすくまとめました。

スポンサーリンク

第一段落の言葉

 
城(しろ)】⇒敵(てき)をふせぐために土や石でつくられた建物。
きつね】⇒イヌ科の茶色の動物。口先は細くとがり、耳が三角で大きく、尾は太い。
しだ】⇒シダ植物のこと。花はなく葉だけがある。
菜種(なたね)】⇒アブラナの種。アブラナとは高さ約1メートルほどの草のこと。
百姓家(ひゃくしょうや)】⇒農家(のうか)。農民(のうみん)の住む家。
とんがらし】⇒とうがらしのこと。ナス科トウガラシ属の果実(かじつ)。
むしりとる】⇒引きちぎるようにして取る。強引(ごういん)にとる。
はいでる】⇒手足を地面につけてすすむ。
からっと】⇒空が明るく、さわやかに晴れているようす。
もず】⇒鳥のこと。約20センチほどで全体が茶色っぽい。
キンキン】⇒音や声が、かん高くて耳にするどくひびくようす。
小川(おがわ)】⇒細い流れの川。
つつみ】⇒川の水があふれないように、川の岸に土を高く盛り上げたもの。土手(どて)。
すすき】⇒イネ科の草。山や野に生え、高さ約1.5メートル。
穂(ほ)】⇒草の先っぽに花や実がむらがりついたもの。
しずく】⇒したたり落ちる液体のつぶ。
川べり】⇒川のはし。川の近く。
はぎ】⇒マメ科の草木(くさき)。高さ約2~3メートル。
かぶ】⇒草や木の根元の部分。
もまれる】⇒ 大きな力で激しくゆり動かされる。

スポンサーリンク

川下(かわしも)】⇒川の水が流れた下のほう。
ぬかるみ】⇒雨などで地面の土がどろどろになっていること。
着物(きもの)】⇒衣服(いふく)。とくに和服(わふく)。
まくし上げる】⇒上の方へ引き上げる。
ひたる】⇒水などの中に入る。つかる。
ゆすぶる】⇒「ゆさぶる」と同じ。(ゆさゆさとゆり動かすこと)
はちまき】⇒おでこから頭の後ろを布でまいたもの。
ほくろ】⇒人のひふに見られる黒っぽい点。
へばりつく】⇒べったりとはりつく。
しば】⇒イネ科の草。
ところどころ】⇒あちこち。あちらこちら。
きす】⇒キス科の魚。
びく】⇒とった魚を入れておく入れ物。
土手(どて)】⇒川の水があふれないように、川の岸に土を高く盛り上げたもの。
川上(かわかみ)】⇒川の水が流れてくる上のほう。
下手(しもて)】⇒下のほう。
いちばんしまいに】⇒一番最後に。
じれったい】⇒思うようにいかなくて、いらいらするようす。
ぬすっと】⇒どろぼう。
はんの木】⇒カバノキ科の木。高さ約17メートル。

スポンサーリンク

第二段落の言葉

 

いちじく】⇒クワ科の木になる実。
家内(かない)】⇒妻(つま)のこと。
おはぐろ】⇒歯を黒くぬること。
かじ屋(や)】⇒鉄などの金属を熱して打ちきたえ、器物(きぶつ)を作るお店・またその職人。
かみをすく】⇒髪(かみ)をくしなどでととのえる。
お宮(みや)】⇒神社(じんじゃ)をていねいに呼んだ言葉。
のぼり】⇒長い布のはしに木を通して、ひもで上につりあげたもの。
井戸(いど)】⇒地面の下を深くほって、地下水をとれるようにしたもの。
よそいき】⇒外に出かけるときのかっこう。
手ぬぐい】⇒手や顔、体などをふくのに使う布。
かまど】⇒土や石、れんがなどで作られた食べ物を煮込むためのもの。
そう式(しき)】⇒死んだ人のために行われる儀式(ぎしき)。
墓地(ぼち)】⇒お墓がある場所。
ひがん花(ばな)】⇒ヒガンバナ科の草花。高さ約30センチ。
赤いきれ】⇒赤い布のこと。
合図(あいず)】⇒前もって決めた方法で物事を知らせること。
白いかみしも】⇒白い衣服の上と下。
いはい】⇒死んだ人の名前を書いた木の札(ふだ)。
おっかあ】⇒お母さんのこと。
とこにつく】⇒病気になって寝る。
はりきり】⇒気力(きりょく)があふれた様子で。

スポンサーリンク

第三段落の言葉

 

麦(むぎ)】⇒イネ科の穀物(こくもつ)。古くから食用とされてきた。
貧しい(まずしい)】⇒ものやお金が少なく、生活が苦しいようす。
物置(ものおき)】⇒いらないものを入れておく小屋。
いわし】⇒ニシン科の魚。大きさは小さい。
いせい】⇒言葉や動きに、いきおいがあること。
つぐない】⇒おかした罪や失敗を、他のものでおぎなうこと。
ぼんやりと】⇒はっきりしないようす。
まつたけ】⇒キノコの一種。高級なことで知られている。

スポンサーリンク

第四段落の言葉

 

ぶらぶら】⇒あてもなく、のんびり歩きまわるようす。
松虫(まつむし)】⇒大きさ2センチほどの昆虫。コオロギの一種。
お百姓(ひゃくしょう)】⇒農業をしている人。
ひょいと】⇒急に。とつぜん。
木魚(もくぎょ)】⇒おきょうを読むときに打ち鳴らす楽器(がっき)の一種。
しょうじ】⇒外の明かりや空気などをふせぐために、窓の手前に作るもの。
お念仏(ねんぶつ)】⇒ほとけさまを思いうかべて、口でとなえること。
坊主頭(ぼうずあたま)】⇒髪の毛が短くそられた頭。
お経(きょう)】⇒ほとけさまの教えを文章にしてまとめたもの。

スポンサーリンク

第五段落の言葉

 

かげほうし】⇒人の影(かげ)のこと。
神(かみ)さま】⇒人に対して幸せをあたえたり罰をあたえたりするとされる存在。
しわざ】⇒やったこと。
あわれ】⇒かわいそうに思う気持ち。
めぐむ】⇒かわいそうだと思い、物をあたえること。
お礼(れい)】⇒感謝の気持ちをあらわすこと。
ひきあわない】⇒苦労や努力をした意味がない。

スポンサーリンク

第六段落の言葉

 

明くる日(あくるひ)】⇒つぎの日。
縄(なわ)】⇒細長いひも。物をしばったりつないだりするのに使う。
ふと】⇒思いがけず。はっきりした理由がないようす。
納屋(なや)】⇒物を入れておく小屋(こや)。
火なわじゅう】⇒火薬(かやく)を使って弾(たま)を発射する銃(じゅう)。
しのばせる】⇒目立ないように物事を行う。
土間(どま)】⇒家の中で床をはらずに地面のままにした部分。
つつ口(ぐち)】⇒銃の先っぽの部分。

まとめ

 

以上、今回は『ごんぎつね』に出てくる言葉をまとめました。言葉の意味がわかれば、あらすじや作者の意図などもわかりやすくなります。ぜひワークシート代わりに参考にしていただければと思います。

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

国語力アップ.com管理人

大学卒業後、国語の講師・添削員として就職。その後、WEBライターとして独立し、現在は主に言葉の意味について記事を執筆中。 【保有資格】⇒漢字検定1級・英語検定準1級・日本語能力検定1級など。

最新記事 by 国語力アップ.com管理人 (全て見る)