この記事の所要時間: 421

 

今回は、
趣旨」と「主旨
の違いを解説していきます。

 

「しゅし」という言葉は、
日常的に使われていますね。

「話の趣旨が分かりにくい」

「文章の主旨を説明する」

この2つには、
一体どんな違いがあるのでしょうか?

また、どう使い分ければよいのでしょうか?

 

さっそく、確認していきましょう。

スポンサーリンク

趣旨の意味

 

まずは、
「趣旨」の意味です。

【趣旨(しゅし)】

ある事をする理由・目的。趣意。

話や文章の言おうとする肝心なこと。要旨。

出典:三省堂 大辞林

趣旨」とは、
文章や話などで、言おうとすること。要旨
という意味です。

 

例えば、
以下のように使います。

「あなたの話の趣旨は、よく分からない」

この場合は、
「あなたの話は言いたいことがよく分からない」
ということですね。

 

趣旨」の語源を説明しておくと、

「趣(しゅ)」は、
おもむき・意味・考え

「旨(むね)」は、
意味・考え」という意味です。

 

つまり、
両方とも「意味や考え」が含まれた漢字
ということですね。

 

また、「趣旨」には「理由や目的
といった意味も含まれています。

ここは、押さえておきたい
大事なポイントですね。

この点については、
後ほど詳しく解説します。

主旨の意味

 

続いて、
「主旨」の意味です。

【主旨(しゅし)】

考え・文章・話などの、中心となる事柄。主意。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

主旨」とは、
文章や話の中心となること。主意
という意味です。

 

例えば、
以下のように使います。

「文章の主旨を説明する」

この場合、
「文章の主な意味(だいたいの意味)を説明する」
ということですね。

 

こちらも語源を説明しておくと、

「主」は「主な
「旨」は「意味・考え」という意味があります。

つまり、
「主な意味・主な考え」のことを
「主旨」と言うわけですね。

スポンサーリンク

趣旨と主旨の違い

趣旨 主旨 違い 使い分け

 

ここまでの内容を整理すると、

趣旨」=文章や話などで、言おうとすること。要旨。理由・目的。

主旨」=文章や話の中心となること。主意

ということでした。

 

※「要旨」の意味は、
以下の記事を参照してください。

関連記事:>>要旨と要約の違いとは?要点の意味も解説

 

両者の違いは2つあります。

 

1つ目は、
主旨」は「主な」という意味が強調される点です。

 

どちらも、
言いたい意味・考え
という意味で使えます。

しかし、
「主な」とか「大まかな」という意味を
強調したいときは「主旨」を使うのです。

この場合は、正確な違いではなく、
ほんのわずかなニュアンスの違い
だと思ってください。

 

2つ目は、
趣旨」には「理由」や「目的」という意味がある点です。

 

「主旨」には、
「理由」や「目的」といった意味は含まれていません。

 

例えば、
「趣旨」の代表的な使い方として、
以下のような文があります。

  • 会社設立の趣旨に賛成する。
  • 募金の趣旨に賛同する。

 

どちらの例文も、「理由」や「目的」
といった意味で使われています。

仮に、上記の文章を
「会社設立の主旨に賛成する」
としたら間違った文章になるでしょう。

なぜなら、
「会社を設立する主な意味に賛成する」となり、
不自然な文章となってしまうからです。

 

会社を設立するのは、
「世の中の役に立ちたい」という理由
「お金をもっと稼ぎたい」という目的で行われます。

同じく、「募金」についても、
「難病の子を支援する」という理由
「復興支援のため」という目的に対して行います。

よって、このような場合は、
「主旨」は使えないわけですね。

 

まとめると、

主旨」=「主な」という意味が強調される。

趣旨」=「理由や目的」といった意味でも使える。

となります。

 

ちなみに、
新聞やテレビなどの報道機関では、
この2つは趣旨」で統一しているようです。

逆の言い方をすれば、
「主旨」は一切使わないということですね。

 

理由についてですが、
趣旨の方が幅広い意味を含んでいるから
だと思われます。

「趣旨」の方は、
「目的・理由・主意」の全ての意味で使えます。

したがって、
「趣旨」で統一しておけば
両者の混同もなく無難ということですね。

スポンサーリンク

使い方・例文

 

最後に、それぞれの使い方を
例文で確認しておきましょう。

 

【趣旨の使い方】

  • 彼は、今回の企画の趣旨を説明した。
  • 会社を設立する趣旨は、この商品を世に広めたいからです。
  • ご質問の趣旨に沿ってお答えします。
  • ブログを立ち上げた趣旨は、多くの人に知ってもらうためです。

 

【主旨の使い方】

  • まず先に話の主旨を説明したほうが、分かりやすい。
  • 文章の主旨をくみとることに集中した。
  • 見たことがあるドラマなため、主旨が分かっている。

 

「趣旨」の方は、
「2つの意味がある」ということでしたね。

そのため、
どちらの意味で使われているかは、
文脈によって判断しましょう。

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

 

今回の内容をまとめると、

趣旨」=文章や話などで、言おうとすること。+「理由・目的。

主旨」=文章や話の中心となる(主な)こと。

となります。

 

混同しやすい漢字なので、
しっかりと頭の中で整理しておきましょう。

今回は以上です!

スポンサーリンク