この記事の読了時間: 350

連体修飾語 連用修飾語 見分け方 違い

 

連体修飾語」と「連用修飾語

この2つは文法の用語としてよく出てきます。

ただ、どちらも同じような漢字なので
非常にややこしい印象を与えているかと思われます。

そこで今回は、
「連体修飾語」と「連用修飾語」の違いや見分け方を
なるべく分かりやすく解説しました。

さっそく、確認していきましょう。

スポンサーリンク

連体修飾語の意味

 

まず「連体修飾語」とは、簡単に言うと、
体言を修飾するもの」だと考えてください。

体言(たいげん)」とは、「名詞」のことを意味します。

「名詞」というのは、
「机・イス・野球・テレビ」など名前がついているものを指します。

そして、「修飾」とは、
「くわしく説明すること」です。

つまり、「名詞をくわしく説明するもの」を
連体修飾語」と言うわけですね。

 

例えば、以下のような文があったとしましょう。

大きなイスを買う。」

この場合、「大きな」が
「イス」という「名詞」を修飾(詳しく説明)しています。

よって、
「大きな」は「連体修飾語」となるわけです。

 

何となくイメージができたでしょうか。

大事なのは、
「連体修飾語」の後ろは必ず「名詞」が来るということです。

「連体」という漢字は、
体言に連(つら)なる」と書きます。

「連なる」とは、
「ならんで続く」という意味です。

したがって、「連体修飾語」→「名詞」
という順番に必ずなるわけですね。

スポンサーリンク

連用修飾語の意味

 

続いて、「連用修飾語」です。

連用修飾語」とは、
用言を修飾するもの」だと考えてください。

用言」とは、
動詞・形容詞・形容動詞」のことですね。

 

「動詞」とは「文字通り動作を表す言葉」を指し、
「形容詞」や「形容動詞」とは「モノの状態や様子を表す言葉」を指します。

「形容詞」は最後が「~」で終わり、
「形容動詞」は最後が「~」や「~」で終わります。

 

こちらも例文を出しましょう。

  1. 花が 美しく 咲く 
  2. 私は とても 悲しい
  3. 彼は 非常に 親切だ

 

上の赤字の部分が、「連用修飾語」です。

それぞれを説明すると、

1は、「美しく」が
「咲く」という「動詞」を修飾しています。

2は、「とても」が
「悲しい」という「形容詞」を修飾しています。

3は、「非常に」が
「親切だ」という「形容動詞」を修飾しています。

 

このように、「用言(動詞・形容詞・形容動詞)」
を修飾するものを「連用修飾語」と言うのです。

「連用」という漢字は、
用言に連(つら)なる」と書きます。

言い換えれば、
「用言に続く」ということですね。

したがって、こちらも
「連用修飾語」→「用言」という順番になるわけです。

スポンサーリンク

練習問題

 

それでは、今までの内容を理解できたか
確認しておきましょう。

以下に、問題を用意しました。

問題1

次の選択肢から、当てはまる方を選んでください。

①「体言」を含む文節を修飾するものを、
【(ア)連体修飾語 (イ)連用修飾語 】 と言う。

②「用言」を含む文節を修飾するものを、
【(ア)連体修飾語 (イ)連用修飾語 】と言う。

※「文節」の意味については、以下の記事を参照して下さい。

>>文章・段落・文・文節・単語とは?簡単に解説

解答

①⇒(ア)②⇒(イ)

問題2

③次のうち、「用言」に当てはまらないものはどれか?

(ア)形容動詞(イ)動詞(ウ)形容詞(エ)副詞

④次のうち、2語とも体言のものはどれか?

(ア)この・きれいな(イ)高い・まじめだ
(ウ)そして・しかし(エ)肉・お金

解答

①⇒(エ)②⇒(エ)

用言」とは、「動詞・形容詞・形容動詞」のことでした。

問題3

次の赤線部が「連体修飾語」ならば(ア)、
「連用修飾語」ならば(イ)と答えてください。

どの人が先生でしょうか? 

②机の上に手紙をそっと置く。

③彼の話はとてもおもしろい。 

大きな建物でかくれんぼをする。

解答

①⇒(ア)②⇒(イ)③⇒(イ)④⇒(ア)

「体言」の場合は、前の名詞を修飾します。

対して、「用言」の場合は後ろの動詞や形容詞、形容動詞を修飾します。

問題4

次の文中から、
「連体修飾語」と「連用修飾語」を抜き出してください。

①激しい雨が急に降った。

②たくさんの花が庭で美しく咲く。

③友達の後について、市内の学校の前に行った。

解答

①「連体修飾語」⇒激しい

 「連用修飾語」⇒急に

②「連体修飾語」⇒たくさんの

 「連用修飾語」⇒庭で 美しく

③「連体修飾語」⇒友達の 市内の 学校の

 「連用修飾語」⇒後に 前に

関連:>>形容詞と形容動詞の違いとは?見分け方を簡単に解説

まとめ

 

以上、今回の内容をまとめると、

連体修飾語」=「体言(名詞)」を修飾するもの。

連用修飾語」=「用言(動詞・形容詞・形容動詞)」を修飾するもの。

ということでした。

ポイントは、「体言」と「用言」のどちらを
修飾しているか先に判断することだと言えるでしょう。

では今回は以上となります。

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

国語力アップ.com管理人

大学卒業後、国語の講師・添削員として就職。その後、WEBライターとして独立し、現在は主に言葉の意味について記事を執筆中。 【保有資格】⇒漢字検定1級・英語検定準1級・日本語能力検定1級など。

最新記事 by 国語力アップ.com管理人 (全て見る)